区域とは? わかりやすく解説

く‐いき〔‐ヰキ〕【区域】

読み方:くいき

くぎられた一定範囲の場所。「立ち入り禁止―」「受け持ち―」

「区域」に似た言葉

区域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/29 10:10 UTC 版)

ウィキペディアには「区域」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「区域」を含むページの一覧/「区域」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「区域」が役に立つかもしれません。

関連項目



区域(エリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 06:09 UTC 版)

テガミバチ」の記事における「区域(エリア)」の解説

アカツキ AG首都であり、人工太陽照らされ特級上流階級暮ら選ばれし人間たちの都会と言われている。常に光に包まれているため、鎧虫一切生息しないという。巨大な王冠のような形をしておりその中心部分が首都アカツキ、その周りカゲロウである。ゲートキーパーにより許可された強い「こころ」の持ち主しか入れない。その正体最強の鎧スピリタス誕生を防ぐため、首都にたどり着くことができる強靭な人々の「こころ」をスピリタス与え続ける場所。それゆえラルゴ首都の人間を「アカツキとらわれ人々」と表現している実際には光がほとんど存在せずAGで最も暗い闇に包まれた場所である。ニューグレンジ アカツキ中心部向か地下通路首都の人々の「こころ」、漂流思念あふれ出しており、強靭な「こころ」がなければ漂流思念に取込まれ通過難しい。 ダグダの大釜 首都の人々から「こころ」を吸い上げる装置ハチの巣型をしており、その一つ一つ人間捕らわれている。彼らは生きている者の、度重なる「こころ」の摂取により既にまともな自我失っており、命とこころが失われるまで二度と出る事はないアヴァロン 女帝の間。ヘッド・ビーにしか扱えない巨大な心弾銃、そして心弾銃一体化した女帝存在する部屋カゲロウ アカツキの手前に存在する秘匿された区域。AGでは考えられないほどに広大で豊かな農地広がっているが、その実態は人工太陽奪われ人々の「こころ」を糧に育った作物であり、働いている農夫たちは罪悪感苛まれ苦しんでいるアカツキ入り選定される者が到達できる所でアカツキゲートキーパー不適格判断され場合は、このカゲロウ要職に就くことになる。また、裏では人工精霊計画犠牲となった失敗作や、精霊になれなかった者廃棄される実験体廃棄場などがあり、実験もここで行われていた。AGで最も明るい場所である。 ユウサリ 中流階級人々暮ら地域中心都市である中央セントラル)には、「テガミバチ」の拠点郵便BEE-HIVE通称ハチノス)」が所在する祈りの丘 ユウサリ中央の町で人工太陽の「光」を一番近くに感じることができる、ゴーシュアリアお気に入りの場所だった。 ハニー・ウォーターズの町 ユウサリ中央の北西存在する町、小さな町だが現在は反政府勢力活動拠点この町湧水には毒素含まれているので、直接飲むことできないホールデン・コールフィールド 調査船プログレ建造された場所。ユウサリ西にあるアストル 12年前の瞬きの日」、政府飛行船墜落した場所ヨダカ 労働者下等階級人々が主に暮ら地域主な鎧虫生息し住民たちの心も荒廃していて治安悪く、ほぼ全土危険地帯住民たちの利益は、そのほとんどが政府吸い上げられてしまうが、中には外海からの密輸により裕福な暮らしをしている地域あるらしい。コーザ・ベル ラグ生まれ故郷ゴーシュラグを「テガミ」として集荷した場所でもある。 ブルー・パンプキン山脈 ヨダカ南部山脈人通り少なく鎧虫ダイキリ生息している危険地域ブルー・ノーツ・ブルース ヨダカ北の氷河の里。ニッチルーツである伝説の生物摩訶」の目撃証言が残る。洞窟(ブルー・ノーツ・スケール)にはニッチ双子の姉が住んでいるニッチ生まれた場所でもあるジョゼの白砂漠 美し綿毛飛ばチップ花が咲いている。鎧虫ブッカーズ生息している。 キャンベル・リートゥス ラグ配達育てられた港町ヨダカ最南端にあり、外海から海賊立ち寄る違法港がある。 ブッコロリの森 巨大なブロッコリーのような木が生い茂る鎧虫フォア・ローゼステリトリーキリエ 通称デッド・エンド行き止まりの町)。ユウサリへと続くビフレスト」がある町ユウサリ渡ろうとする旅人多く集ま宿場町だが、「通行許可証」を持たない旅人は「ビフレスト」をわたることができない現実に直面するため、すさんだ雰囲気を持つ町である。

※この「区域(エリア)」の解説は、「テガミバチ」の解説の一部です。
「区域(エリア)」を含む「テガミバチ」の記事については、「テガミバチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「区域」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

区域

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:30 UTC 版)

名詞

(くいき)

  1. 限られた範囲
  2. 行政区画

発音(?)

く↘いき

「区域」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「区域」の関連用語

区域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



区域のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの区域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテガミバチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの区域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS