罪悪感とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 気持ち > 罪悪感の意味・解説 

ざい あくかん [4][3]罪悪感

悪いこと非難されるべきことをおかしたという気持ち -にさいなまれる


罪悪感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 00:15 UTC 版)

罪悪感(ざいあくかん)(guilt)とは、を犯した、悪いことをした、と思う気持ちのことである[1]




  1. ^ デジタル大辞泉「罪悪感」
  2. ^ M.Hewstone,etc.,Psychology,BPS Blackwell,2005,page127
  3. ^ a b 中野信子、澤田匡人『正しい恨みの晴らし方:科学で読み解くネガティブ感情』<ポプラ新書> ポプラ社 2015年 ISBN 9784591144220 pp.187-188.
  4. ^ 『児童虐待』(著:池田由子・中公新書・ISBN 4121008294
  5. ^ Ian Buruma,The Wages of Guilt Memories of War in Germany&Japan,1994, イアン・ブルマ、「戦争の記憶 日本人とドイツ人」、1994年、TBSブリタニカ、石井信平 訳


「罪悪感」の続きの解説一覧



罪悪感と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「罪悪感」の関連用語

罪悪感のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



罪悪感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罪悪感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS