生産者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生産者の意味・解説 

せいさん‐しゃ【生産者】

読み方:せいさんしゃ

生活に必要な物資などを製造産出する人。→消費者1

生物学で、生態系において無機物から有機物合成している独立栄養生物群の総称。主に緑色植物をさすが、化学合成を行う細菌類含まれる。→消費者2分解者


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 04:24 UTC 版)

生産者 (せいさんしゃ) とは、実際に商品を生産する個人または企業のこと(商品に限らず、特定の物にとらわれない何かを作る者の事を言う場合もあり)。消費者と対になる概念。食物連鎖においては主に植物のことを指す。




「生産者」の続きの解説一覧

生産者 (producer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:46 UTC 版)

食物連鎖」の記事における「生産者 (producer)」の解説

植物は、太陽のエネルギー二酸化炭素利用して光合成おこないデンプンや糖を作る。さらに、窒素各種ミネラル組み合わせてタンパク質脂肪などを作り出す

※この「生産者 (producer)」の解説は、「食物連鎖」の解説の一部です。
「生産者 (producer)」を含む「食物連鎖」の記事については、「食物連鎖」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 23:11 UTC 版)

サワー原油」の記事における「生産者」の解説

サワー原油主な生産者は次のとおり。 北米アルバータカナダ)、メキシコ湾アラスカメキシコ南米ベネズエラコロンビアエクアドル中東サウジアラビアイラククウェートイランシリアエジプト

※この「生産者」の解説は、「サワー原油」の解説の一部です。
「生産者」を含む「サワー原油」の記事については、「サワー原油」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 23:28 UTC 版)

金属繊維」の記事における「生産者」の解説

現在、金属繊維は主にヨーロッパで製造されている。世界最大金属繊維生産会社であり、ベルギー本社を置く多国籍企業Bekaertはヨーロッパアジアアメリカ製造拠点がある。米国ではまだ3つのメーカー金属糸を生産している。Metlon社がその一つ広範囲にラミネート糸、非ラミネート糸を提供している。Brightex社、日本と韓国にあるHwa Young社なども金属繊維製造している 。中国もまた金属糸を生産している。東陽市には100を超える工場有るが、これらの工場いくつか従来工場ではなくホームベース生産サイトである [要出典]。Salu Metallic Yarn社とAoqi Textile社の2社は良く知られている

※この「生産者」の解説は、「金属繊維」の解説の一部です。
「生産者」を含む「金属繊維」の記事については、「金属繊維」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 08:26 UTC 版)

ピニャ」の記事における「生産者」の解説

アクラン州カリボは、フィリピンの主要かつ最古のピニャ布の製造/織り手であり、世界さまざまな地域、特に北米ヨーロッパ輸出されている 。ピニャ織り古くから伝統であるが、復興最近で、過去20年間に復活した。 パイナップルシルクは、フィリピンの布の女王見なされ、フィリピンエリートの選ぶ布と見なされるフィリピン開催され1996年APECサミット中に世界指導者たち集合写真撮影カリボから調達されピニャ作られたバロンタガログ着た製造業者には、La HerminiaPiñaWeaving Industry 、 Malabon Pina Producers and Weavers Association、Reycon's Piña Cloth and Industry、Rurungan sa Tubod Foundationなどがある 。

※この「生産者」の解説は、「ピニャ」の解説の一部です。
「生産者」を含む「ピニャ」の記事については、「ピニャ」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 04:14 UTC 版)

モロカイコーヒー」の記事における「生産者」の解説

ドイツの商人ルドルフ・ウィルヘルム・マイヤー(Rudolph Wilhelm Meyer、1826–1897)がモロカイ島コーヒー栽培し砂糖工場建設した。「Coffee of Hawaii」は現在、モロカイコーヒー唯一の生産者である。コーヒー農園はクアラプウ(Kualapuu, Hawaii)にあり、面積2.0平方キロメートル500エーカー)ある。

※この「生産者」の解説は、「モロカイコーヒー」の解説の一部です。
「生産者」を含む「モロカイコーヒー」の記事については、「モロカイコーヒー」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 15:17 UTC 版)

ナバーラ (DO)」の記事における「生産者」の解説

ボデガス・チビテS.A. ブドウ栽培面積は580ヘクタールワイン生産量は約250本。チビテ家は1674年公文書にその名が登場しており、この年ワイナリー設立とされている1860年にはフィロキセラ災禍苦しボルドーへの輸出国際的な成長記録し1872年には大規模なワイナリーナバーラ (DO)南部のシントゥルエニゴ(スペイン語版)に建設された。フランコ体制の半鎖国政策下でも国外輸出許されていたワイナリーのひとつであり、1998年にはリオハ (DOC)に、2001年にはカスティーリャ・イ・レオン州リベラ・デル・ドゥエロ (DO)に、2009年には同じくカスティーリャ・イ・レオン州ルエダ (DO)英語版)にも進出したモスカテル種からミュスカ・ワインを生産するスペインでも珍しい生産者のひとつである。 北部エステーリャ近郊にあるパゴ・デ・アリンサノでは、テンプラニーリョ種を主体としてカベルネ・ソーヴィニヨン種とメルロー種をブレンドした「アリンサノ」を生産しており、「スペインでも最高峰の畑」という評価を受けている。2008年にはパゴ・デ・アリンサノがカスティーリャ=ラ・マンチャ州外で初めて畑限定原産地呼称(VP)を与えられたボデガス・カミロ・カスティーリャS.A. ブドウ栽培面積55ヘクタールワイン生産量は約60本。1856年にカミロ・カスティーリャ・アルスガライがワイナリー設立しモスカテル(ミュスカ・ブラン・プティ・グラン)種の古樹から伝統的な手法甘口ワイン生産していた。チビテ同様にリベラ・バハ拠点があり、ミュスカ・ワイン生産ではスペインでも達人称えられている。1987年にはサラゴサ出身実業家アルトゥーロ・ベルトランがワイナリー買収しテンプラニーリョ種なども取り入れて生産するワイン種類拡大したソシエダ・コーペラティーバ・ネケアス ブドウ栽培面積225ヘクタールワイン生産量は約80本。ナバーラ (DO)北部のネケアス渓谷にある8件の栽培農家による、1992年設立され協同組合である。スペイン国内よりもアメリカ合衆国など国外市場高い評価得ている。土着品種重点置いており、ガルナッチャ種のセパージュワイン(ヴァラエタル、単一品種醸造ワイン)で知られているボデガス・カスティーリョ・デ・モンハルディン ブドウ栽培面積135ヘクタールワイン生産量は約40本。1988年ナバーラ (DO)北端部にあるサン・エステバン渓谷設立された。標高550-600mの畑ではシャルドネ種を栽培し標高550m以下の畑ではテンプラニーリョ種、メルロー種、カベルネ・ソーヴィニヨン種を栽培している。原産地呼称統制委員会では認可されていないピノ・ノワール種も試験的に栽培している。シャルドネ種の夜間収穫スペインの他産地先駆けて行いワイナリーでは重力利用する革新的な手法採用している。 パゴ・デ・シルスス・デ・イニャキ・ヌーニェス ブドウ栽培面積135ヘクタールワイン生産量は約40本。映画プロデューサーのイニャキ・ヌーニェスによって設立され空飛ぶ醸造家英語版)のジャン・マルク・サブーアがコンサルタント務めている。2002年初めヴィンテージ出し2009年にはブリュッセル国際ワインコンクール金メダル2個を獲得したブドウ畑中心に中世風のホテル構えている。 ラデラス・デ・モンテフラ ブドウ栽培面積20ヘクタールワイン生産量は約4本。バレリオ家は1342年からティエラ・エステーリャのディカスティーリョにブドウ畑オリーブ畑を所有しており、現在は環境保護分野検察官でもあるエミリオ・バレリオがワイナリー所有している。ジャンシス・ロビンソンは『世界ワイン図鑑の中でエミリオ・バレリオを「有望な新人」と称している。土着種であるガルナッチャ種とテンプラニーリョ種を主体とし、バイオダイナミック農法実践している。 ボデガス・オチョア 1845年オリテブドウ畑ワイナリー設立しビウラ100%白ワイン「オチョア・ブランコ」、ロゼワインの「オチョア・ロサード・デ・ラグリマ」などが有名。ハビエル・オチョアナバーラ州ブドウ栽培ワイン醸造研究所での実習実験などを指導している。 ボデガス・サリア ブドウ栽培面積210ヘクタールサリア家のワイン古くからその名を知られていたが、1953年同族経営から株会社化された。プエンテ・ラ・レイナ近郊ワイナリー構えロゼワイン以外のすべてのワインオークによって熟成されているシャルドネ種による白ワイン「セニョリオ・デ・サリア・シャルドネ」、カベルネ・ソーヴィニヨン種による赤ワイン「セニョリオ・デ・サリア・カベルネ・ソーヴィニヨン」などがある。

※この「生産者」の解説は、「ナバーラ (DO)」の解説の一部です。
「生産者」を含む「ナバーラ (DO)」の記事については、「ナバーラ (DO)」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/17 19:34 UTC 版)

リベラ・デル・ドゥエロ (DO)」の記事における「生産者」の解説

リベラ・デル・ドゥエロでもっとも著名な生産者はベガ・シシリア社であり、1981年セント・ポール大聖堂行われたチャールズ皇太子ダイアナ結婚祝賀パーティではベガ・シシリア社のワイン使用された。ペスケラ・デ・ドゥエロ(スペイン語版)の町はアレハンドロ・フェルナンデス設立したペスケラ社で知られている国際的なワイン評論家ロバート・パーカーはペスケラ社を「スペインペトリュス」と称している。スコットランド人サッカー指導者アレックス・ファーガソンはペスケラ社のワイン愛好しており、「果実味あふれる魅力的な赤」と評している。ラ・オラ英語版)の町はその安定した品質のために地元で尊敬されており、ラ・オラ拠点を置くビニャ・サストレ(スペイン語版)社はこの地域で尊敬されている生産者のひとつである。デンマーク出身ピーター・シセック1991年設立したドミニオ・デ・ピングス社は、1995年出した「ピングス」の初ヴィンテージスペイン初のパーカーポイント(PP)100点記録したことで話題となったその他の著名なワイナリーには、ボデガス・アリオン社、アシエンダ・モナステリオ社などがあり、いずれも「ラ・ミリャ・デ・オロ」(黄金1マイル)と呼ばれる地域所在するCasajúsワイナリー属すボトル リベラ・デル・ドゥエロの赤ワイン アリオン社、ベガ・シシリア社、ペスケラ社のワイン ペスケラ社のワイン ベガ・シシリア社のワイン

※この「生産者」の解説は、「リベラ・デル・ドゥエロ (DO)」の解説の一部です。
「生産者」を含む「リベラ・デル・ドゥエロ (DO)」の記事については、「リベラ・デル・ドゥエロ (DO)」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 23:32 UTC 版)

スペインワイン」の記事における「生産者」の解説

カタルーニャ地方ミゲル・トーレス社は、個人所有ワイン生産者としては世界最大生産量を誇る。ミゲル・トーレス社はスペイン最大のDO認定ワイン生産者であり、商品140か国以上に輸出している。ミゲル・トーレス社はカタルーニャ州ペネデス拠点としているが、チリ中央渓谷アメリカ合衆国カリフォルニア州にもワイナリーを持つ。プリオラートではアルバロ・パラシオス(カタルーニャ語版)、ルネ・バルビエのクロス・モガドール(英語版)社などが知られている1877年リオハ設立されたロペス・デ・エレディア(英語版)は現在でも家族経営続けており、現存する家族経営生産者としてリオハ最古である。650ヘクタールブドウ畑から年間8,000キロリットルワイン生産するファウスティーノ英語版)社は、リオハワイン輸出量の4割を占める、リオハ最大規模ワイン生産者である。20世紀半ば事業急拡大し、リオハのほかにラ・マンチャなどにも進出している。1879年設立されたCVNE(スペイン語版)(クネ)社もリオハ最大規模ワイン生産者であり、2004年にはフェリペ皇太子レティシア結婚式で「インペリアル1994」が使用された。 リベラ・デル・ドゥエロのベガ・シシリア社は、長らくスペイン唯一の高級酒」と呼ばれたウニコ」を生産している。同じくリベラ・デル・ドゥエロのドミニオ・デ・ピングス社の「ピングス」はスペイン最高値有名であるカバ大部分はフレシネ社、コドルニウ社、カステル・ブランチ社(フレシネ傘下)の大手3社が生産しており、フレシネ社はスパークリングワイン生産者として世界最大である。フレシネ社を中心とするグループカバの約7割、コドルニウ社はカバの約2割を生産しており、いずれも世界各地ワイナリーを持っている。 ゴンサレス・ビアス社は最大規模シェリー生産者であり、「ティオ・ペペ」はフィノ代名詞といえる銘柄である。1772年創業オズボーン社現存する世界最古ワイン生産者のひとつであり、オズボーンの雄牛看板でも知られる

※この「生産者」の解説は、「スペインワイン」の解説の一部です。
「生産者」を含む「スペインワイン」の記事については、「スペインワイン」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 23:13 UTC 版)

リオハ・ワイン」の記事における「生産者」の解説

スペインではワイナリーをボデガ(bodega, 複数形はボデガス: bodegas)と呼び、この単語ワインセラーワイン貯蔵庫を呼ぶ際に言及される長い間リオハワイン産業地元個人所有ブドウ畑によって支配されており、協同組合個人畑からブドウ購入してワイン製造していた。一部のボデガは協同組合から発酵したワイン購入し自社ラベル貼って売るために熟成させる近年のボデガはブドウ畑土地確保することや、自社所有地のみで栽培されブドウワイン生産することに重点を置くようになっている CVNE(スペイン語版)(クネブドウ栽培面積344ヘクタールワイン生産量は約500万本。1879年ビルバオ出身実業家兄弟などによってアロ設立された。バルクワインブランデースパークリングワインスティルワイン生産するワイン種類変えていき、リオハだけでなくスペイン有数のワイナリーとなった。常に革新志向する精神持ち20世紀初頭にはギュスターヴ・エッフェル設計した石材レンガではなく当時珍しかった金属の骨組み持ったワインセラー建設された。1920年代以降テンプラニーリョ種・マスエロ種・グラシアーノ種・ビウラ種をブレンドした「インペリアル」が旗艦ワイン座を占めている。2004年にはフェリペ皇太子レティシア結婚式で「インペリアル1994」が使用された。また、同年にはスペイン国王フアン・カルロス1世によってラグアルディアの新ワイナリー落成された。 ボデガス・ロペス・デ・エレディア/トンドニア(英語版ブドウ栽培面積200ヘクタールワイン生産量は約140本。1877年設立され当初は生産したワイン多くフランス輸出していた。リオハ・アルタのトンドニア、ザコニア、ボスコニア、クビーリョの4か所の畑を持ちすべてのワインブドウ畑ごとの特徴重視した単一ワインである。歴史伝統よりどころとし、創業以来家族経営続けている。カベルネ・ソーヴィニヨン種などの外来種一切使用せず土着種と相性が良いアメリカンオークコルク自社製造している。「トレ・ムガ」「プラド・エネア・グラン・レセルバ」など。 マルケス・デ・カセレス「マルケス・デ・カセレス・グラン・レセルバ」「ガウディウム」など。ブドウ畑自社所有せず、2,300ヘクタール分を地元栽培業者長期契約行って確保している点を特徴とする。また、ワイン生産量は年間約1,000本とリオハ随一の量であり、世界100か国以上に輸出している。1960年代末にフランスからセニセロスペイン語版)に戻ったエンリケ・フォルネルによって設立されワイン産地としてのリオハ低迷傾向にあった1970年代近代化運動進めたワイナリー評価されている。1973年出荷され1970年ヴィンテージは、フランコ独裁政権末期革新象徴として評判得たファウスティーノ英語版ブドウ栽培面積650ヘクタール1861年、エルーテリオ・マルティネス・アルソクがアラバ県オジョンにある邸宅ブドウ畑購入して設立した1930年にはリオハにおける元詰め先駆者となったスペイン代表するワイン生産者であり、世界的にリオハでもっとも有名な生産者である。ファウスティーノ社の輸出量リオハ・ワイン全体の約40%を占めリオハでもっとも多くのグラン・レセルバを輸出しているワイナリーでもある世界47か国輸出されている。「ファウスティーノ1世・グラン・レセルバ」はリオハでもっとも売上の多いグラン・レセルバであり、スペイン王室御用達。「ファウスティーノ5世・レセルバ」は世界でもっとも多く飲まれているリオハのレセルバであり、他には「ファウスティーノ・V・ブランコ」「ファウスティーノ・デ・アウトル」などがある。 マルケス・デ・ムリエタ(スペイン語版ブドウ栽培面積300ヘクタールワイン生産量は約150本。1852年初め国外輸出行ったリオハ有数の歴史を持つワイナリーである。スペインボリビア人家系生まれたルシアーノ・ムリエタ(スペイン語版)は、スペイン軍人となった後にロンドンへ亡命経験したが、ボルドー滞在後の1848年スペイン戻りバルドメロ・エスパルテロ将軍後押し得てワイン生産に取組んだ。数世代に渡ってムリエタ親族ワイナリー保有していたが、1983年には別の貴族買収されている。肉付きがよく、色素濃くアルコール度数が高いのがこのワイナリー特徴である。グラン・レセルバはリオハ・アルタイガイにある平均樹齢80年単一畑のブドウのみを用いて生産される。 マルケス・デ・リスカルブドウ栽培面積220ヘクタールワイン生産量は約450本。ワイナリー入口にはアメリカ人建築家フランク・ゲーリー設計した奇抜な形状レストランホテルがそびえる。マルケス・デ・ムリエタとともにリオハ最古の生産者のひとつであり、リオハ初(1858年)のボルドーワインの生産者であると主張している。1860年にはフランス人醸造家ジャン・ピノ招聘し、リオハいち早く外来種カベルネ・ソーヴィニヨンを「試験的に導入した1876年にはブリュッセル展示会金メダル1929年にはバルセロナ国際展示会グランプリ獲得。「バロン・デ・チレル・レセルバ」はテンプラニーリョ種とカベルネ・ソーヴィニヨン種が半々割合ブレンドされており、外来種50%を超えてはならないとするブレンド規定限界まで外来種割合増やしたことで同業者衝撃与えた創業150周年記念して生産された「150アニベルサリオ・レセルバ2001」はエル・ムンド紙によるワインサイトで2009年スペイン最優秀ワイン輝いている。エルシエゴ周辺テンプラニーリョ種、マスエロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種などを栽培している。ルエダ (DO)再生にも役割果たした2013年にはワイン・エンスージアスト誌によってヨーロッパ年間最優秀ワイナリー選ばれた。 ボデガス・ムガブドウ栽培面積200ヘクタールワイン生産量は約140本。ムガ家は17世紀からアロブドウ栽培していたが、1960年代後半ワイン生産開始し他の生産者がオークから離れたこの時期にあえて長期熟成ワイン生産に取組んだ。 ラ・リオハ・アルタブドウ栽培面積425ヘクタールワイン生産量は約180本。1890年リオハ地方バスク地方出身の5人によって創設された、スペイン現存するもっとも古いワイナリーのひとつである。伝統的な手法重んじるワイナリーであり、現在でも創業者の5家が経営担っているリアス・バイシャス (DO)リベラ・デル・ドゥエロ (DO)にもワイナリー所有している。主要銘柄は「グラン・レセルバ904」「グラン・レセルバ890」など。 ボデガス・ロダブドウ栽培面積150ヘクタールワイン生産量は約30本。1980年代末設立されワイナリーであり、リオハの中でモダンな生産者のひとつである。「シルシオン」「ロダⅠ」など。 ボデガス・ビルバイナスブドウ栽培面積250ヘクタールワイン生産量は約280本。アロにあった企業ビルバオ実業家買収した1901年ワイナリー創設の年とされている1997年にはスパークリングワインカバなどで知られるコドルニウ社によって買収された。「ビーニャ・ポマル・レセルバ」など。 フィンカ・アジェンデブドウ栽培面積56ヘクタールワイン生産量は約31万2,000本。1995年設立された。伝統革新精神合わせもち、カーボニック・マセレーションと発酵組み合わせ、アメリカンオークとフレンチオーク双方熟成行っているワイン法による熟成期間区分縛られず、ボトルの裏ラベルにはヴィンテージ飲み示されている。 ボデガ・コンタドール – ベンハミン・ロメオ初ヴィンテージ1996年であり、2000年ヴィンテージ広く知られるようになったブドウ栽培面積30ヘクタールワイン生産量は約15本。2004年の「コンタドール」はワイン・アドヴォケイト誌でスペインワイン初の100点満点受けた2007年には新ワイナリー建設した

※この「生産者」の解説は、「リオハ・ワイン」の解説の一部です。
「生産者」を含む「リオハ・ワイン」の記事については、「リオハ・ワイン」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 18:21 UTC 版)

八大競走」の記事における「生産者」の解説

社台ファームノーザンファーム八大競走ジャパンカップを完全制覇している。

※この「生産者」の解説は、「八大競走」の解説の一部です。
「生産者」を含む「八大競走」の記事については、「八大競走」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 01:52 UTC 版)

薩摩焼酎」の記事における「生産者」の解説

2017年現在鹿児島県酒造組合加入している焼酎メーカー100社あり、原酒供給する非組合員含めると114社に達する。1社を除いて全て資本金3億円以下の中小企業で、内61社は資本金1,000万円以下である。製成数量が2,000キロリットルを超える大規模な事業者17社あるが、400キロリットル下の事業者60社と全体62%を占めている。 2017年鹿児島県内本格焼酎生産量147,224キロリットルであり、そのうち28,880キロリットル桶売りによって製造業者間で取引されている。サツマイモ収穫9-10月であるため薩摩焼酎生産10-12月集中しており、それ以外季節麦焼酎などを生産して分のメーカーなどに桶売りしているという特徴がある伝統的な製法南さつま市笠沙町黒瀬地区黒瀬杜氏同市金峰町阿多地区の阿多杜氏などの杜氏によって製造技術継承されている。また、薩摩酒造などの大手メーカー自前研究開発体制整えているほか、鹿児島県工業技術センター鹿児島大学農学部焼酎発酵学教育研究センターなど公的機関による研究・開発行われている。

※この「生産者」の解説は、「薩摩焼酎」の解説の一部です。
「生産者」を含む「薩摩焼酎」の記事については、「薩摩焼酎」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 04:16 UTC 版)

ダービージョッキー」の記事における「生産者」の解説

村上智 日高村上牧場経営

※この「生産者」の解説は、「ダービージョッキー」の解説の一部です。
「生産者」を含む「ダービージョッキー」の記事については、「ダービージョッキー」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 09:54 UTC 版)

前沢牛」の記事における「生産者」の解説

生産者は、岩手県奥州市前沢住所有する者、または、同地区所在地のある法人に限る(これを「生産者」とする)。

※この「生産者」の解説は、「前沢牛」の解説の一部です。
「生産者」を含む「前沢牛」の記事については、「前沢牛」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 08:31 UTC 版)

優駿 (小説)」の記事における「生産者」の解説

渡海 博正 「トカイファーム」の後継者。常に馬に語りかけるなど馬に惜しみなく愛情注ぎ、「トカイファーム」を有数牧場へと成長させたいと願う。「オラシオン」の誕生時出会った久美子ほのかな思いを寄せる渡海 千造 北海道静内町にて小さな牧場「トカイファーム」を営む牧場主借金苦しみつつ名馬生産情熱を注ぎ一世一代の夢をかけた仔馬オラシオン」を産み出す

※この「生産者」の解説は、「優駿 (小説)」の解説の一部です。
「生産者」を含む「優駿 (小説)」の記事については、「優駿 (小説)」の概要を参照ください。


生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 13:51 UTC 版)

シトリニン」の記事における「生産者」の解説

シトリニンは以下の種を含む様々なによって産生される。 Aspergillus niveus Aspergillus ochraceus Aspergillus oryzaeニホンコウジカビAspergillus terreus Monascus ruber Monascus purpureus Penicillium citrinum Penicillium camemberti

※この「生産者」の解説は、「シトリニン」の解説の一部です。
「生産者」を含む「シトリニン」の記事については、「シトリニン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生産者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生産者

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 12:58 UTC 版)

発音

名詞

生産 (せいさんしゃ)

  1. (経済) 商品生産する人。
  2. (生態学) 生態系において、無機物から有機物作り出す生物。主に植物のこと。

関連語

翻訳


「生産者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生産者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生産者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生産者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食物連鎖 (改訂履歴)、サワー原油 (改訂履歴)、金属繊維 (改訂履歴)、ピニャ (改訂履歴)、モロカイコーヒー (改訂履歴)、ナバーラ (DO) (改訂履歴)、リベラ・デル・ドゥエロ (DO) (改訂履歴)、スペインワイン (改訂履歴)、リオハ・ワイン (改訂履歴)、八大競走 (改訂履歴)、薩摩焼酎 (改訂履歴)、ダービージョッキー (改訂履歴)、前沢牛 (改訂履歴)、優駿 (小説) (改訂履歴)、シトリニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生産者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS