市とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > の意味・解説 

いち【市】

読み方:いち

毎日、または一定の日に物を持ち寄り売買交換すること。また、その場所。市場。「—が立つ」「朝顔—」

多くの人が集まる所。原始社会古代社会では、歌垣(うたがき)・祭祀会合物品交換などに用いられた場所。

市街。町。

「野を越え山越え、…シラクスの—にやって来た」〈太宰走れメロス


し【市】

読み方:し

[音](漢) [訓]いち

学習漢字2年

[一]〈シ〉

物を売り買いする所。いち。「市況市場市販

人の集まるにぎやかな所。まち。「市街市井市中城市都市坊市

行政区画の一。「市営市長市民市立

[二]〈いち〉「市場朝市魚市闇市(やみいち)」

名のり]ち・なが・まち


し【市】


一つ領域(301-2)内では、人口いろいろな種類集成体 1とか集合体 1を表すのに、時として人口集合 1人口群 1、あるいはより一般的に地域集団 1として知られるいくつかの用語が用いられている。農村地域では、最小単位小集落 2と呼ぶことがあり、これは通常非常に少数の家からなる。これよりほんの少し大き人口集合 3であり、これは普通小さコミュニティーであって主として農業人口から成り立つことが多い。町 4または市 4通常農業従事している人数少なく人口がもっと大きい集合だが、から町または市へ移行する場合基準定めるのは難しく、国によって異なる。領域(305-6の意味における)の政府所在地はその首都 5呼ばれる。郡では、地方政府所在する場所は郡都 6または郡の首都郡庁の所在地) 6呼ばれる。町や市はさらに、地区 7小区域 7と、選挙のための区 7細分される


読み方:イチichi

生産者消費者集合して行う交易


作者竹西寛子

収載図書春・花の
出版社講談社
刊行年月1995.10
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書竹西寛子著作集
出版社新潮社
刊行年月1996.6

収載図書竹西寛子自選短篇集
出版社集英社
刊行年月2005.5
シリーズ名集英社文庫


読み方:イチichi

作者 竹西寛子

初出 昭和56年

ジャンル 小説




読み方:イチichi

所在 長野県小諸市



読み方:イチichi

所在 大分県大分市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
いち
いちさき
いちざき
しょういち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 03:40 UTC 版)

(し、: city)は、行政区分のひとつで、通常は人口が多く密集した自治体にあてられる。行政上の区分としてあるかどうかに関わらず、人口密集地をより一般的にとらえる場合には、都市ということが比較的多い。


注釈

  1. ^ ただし、「八幡」の読みは福岡県八幡市が「やはた」、滋賀県近江八幡市が「はちまん」と全く異なる。
  2. ^ ただし、新潟県加茂市は同年3月10日市制施行とわずか22日の差しかなく、同じ岐阜県で同日市制施行した美濃市との兼ね合いもある。
  3. ^ ただし、同年5月10日に高田町から豊後高田町への改称を経ている。
  4. ^ 東京都の側は旧武蔵国の、広島県の側は旧備後国の、それぞれ国府が置かれていた。ちなみに、広島県府中町は、旧安芸国の国府があったのが町名の由来である。
  5. ^ ただこれについては、会津地方が江戸幕末の歴史的経緯から帝國政府に弾圧されてきたということもあり、地元で「会津」を市の名前に入れることに否定的な考えが少なかった(「会津」を市名に加えることに積極的だった)とも考えられている。また、大正時代福島県若松市の代表駅だった若松駅(福岡県若松市若松駅と名称が重複していた)が会津若松駅に改称されたという前例もある
  6. ^ 市制の時点で大宮市が消滅しており、ほかに大宮の入った市がないにもかかわらず同名が回避された。
  7. ^ 市制の時点で高田市が消滅していたにもかかわらず同名が回避された。
  8. ^ いずれも江戸時代に仙台を本拠とした大名・伊達氏一門に連なるルーツがある
  9. ^ ただし、「八幡」の読みは福岡県八幡市が「やた」、京都府八幡市が「やた」と異なる。
  10. ^ 「町」と訳される場合もある。

出典



「市」の続きの解説一覧

市(city)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/13 01:18 UTC 版)

マニトバ州の地方行政区」の記事における「市(city)」の解説

マニトバ州では現在、フリンフロン(隣のサスカチュワン州に市の一部所属する特殊例)を含む10の市がある。州最大の市はウィニペグ人口663,617人)で、最小の市はフリンフロンのマニトバ州部分人口5,363人)である。フリンフロンのマニトバ州部分1981年人口7,894人となり、7,500人を超えていた。最も新しい市はモーデンで、2012年市制施行した。 市名英文市名人口(2011年)人口(2006年)増減(%)面積(km²)人口密度ブランドン Brandon &000000000004606100000046,061 &000000000004151100000041,511 &000000000000001100000011 &000000000000007689000076.89 &0000000000000599100000599.1 ドーフィン Dauphin &00000000000082510000008,251 &00000000000079060000007,906 &00000000000000044000004.4 &000000000000001265000012.65 &0000000000000652100000652.1 フリンフロン(一部) Flin Flon &00000000000053630000005,363 &00000000000055940000005,594 &-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-5900000-4.1 &000000000000001388000013.88 &0000000000000386399999386.4 モーデン Morden &00000000000078120000007,812 &00000000000065710000006,571 &000000000000001889999918.9 &000000000000001639000016.39 &0000000000000476699999476.7 ポーテージ・ラ・プレーリー Portage la Prairie &000000000001299600000012,996 &000000000001272800000012,728 &00000000000000021000002.1 &000000000000002467000024.67 &0000000000000526700000526.7 セルカーク Selkirk &00000000000098340000009,834 &00000000000095150000009,515 &00000000000000033999993.4 &000000000000002487000024.87 &0000000000000395399999395.4 スタインバック Steinbach &000000000001352400000013,524 &000000000001106600000011,066 &000000000000002219999922.2 &000000000000002557000025.57 &0000000000000528899999528.9 トンプソン Thompson &000000000001282900000012,829 &000000000001344600000013,446 &-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-5400000-4.6 &000000000000001717999917.18 &0000000000000746899999746.9 ウィンクラー Winkler &000000000001067000000010,670 &00000000000091060000009,106 &000000000000001719999917.2 &000000000000001701000017.01 &0000000000000627200000627.2 ウィニペグ Winnipeg &0000000000663617000000663,617 &0000000000633451000000633,451 &00000000000000047999994.8 &0000000000000464079999464.08 &00000000000014300000001,430 市域合計 &0000000000790957000000790,957 &0000000000750894000000750,894 &00000000000000052999995.3 &0000000000000693190000693.19 &00000000000011410000001,141.0 注: ^ ドーフィン面積最小。 ^ フリンフロンはマニトバ州人口最小の市。その市域残りサスカチュワン州属する。 ^ この人口はサスカチュワン州市域人口229人を含まない。 ^ この面積はサスカチュワン州市域面積含まない。 ^ モーデンはマニトバ州で最も新しい市。 ^ ウィニペグ州都で、州最大の市。

※この「市(city)」の解説は、「マニトバ州の地方行政区」の解説の一部です。
「市(city)」を含む「マニトバ州の地方行政区」の記事については、「マニトバ州の地方行政区」の概要を参照ください。


市(いち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 07:56 UTC 版)

はるちゃん」の記事における「市(いち)」の解説

北陸連合下っ端ヤクザヤクザ入りした真の教育係

※この「市(いち)」の解説は、「はるちゃん」の解説の一部です。
「市(いち)」を含む「はるちゃん」の記事については、「はるちゃん」の概要を参照ください。


(産直)市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:08 UTC 版)

とくしまマルシェ」の記事における「(産直)市」の解説

管理・運営方法大きく二つパターン集約できる。 一つ管理・運営自治体地権者などがおこなっており、露天形態であり、出店者は出店費用のみ負担するもの。代表例としては、「高知市日曜市」や「マルシェ・ジャポン」(農林水産省支援2009年秋より全国8都市始まった都市住民参加市場)が挙げられるもう一つ管理・運営をおこなうものが建物保冷設備空調中央レジシステムを整備し出店者は売り上げ応じた手数料支払うものであり、JA大規模産直市などが該当する

※この「(産直)市」の解説は、「とくしまマルシェ」の解説の一部です。
「(産直)市」を含む「とくしまマルシェ」の記事については、「とくしまマルシェ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 06:56 UTC 版)

発音(?)

名詞

(し、いち)

  1. (いち) 実物持ち寄り取引をする場所。いちば市場)。
  2. (いち) 大型店舗商店街で行う、キャンペーンなど特別な売出し。(例)日曜市
  3. (語義1.より ) 抽象的に取引をする場。しじょう市場)。
  4. () 街中都市。(例)市街市井市販市民
  5. () 日本及びその影響受けた東アジア諸国における、近代地方行政区分のひとつで、通常人口多く密集した自治体あてられる。(例)市政市制市営
  6. (語義5.より ) 日本及び東アジア諸国以外で、都市中心として成立する地方自治体訳語。(例)ニューヨーク市パリ市

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



市と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「市」の関連用語


2
56% |||||

3
56% |||||

4
56% |||||

5
56% |||||

6
56% |||||

7
56% |||||

8
56% |||||

9
56% |||||

10
56% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマニトバ州の地方行政区 (改訂履歴)、はるちゃん (改訂履歴)、とくしまマルシェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS