児童虐待とは?

児童虐待(じどうぎゃくたい)

親などが暴力ふるって子どもの心身に傷害を負わせること

近年、児童虐待は社会問題となっている。児童相談所への相談件数推移では、1990年の1,101件に対し、1997年に5,352件、1998年に約6,900件と年々増加傾向である。また、厚生省調査では、1992年から1996年までの5年間で、328人の子どもが虐待死していることが明らかになった。

児童虐待が重症化する背景として、(1)家庭内での暴力のため外から気づきにくい、(2)他の家の「しつけ」として、周囲も口をはさみにくいなどがある。

児童虐待のうちで多いのは、殴ったり蹴ったりする<身体的暴力>と食事与えなかったり世話をしない<ネグレクト>である。この2つで児童虐待全体85%を占めると言われている。

児童福祉法では、児童虐待を発見した人に、福祉事務所または児童相談所への通報義務付けている。また、場合によっては子どもが死に至るケースもあるので、早期対策が必要とされている。このため2000年から全国市町村新たに虐待防止協議会設けられ、児童虐待の早期発見に当たっている。

(2000.02.28更新


小児虐待 児童虐待

殴る、蹴る、といった身体的なものだけでなく、性的虐待放任不適切養育心理的な虐待等も含まれます。
(1) 児童身体外傷が生じ、また生じる恐れがある暴行加えること。

(2) 児童わいせつな行為をすること、または児童わいせつな行為をさせること。

(3) 児童心身の正常な発達妨げるような著し減食、または長時間放置、その他保護者としての監護著しく怠ること。

(4) 児童著し心の傷与え言動を行うこと。

児童虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 09:01 UTC 版)

児童虐待(じどうぎゃくたい、: child maltreatment, child abuse, cruelty to children)は、児童の周囲の人間(保護者、学校教師、施設職員など)が、児童に対して虐待を加える (Abuse)、または育児放棄(ネグレクト)することである[1][2]幼児の場合は幼児虐待(ようじぎゃくたい)と言う。




  1. ^ 平成13年3月30日大阪地裁判決。平成25年8月29日東京地方裁判所判決 平成21年(ワ)第25349号
  1. ^ a b OECD 2011, p. 247.
  2. ^ a b c d 英国国立医療技術評価機構 2009, Introduction.
  3. ^ a b c d e f g h i j Child maltreatment”. 世界保健機関. 2015年7月1日閲覧。
  4. ^ a b 児童虐待の防止等に関する法律(平成十二年法律第八十二号)
  5. ^ 各地域の児童相談所電話番号一覧:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv30/zisouichiran.html
  6. ^ 児童相談所全国共通ダイヤルについて:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/gyakutai/
  7. ^ definition CDC
  8. ^ New York Times 2009.12.15
  9. ^ Battered Child Syndrome[リンク切れ]
  10. ^ Fontana VJ (October 1984). “The maltreatment syndrome of children”. Pediatric Annals 13 (10): 736–44. PMID 6504584. 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 児童虐待の予防と早期発見の視点 新潟県、2017年12月5日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h [庄司順一 『子ども虐待の理解と対応 子どもを虐待から守るために』 (改版) 株式会社フレーベル館〈21世紀保育ブックス〉、2007年。ISBN 9784577803073 
  13. ^ 児童相談所事業概要2017年版”. 東京都福祉保健局. 2018年4月28日閲覧。
  14. ^ 藤原里佐 . “虐待事例に表われる障害と貧困”. 2015年12月12日閲覧。
  15. ^ “「刺すって言ったはず」刃物を突きつける音声も…有名中学受験めぐり小6息子殺害の父親初公判”. (2019年6月21日). https://www.fnn.jp/posts/00046912HDK/201906211926_livenewsit_HDK 2019年7月20日閲覧。 
  16. ^ a b What Factors Contribute to Child Abuse and Neglect? Archived 2013年3月6日, at the Wayback Machine. 米国政府文書
  17. ^ Famularo R, Kinscherff R, Fenton T (1992). “Parental substance abuse and the nature of child maltreatment”. Child Abuse Negl 16 (4): 475–83. PMID 1393711. 
  18. ^ Hughes, Sandra (20 May 2009) CBS News
  19. ^ Roach, Jason; Pease, Ken (2011). “Evolution and the Prevention of Violent Crime”. Psychology 02 (04): 393–404. doi:10.4236/psych.2011.24062. ISSN 2152-7180. 
  20. ^ US Third National Incidence Study of Child Abuse and Neglect Archived 2013年3月6日, at the Wayback Machine. Department of Health and Human Services
  21. ^ Fathers, Mothers, and Child Abuse and Neglect Archived 2012年9月5日, at the Wayback Machine. Institute for American Values
  22. ^ 日本子ども家庭総合研究所 平成15年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)分担研究報告書 児童相談所が対応する虐待家族の特性分析~被虐待児及び家族背景に関する考察”. 2013年12月18日閲覧。
  23. ^ 創価大学文学研究科教育学専攻博士後期課程在学鍋倉早百合1991年調査. “自分の子どもを虐待した母親の研究”. 2013年12月18日閲覧。
  24. ^ Division of Violence Prevention. “The Adverse Childhood Experiences (ACE) Study”. cdc.gov. Centers for Disease Control and Prevention. 2016年1月閲覧。
  25. ^ 法務省矯正局編 公益示談法人矯正協会、2018年。 
  26. ^ 平成30年版犯罪白書”. 法務局 (2018年). 2019年6月26日閲覧。
  27. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.1.
  28. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.4.
  29. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.3.
  30. ^ World Health Organization「Child Maltreatment Prevention
  31. ^ a b 朝日新聞 大阪本社編集局 『ルポ児童虐待』 朝日新書、2008年。ISBN 9784022732224 
  32. ^ “「子どもの貧困対策をするつもりはない」と 対策先進市・明石市長が言う理由” (プレスリリース), 湯浅誠 yahoo news, (2016年7月20日), https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20160720-00059704/ 2019年3月19日閲覧。 
  33. ^ 虐待父親たちの告白――なぜ私は愛するわが子に手を上げたのか”. 週プレNEWS. 2019年4月4日閲覧。
  34. ^ a b c 森田展彰:家庭内の暴力に対するオープンダイアローグの応用.精神科治療学,33(3);317-323,2018.
  35. ^ 千葉県子ども虐待対応マニュアル”. 千葉県. 2019年3月11日閲覧。
  36. ^ “「パパにやられた」届かず 目黒女児虐待死 両親起訴”. 東京新聞. (2018年6月28日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201806/CK2018062802000159.html 2019年3月11日閲覧。 
  37. ^ 未受診や飛込みによる出産等実態調査について(2013年調査報告(平成25年度))”. 大阪府. 2019年3月20日閲覧。
  38. ^ 加藤吉和. “児童相談所と男性虐待者の間に生じる対立構造について”. 鎌倉女子大学学術研究所報. 2019年3月25日閲覧。
  39. ^ 大場信一. “「児童虐待事件における制度と課題」― W市児童虐待死事件におけるプロセスの検証 ―”. 日本社会福祉学会. 2019年3月25日閲覧。
  40. ^ 原田綾子著『「虐待大国」アメリカの苦闘』ミネルヴァ書房、2008、ISBN 4-623-05020-3
  41. ^ Roger Goodman 訳 津崎哲雄「日本の児童養護―児童養護学への招待」、明石書店。
  42. ^ 上野加代子 野村知二「児童虐待の構築-捕獲される家族」、世界思想社、2003年10月。
  43. ^ 徳永雅子(1995)「ISPCAN国際シンポジウム&セミナー『児童虐待への挑戦』に参加して」『保健婦雑誌』51巻3号
  44. ^ 小林美智子「過去から学び、未来に向けて行動しよう: 日本の20年の経験と、虐待された子どもと親をケアする社会に向けて」 (「子ども虐待防止世界会議」名古屋、2014年9月16日 における基調講演)
  45. ^ 小林美智子「過去から学び、未来に向けて行動しよう: 日本の20年の経験と、虐待された子どもと親をケアする社会に向けて」『子どもの虐待とネグレクト』第17巻第2号、岩崎学術出版、2015年10月、 142-143頁。
  46. ^ 『たすけて! 私は子どもを虐待したくない-世代連鎖を断ち切る支援-』径書房、2003年
  47. ^ 第145回国会 青少年問題に関する特別委員会 第7号(平成11年7月29日(木曜日)
  48. ^ [『子どもの虐待防止とNGO-国際比較調査研究』桐野由美子、明石書店、2005年]
  49. ^ 児童虐待 岩波新書 p180 ISBN 978-4-00-431030-3
  50. ^ なお、日本と欧米諸外国とを比較すると、日本では、父親子育てに関与する時間が短い(家庭教育に関する国際比較調査 国立女性教育会館
  51. ^ 「共働き家庭ほど虐待は少ない 通説と逆の結果が出た」、日経デュアル、2014年5月9日。
  52. ^ http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b190275.htm
  53. ^ 平成30年度児童相談所所長研修〈前期〉児童家庭福祉の動向と課題”. 子どもの虹情報研修センター (2018年4月17日). 2018年6月28日閲覧。
  54. ^ セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンからの活動報告(要旨)”. 日本弁護士連合会. 2018年5月20日閲覧。
  55. ^ 田沢茂之「子どもへの暴力・虐待防止のための大別の根絶を目指して」『子どもの虐待とネグレクト』第17巻第2号、岩崎学術出版、2015年10月、 192-195頁。
  56. ^ “「懲戒権見直し もっと早く」児童虐待防止の改正法案に自民”. (2019年3月5日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011836391000.html 2019年3月8日閲覧。 
  57. ^ 子ども虐待対応の手引き”. 厚生労働省. 2019年3月9日閲覧。
  58. ^ 児童虐待について”. 厚生労働省. 2019年3月10日閲覧。
  59. ^ 児童虐待について”. 厚生労働省. 2019年3月10日閲覧。
  60. ^ “<チャイルドライン>宮城の電話相談、児童虐待の53%が「性的」 17年度「これほど高いのは衝撃」”. 河北新報. (2019年1月7日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190107_13006.html 2019年1月21日閲覧。 
  61. ^ “事件番号 昭和45(あ)1310”. (2019年1月7日). http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=51807 2019年2月28日閲覧。 
  62. ^ 児童虐待について”. 厚生労働省. 2019年3月10日閲覧。
  63. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.3.6.
  64. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.3.5.
  65. ^ 5.保護者による治療拒否の事例への対応(厚生労働省)
  66. ^ 医療ネグレクトにより児童の生命・身体に重大な影響がある場合の対応について(厚生労働省)
  67. ^ a b c d e 厚生労働省「平成18年度 児童相談所における児童虐待相談対応件数等
  68. ^ a b 厚生労働省 児童虐待の定義と現状 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/about.html
  69. ^ 厚生労働省 平成25年度の児童虐待相談対応件数等 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000052785.html
  70. ^ 子どもの虐待-虐待増加論への疑問と「子ども」の誕生- Archived 2009年3月18日, at the Wayback Machine.
  71. ^ 児童虐待、最悪5万4227人…12年連続増加読売新聞20170309
  72. ^ 虐待児童、5万人超 警察庁、昨年まとめ中日新聞2017年3月9日
  73. ^ 人権啓発教材虐待防止シリーズ ドメスティック・バイオレンス”. 法務省人権擁護局. 2018年6月17日閲覧。
  74. ^ a b c d e f 児童虐待国際比較刑事政策研究所加藤久雄法律事務所内。2010年8月14日閲覧
  75. ^ 「児童虐待の実態II」東京都福祉局 2007.12月 アーカイブされたコピー”. 2009年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年3月26日閲覧。慶應義塾大学加藤久雄研究会 http://www.law.keio.ac.jp/~hkatoh/gyakutai/2_1_B.htm
  76. ^ a b 児童虐待:不同意の一時保護 4割が「虐待1年以上」 Archived 2010年9月3日, at the Wayback Machine.
  77. ^ 毎日新聞児童虐待:97人不明に 改善指導中に転居…05年度以降 Archived 2010年9月5日, at the Wayback Machine.
  78. ^ 日本小児科学会雑誌、2011年、115巻1号、p77
  79. ^ a b 床谷文雄『親子の法律相談』2010年、p.213
  80. ^ 津崎哲郎;橋本和明編(2008)『最前線レポート 児童虐待はいま』京都 ミネルヴァ書房 ,p.117
  81. ^ 子どもの虹情報研修センター(インターネットアーカイブ) https://web.archive.org/web/20110809101551/http://www.crc-japan.net/contents/knowledge/b234_situation.html
  82. ^ 子どもの虹情報研修センター Archived 2009年7月28日, at the Wayback Machine.
  83. ^ 津崎哲郎;橋本和明編(2008)『最前線レポート 児童虐待はいま』京都 ミネルヴァ書房 ,p.117
  84. ^ 津崎哲郎;橋本和明編(2008)『最前線レポート 児童虐待はいま』京都 ミネルヴァ書房
  85. ^ 水岡不二雄 『児相利権―「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙と国民統制』 八朔社、2016年。 
  86. ^ 谷口卓;末光正和編(2007)『実践から学ぶ児童虐待防止』東京 学苑社
  87. ^ 子どもの虹情報研修センター(インターネットアーカイブ) https://web.archive.org/web/20110809101551/http://www.crc-japan.net/contents/knowledge/b234_situation.html
  88. ^ 谷口卓;末光正和編(2007)『実践から学ぶ児童虐待防止』東京 学苑社
  89. ^ NHK 視点・論点「自殺対策『生きる支援』強化を」NPO法人ライフリンク 2012年4月13日 (金)
  90. ^ a b c d e f g h i j k l m 厚生労働省子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第6次報告)資料1 死亡事例集計結果
  91. ^ 内田良 『「児童虐待」へのまなざし』 世界思想社、2009年。ISBN 9784790714293 
  92. ^ 児童虐待死亡例の検討、小児科診療、2011年、74巻10号、p1531
  93. ^ 被虐児の法医解剖剖検例に関する報告 日本法医学会
  94. ^ [「人が人を殺すとき」、デイリーら、p150、p152、ISBN-13: 978-4783502180]
  95. ^ http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/100409siryou.pdf 平成22年4月9日全国児童相談所長会議資料]
  96. ^ 「心中未遂で子どもは殺されたが加害者が死亡しなかった事例を含む」。以下同様
  97. ^ 全身に複数の暴行痕 狭山市3歳女児虐待死[リンク切れ]日テレNEWS24(2016年1月13日4時14分配信)2016年1月13日閲覧。
  98. ^ 「10代出産など虐待の典型」[リンク切れ]NHKさいたま放送局(2016年1月13日16時14分配信)2016年1月13日閲覧。
  99. ^ 山脇由貴子 『告発 児童相談所が子供を殺す』 文春新書、2016年。 
  100. ^ 姫路市 虐待リスクを過小評価 1歳重体、保護せず 毎日新聞 2017年8月3日
  101. ^ a b c 『誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』山寺香、ポプラ社 (2017/6/27)
  102. ^ 加賀美尤祥「虐待を受けた子どもに対する施設養育のあり方」『子どもの虐待とネグレクト』第17巻第2号、岩崎学術出版、2015年10月、 239-241頁。
  103. ^ 第11 回社会保障審議会児童部会児童虐待防止対策のあり方に関する専門委員会 加賀美委員提出資料”. 厚生労働省. 2018年5月23日閲覧。
  104. ^ a b c d e アメリカ合衆国における児童虐待の防止及び対処措置に関する法律”. 国立国会図書館. 2017年12月6日閲覧。
  105. ^ Child Abuse & Neglect
  106. ^ 子どもの虹情報研修センター (2004-09-30). 平成15年度研究報告書 アメリカにおける児童虐待の対応視察報告書 (Report). http://www.crc-japan.net/contents/guidance/pdf_data/h15america.pdf. 
  107. ^ 米国厚生省「Child Maltreatment Prevention Archived 2013年2月20日, at the Wayback Machine.」
  108. ^ 米国政府「Healthy Marriage Initiative
  109. ^ 米国政府「National Reasponsible Fatherhood Clearinghouse
  110. ^ a b アメリカ合衆国保健福祉省 2010, p. 3.15.
  111. ^ Discipline and Development 「しつけと発達」p17、p18
  112. ^ 子育てのリアリティー p174、ISBN 978-4-86412-049-4 プチタンファン「お母さんの実感アンケート1999年」より
  113. ^ 同書p191、「お母さんの実感アンケート2001年」より
  114. ^ What is the Difference Between Discipline and Punishment 「しつけと罰の違いはどこにあるか」、ミネソタ大学、早期教育発達センター
  115. ^ Where and How to Draw the Line Between Reasonable Corporal Punishment and Abuse 「容認できる体罰と虐待との境界線をどこに引くべきか」デューク大学法学部Coleman教授ら、2010年、p130
  116. ^ Child Abuse Prevention”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年7月1日閲覧。
  117. ^ アメリカ合衆国保健福祉省 2010, p. 4.13.
  118. ^ アメリカ合衆国保健福祉省 2010, p. 4.23.
  119. ^ National Institute for Health and Welfare「Sharing the burden of parenting under ,ulticultural stress: Primary prevention of child abuse and neglect
  120. ^ オーストラリアにおける子供の貧困対策について”. (一財)自治体国際化協会シドニー事務所. 2018年6月3日閲覧。
  121. ^ 和田上貴昭 (2015年3月). “代替的養護の国際比較の指標作成に向けた基礎的研究ドイツの取り組みから”. 目白大学. 2018年5月20日閲覧。





児童虐待と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「児童虐待」の関連用語

児童虐待のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



児童虐待のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2019 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの児童虐待 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS