英語とは? わかりやすく解説

えい‐ご【英語】


英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 00:26 UTC 版)

英語(えいご、英: English 発音: ['ɪŋɡlɪʃ] イングリッシュ: anglica)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群アングロ・フリジア語群に属し、イギリスイングランド地方を発祥とする言語である。


注釈

  1. ^ ミットフォード貝原好古『諺艸』の他、佐倉惣五郎を描いた悲劇『東山桜荘子』なども英訳した。

出典

  1. ^ English”. エスノローグ18版 (2015年). 2015年9月2日閲覧。
  2. ^ 例えば、青木輔清 編『英吉利語学便覧 初編』(明治5年刊)など。
  3. ^ kotobank 「米語」
  4. ^ 「英語の歴史」p97-100 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  5. ^ 「言語世界地図」p197-199 町田健 新潮新書 2008年5月20日発行
  6. ^ 「英語の歴史」p137 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  7. ^ 「世界の英語ができるまで」p239-241 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  8. ^ 「世界の英語ができるまで」p247-249 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  9. ^ 「英語の歴史」p146 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  10. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p81 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  11. ^ 「英語の歴史」p24-25 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  12. ^ 「英語の歴史」p38 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  13. ^ 「世界の英語ができるまで」p20-21 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  14. ^ 「世界の英語ができるまで」p24-26 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  15. ^ 「世界の英語ができるまで」p36-38 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  16. ^ 「世界の英語ができるまで」p42-44 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  17. ^ 「英語系諸言語」p88-89 トム・マッカーサー著 牧野武彦監訳 山田茂・中本恭平訳 三省堂 2009年9月15日第1刷発行
  18. ^ 「英語系諸言語」p117-118 トム・マッカーサー著 牧野武彦監訳 山田茂・中本恭平訳 三省堂 2009年9月15日第1刷発行
  19. ^ 「言語世界地図」p194 町田健 新潮新書 2008年5月20日発行
  20. ^ CIA. “The World Factbook -Field Listing ::Languages” (英語). 2009年11月26日閲覧。
  21. ^ 『なるほど知図帳世界2009』昭文社、2008年。ISBN 978-4398200396 
  22. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p147 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  23. ^ 「アメリカ」(世界地誌シリーズ4)p82-83 矢ヶ﨑典隆編 朝倉書店 2011年4月25日初版第1刷
  24. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p88-89 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  25. ^ en:List_of_languages_by_number_of_native_speakers
  26. ^ 「英語の歴史」p143 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  27. ^ 「英語の歴史」p5-10 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  28. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p69 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  29. ^ Eurobarometer (2006年2月). “Europeans and their Languages (PDF)” (英語). 2009年11月26日閲覧。
  30. ^ 「言語世界地図」p196 町田健 新潮新書 2008年5月20日発行
  31. ^ 「変容する英語」p160 菅山謙正編 世界思想社 2005年8月10日第1刷発行
  32. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p94-95 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  33. ^ 「世界の英語ができるまで」p86-87 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  34. ^ 「世界の英語ができるまで」p97 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  35. ^ 「英語の歴史」p113 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  36. ^ 「世界の英語ができるまで」p98-99 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  37. ^ 「世界の英語ができるまで」p105-106 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  38. ^ 「世界の英語ができるまで」p108-109 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  39. ^ 「世界の英語ができるまで」p124-125 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  40. ^ 「世界の英語ができるまで」p117 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  41. ^ 「世界の英語ができるまで」p114-115 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  42. ^ 「世界の英語ができるまで」p167-170 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  43. ^ 「世界の英語ができるまで」p190-191 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  44. ^ 「世界の英語ができるまで」p186 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  45. ^ オーストラリア政府観光局認定のオーストラリア・トラベル・アドバイザーによる解説. “オーストラリアの言葉” (日本語). 2010年10月27日閲覧。
  46. ^ 「世界の英語ができるまで」p198-200 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  47. ^ 「世界の英語ができるまで」p212-216 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  48. ^ 「世界の英語ができるまで」p221-224 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  49. ^ 「インド現代史1947-2007 上巻」p194-199 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  50. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p16-21 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  51. ^ 「英語の歴史」p190-191 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  52. ^ 貝原好古他 1910.



英語 (ダグラス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:42 UTC 版)

カーク・ダグラスアメリカ俳優マイケル・ダグラスアメリカ俳優上記カーク長男アーチボルド・ダグラス (曖昧さ回避) アーチボルド・ルシアス・ダグラスイギリスの海軍軍人日本初めサッカー紹介キミコ・ダグラス=イシザカドイツのピアニストジェームス・ダグラスアメリカ出身プロボクサーダグラス・マッカーサーアメリカ軍将軍ダグラス・エンゲルバートアメリカ発明家スティーブン・ダグラスアメリカの政治家。リンカーンライバルとして知られるショーン・ダグラスアメリカ出身広島カープ東京ヤクルトスワローズ所属していたプロ野球選手。 ダグラス・ラシュコフ:ライタージャーナリスト著書に「サイベリア」等がある。 ロジャー・ダグラスニュージーランド政治家ロジャーノミクス発案者。元財務大臣ダグラス・コリガンアメリカパイロットダグラス・ハイド初代アイルランド大統領ダグラス・パーヴァイアンスアメリカの音楽家。 クリス・ダグラス=ロバーツバスケットボール選手ダグラス・リルバーンニュージーランド作曲家

※この「英語 (ダグラス)」の解説は、「ダグラス」の解説の一部です。» 「ダグラス」の概要を見る


英語 (その他)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 19:36 UTC 版)

"Are We Making Poverty History?" - OneWorld.net's Perspectives Magazine, August/September 2005 Millennium Campaign: Voices Against Poverty Millennium Development Goals Indicators: MDG Dashboard (downloadable database) www.developmentgoals.org www.first8.org The Millennium Initiative Worldbank About the Goals Development Gateway Special Report: Aid Harmonization:What Will It Take to Meet the MDGs? Development Gateway Capacity Development for MDGs Topic Page The Borgen Project Mining and visualizing poverty data International Food Policy Research Institute, Annual Report Essay:Agriculture, food security, nutrition and the Millennium Development Goals No more Broken Promises? - A plain language guide to the MDGs MDGs issues for students and young people at Generation Why from Oxfam Environment and Poverty Times - MDGs and Environment edition Governance Focus issues in governance worldwide, in English & Español The UN's Millennium Development Goals - Aspirations and Obligations a somewhat skeptical view from economist.com Rock Ed Philippines - No more excuses, Philippines! Socio-Civic Education Through Philippine Rock Culture IPS Inter Press Service Independent news on the MDGs 表 話 編 歴 国際連合国際連合機関主要幹部職事総長 副事務総長 事務次長 総会議長 主要機関総会 安全保障理事会 経済社会理事会 信託統治理事会 事務局 国際司法裁判所 (ICJ) 事務局法務部 (UNOLA) 政治・平和構築局 (UNDPPA) 平和活動局 (UNDPO) グローバル・コミュニケーション局 (UNDGC) 安全保安局 (UNDSS) 薬物犯罪事務所 (UNODC) 防災機関 (UNDRR) 主要事務所本部ビル(在ニューヨークジュネーブ事務局 ナイロビ事務局 ウィーン事務局 総会補助機関国連貿易開発会議 (UNCTAD) 国連開発計画 (UNDP) 国連環境計画 (UNEP) 国連人口基金 (UNFPA) 難民高等弁務官事務所 (UNHCR) 国連人間居住計画 (UN-HABITAT) 国連児童基金 (UNICEF) パレスチナ難民救済事業機関 (UNRWA) 世界食糧計画 (WFP) 人権理事会 (UNHRC) 人権高等弁務官事務所 (OHCHR) エイズ合同計画 (UNAIDS) 国連大学 (UNU) 平和大学 (UPEACE) 専門機関食糧農業機関 (FAO) 国際民間航空機関 (ICAO) 国際農業開発基金 (IFAD) 国際労働機関 (ILO) 国際通貨基金 (IMF) 国際海事機関 (IMO) 国際電気通信連合 (ITU) 工業開発機関 (UNIDO) 教育科学文化機関 (UNESCO) 世界観光機関 (UNWTO) 万国郵便連合 (UPU) 世界銀行グループ 世界保健機関 (WHO) 世界知的所有権機関 (WIPO) 世界気象機関 (WMO) 国連決議総会決議 安保理決議 その他国憲章 安保理常任理事国 五大国 加盟国 機関 総会オブザーバー 国連軍 国連大使 事務総長の選出 拒否権 関連項目模擬国連 国連中心主義 持続可能な開発目標 (SDGs)(ミレニアム開発目標2015年終了) .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、平和に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:平和)。 典拠管理 MA: 2779503283 NKC: kn20090226012 VIAF: 126903897 WorldCat IdentitiesVIAF経由): 126903897

※この「英語 (その他)」の解説は、「ミレニアム開発目標」の解説の一部です。» 「ミレニアム開発目標」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

英語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 13:42 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 en
ISO639-2 eng
ISO639-3 eng
SIL ENG

名詞

えいご

  1. インドヨーロッパ語族ゲルマン語派属しイングランド発祥した言語イギリスアメリカ合衆国オーストラリアなどの国語もしくは公用語。また国際連合をはじめとする世界的な機関公用語になるなど、広範な影響力を持つ
    「英語」のかわりにイギリス語」「イングランド語」を用いることはまれ。イギリス話される英語のことは一般にイギリス英語と呼ぶ

発音(?)

え↗ーご

関連語

類義語

下位語

翻訳


「英語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「英語」に関係したコラム

  • 海外のCFD業者の一覧

    海外のCFD業者を使ってCFD取引を行うメリットは、日本国内のCFD業者よりもレバレッジが高い点が挙げられます。レバレッジが高ければ、少ない証拠金で取引ができます。中には、日本国内のCFD業者のレバレ...

  • FXの指値、逆指値とは

    FX(外国為替証拠金取引)の指値、逆指値とは、為替レートを指定して注文することです。指値は英語でlimit、指値注文はlimit orderといいます。また、逆指値は英語ではstop、逆指値注文はst...

  • FXのプライスアクションとは

    FX(外国為替証拠金取引)のプライスアクションとは、為替レートの値動きや出来高などを重視して売買することがリスクを最小限に抑え、また、大きな利益をもたらすという理論のことです。プライスアクションは、英...

  • FXやCFDのダブル指数移動平均とは

    FXやCFDのダブル指数移動平均とは、指数移動平均と指数移動平均の指数移動平均を用いたテクニカル指標のことです。ダブル指数移動平均は2重指数移動平均ともいい、英語では、DEMA、Double Expo...

  • FXやCFDのトリプル指数移動平均とは

    FXやCFDのトリプル指数移動平均とは、指数移動平均と指数移動平均の指数移動平均、さらに指数移動平均の指数移動平均の指数移動平均を用いたテクニカル指標のことです。トリプル指数移動平均は3重指数移動平均...

  • CFDの原油取引とは

    CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。WTI原油スポットともいいます。スポットとは、1回限りの取引...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

英語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



英語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの英語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダグラス (改訂履歴)、ミレニアム開発目標 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの英語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS