パイロットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > パイロット > パイロットの意味・解説 

パイロット【pilot】

読み方:ぱいろっと

水先人(みずさきにん)。水先案内人

航空機操縦士

ガス種火

パイロットランプ」の略。

試験的に行うもの。先行するもの。「—フィルム」「—版」

パラスポーツ自転車競技で、二人乗りタンデム前に乗る健常者のこと。主にハンドル操作を行う。→ストーカー2

「パイロット」に似た言葉

パイロット

読み方:パイロット

概要解説 パイロットは、旅客貨物乗せた航空機操縦するための高度な訓練を受けた専門家いえますパイロットの多く旅客貨物輸送携わっていますが、この他航空機利用した写真撮影広告宣伝などの仕事に従事している人もいます。日本航空全日空日本エアシステムなど日本にある8社の定期航空会社大型機には、通常機長(キャプテン)と副操縦士(コー・パイロット)と呼ばれる2名のパイロットが乗務してます。これに対して写真撮影などの産業航空事業を営む会社など雇用されているパイロットのほとんどは小型飛行機操縦従事してます。 必要な能力資格など 飛行機操縦従事するためには、運輸省航空局実施する国家試験に合格し、ライセンス取得しなければなりません。ライセンスには、定期運送用操縦士事業用操縦士自家用操縦士3つ業務の範囲別に定められており、自家用飛行機を操縦する場合には自家用操縦士資格だけでよいのですが、報酬を受けてパイロットの業務に就くためには、少なくとも事業用操縦士技能証明必要です。さらに、実際にパイロットの業務に就くためには、定期運送用操縦士資格に加え航空法定められたさまざまな資格証明取得しなくてはなりません。 関連する職業

パイロット

名前 Pilot

パイロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 09:40 UTC 版)

パイロット (pilot)




「パイロット」の続きの解説一覧

パイロット(Pilot)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 05:16 UTC 版)

レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の記事における「パイロット(Pilot)」の解説

フライングウィングの飛行士インディ巨漢整備士が格闘している際にルガー取り出したが、マリオン車輪止め殴られ気絶し操縦席倒れたその際にエンジン動きだし様々な連鎖引き起こし最後気絶したままフライングウィングの爆発により死亡した

※この「パイロット(Pilot)」の解説は、「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の解説の一部です。
「パイロット(Pilot)」を含む「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の記事については、「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パイロット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「パイロット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パイロットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パイロットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パイロットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパイロット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレイダース/失われたアーク《聖櫃》 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS