パブリックコメントとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > パブリックコメントの意味・解説 

パブリックコメント [6] 【public comment】

行政機関規制設定改廃をするとき、原案公表し、国民意見求め、それを考慮して決定する制度1999年平成11)から全省庁適用された。

パブリック・コメント(ぱぶりっく・こめんと)

行政政策立案過程国民意見を聞く制度

行政機関実施ようとする政策について、あらかじめ国民から意見を聞いておき、それを意思決定反映させるために行う。政策形成過程における公正の確保透明性の向上がねらい。

行政機関命令規則策定変更)する場合ホームページなどを通じて素案公表し、国民に対して意見提出求める。国民意見は、電子メール郵便またはファックスなどの方法提出し、最終的意思決定反映させようというわけだ。

1999年3月に「規制設定または改廃にかかわる意見提出手続き」を閣議決定し、国のパブリック・コメント制度導入された。地方自治体の間でも、住民意見を聞く同様の制度導入されている。

まだ一般に浸透ていない制度だが、意見募集期間が短かったり、そもそも意見募集していること自体が知らされていなかったりと、不満の声も出ている。提出した意見どのような形で反映されたのかといったアフター・ケア整備することなど、改善余地もありそうだ。

(2002.03.26更新


パブリックコメント(ぱぶりっくこめんと)

行政自治体関わる用語

政府政策立案過程国民から意見公募し、その意思決定反映させることを目的とする制度例えば行機関命令規則策定し、または変更することを検討している場合に、ホームページなどでその素案公表し、国民から意見募る意見を述べようとする国民は、電子メール郵便など定められた方法により、期限までに意見を述べる。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

パブリックコメント public comment

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

意見公募

行政積極的に意見交換会等を開催するほか,パブリックコメント意見公募実施消費者生産者等との日常的対話の場の提供に努めることが必要である。

意味説明

行政による施策原案段階公表し,市民一般から意見募りその上で意志決定を行う手続

その他の言い換え語例

パブリックコメント手続意見公募手続


パブリックコメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/11 07:43 UTC 版)

パブリックコメント: Public Comment)とは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見情報・改善案など(=コメント)を求める手続きをいう。公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ




「パブリックコメント」の続きの解説一覧

パブリックコメント

出典:『Wiktionary』 (2008/05/25 09:27 UTC 版)

名詞

  1. 行政原案公表し、意見求め、それを考慮して決定する制度
    意見公募手続

語源





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パブリックコメント」の関連用語

パブリックコメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パブリックコメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2018 Houterasu All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2018 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパブリックコメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパブリックコメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS