児童虐待とは?

じどう‐ぎゃくたい【児童虐待】

親などの保護者や、その同居人などが児童虐待加えること。児童身体精神危害加えたり、適切な保護養育を行わないこと。→児童虐待防止法

[補説] 厚生労働省では、殴る・蹴る激しく揺さぶるなどの「身体的虐待」、性的行為加えたり見せたりする「性的虐待」、食事与えない・病気やけがの治療をしないなどの「ネグレクト」、言葉脅すきょうだい間で差別するなどの「心理的虐待」の4種類挙げている。各都道府県児童相談所に、児童虐待に関する相談通告窓口がある。電話番号全国共通で189番。


児童虐待(じどうぎゃくたい)

親などが暴力ふるって子どもの心身に傷害を負わせること

近年、児童虐待は社会問題となっている。児童相談所への相談件数推移では、1990年の1,101件に対し、1997年に5,352件、1998年に約6,900件と年々増加傾向である。また、厚生省調査では、1992年から1996年までの5年間で、328人の子どもが虐待死していることが明らかになった。

児童虐待が重症化する背景として、(1)家庭内での暴力のため外から気づきにくい、(2)他の家の「しつけ」として、周囲も口をはさみにくいなどがある。

児童虐待のうちで多いのは、殴ったり蹴ったりする<身体的暴力>と食事与えなかったり世話をしない<ネグレクト>である。この2つで児童虐待全体85%を占めると言われている。

児童福祉法では、児童虐待を発見した人に、福祉事務所または児童相談所への通報義務付けている。また、場合によっては子どもが死に至るケースもあるので、早期対策が必要とされている。このため2000年から全国市町村新たに虐待防止協議会設けられ、児童虐待の早期発見に当たっている。

(2000.02.28更新


小児虐待 児童虐待

殴る、蹴る、といった身体的なものだけでなく、性的虐待放任不適切養育心理的な虐待等も含まれます。
(1) 児童身体外傷が生じ、また生じる恐れがある暴行加えること。

(2) 児童わいせつな行為をすること、または児童わいせつな行為をさせること。

(3) 児童心身の正常な発達妨げるような著し減食、または長時間放置、その他保護者としての監護著しく怠ること。

(4) 児童著し心の傷与え言動を行うこと。

児童虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 02:12 UTC 版)

児童虐待(じどうぎゃくたい、: child maltreatment, child abuse, cruelty to children)は、児童の周囲の人間(保護者、学校教師、施設職員など)が、児童に対して虐待を加える (Abuse)、または育児放棄(ネグレクト)することである[1][2]幼児の場合は幼児虐待(ようじぎゃくたい)と言う。




  1. ^ a b OECD 2011, p. 247.
  2. ^ a b c d 英国国立医療技術評価機構 2009, Introduction.
  3. ^ a b c d e f g h i j Child maltreatment”. 世界保健機関. 2015年7月1日閲覧。
  4. ^ definition CDC
  5. ^ 児童虐待について”. 厚生労働省. 2019年3月10日閲覧。
  6. ^ “【通崎好みつれづれ】児童虐待と冤罪”. 産経新聞. (2020年4月9日). https://www.sankei.com/premium/news/200409/prm2004090006-n2.html 2020年5月1日閲覧。 
  7. ^ “揺さぶり虐待疑われた祖母に逆転無罪! 他のSBS裁判にも大きな影響”. yahoonews. (2019年10月28日). https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20191028-00148597/ 2020年5月1日閲覧。 
  8. ^ “児童虐待の可能性も…「眼底出血」で見分けがつくのか”. 日刊ゲンダイdegital. (2020-07-08=accessdate=2020-07-11). https://news.yahoo.co.jp/articles/e31ef15e4a95300709df89ba77382c4807f37607 
  9. ^ 児童虐待について”. 厚生労働省. 2019年3月10日閲覧。
  10. ^ “<チャイルドライン>宮城の電話相談、児童虐待の53%が「性的」 17年度「これほど高いのは衝撃」”. 河北新報. (2019年1月7日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190107_13006.html 2019年1月21日閲覧。 
  11. ^ 山田佳奈、林幹益 (2020年7月10日). “全都道府県にワンストップセンター整備”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN7B62S1N7BUTIL032.html?iref=pc_extlink 2020年7月13日閲覧。 
  12. ^ “事件番号 昭和45(あ)1310”. (2019年1月7日). http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=51807 2019年2月28日閲覧。 
  13. ^ “裁判所はなぜ、娘に性的虐待を続けていた父親を無罪としたのか”. (2019年4月28日). https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20190428-00124121/ 2019年12月20日閲覧。 
  14. ^ “娘に性的虐待の実父が逆転有罪 「一審が無罪になった2つの問題」”. (2020年4月9日). https://friday.kodansha.co.jp/article/106173 2020年5月5日閲覧。 
  15. ^ 娘に性的虐待繰り返した「鬼畜父」の呆れた言い分”. FLYDAYdegital (2020年9月10日). 2020年10月14日閲覧。
  16. ^ 小川たまか (2019年10月27日). “7年ぶりに会った娘に性的行為に及んだ実父「監護者わいせつ」にならず 被害者が直面する「法の壁」”. yahoo japan news. https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/20191027-00147991/ 2020年6月8日閲覧。 
  17. ^ “性的虐待、実父を提訴 広島の40代女性「幼少―中学時に被害」”. 中国新聞. (2020年10月17日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=690655&comment_sub_id=0&category_id=256 2021年1月9日閲覧。 
  18. ^ “幼少期の性的虐待に立ちはだかる“時効の壁” 強制わいせつ罪は7年 法改正で泣き寝入りを防げるか?”. 産経新聞. (2015年6月5日). https://www.sankei.com/life/news/150605/lif1506050003-n2.html 2021年1月9日閲覧。 
  19. ^ コロナ禍で家庭内の性暴力が増加…少女を性的虐待から守るには?”. 日刊spa! (2020年6月16日). 2020年6月26日閲覧。
  20. ^ 一時保護所における支援のあり方に関する研究”. 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会. 2020年7月10日閲覧。
  21. ^ 「13歳」のYES、それは本物?” (2020年6月29日). 2020年8月24日閲覧。
  22. ^ 性交同意年齢13→16歳に変更求め。性犯罪の刑法改正案、人権団体が叩き台を公表。” (2020年6月11日). 2020年8月24日閲覧。
  23. ^ 性暴力の実相 本紙連載に反響 先生の裏切り傷深く。”. 西日本新聞 (2016年7月25日). 2020年8月29日閲覧。
  24. ^ 性暴力の実相・第2部 性犯罪「顔見知り」が3割”. 西日本新聞 (2015年11月16日). 2020年8月29日閲覧。
  25. ^ 高崎順子 (2019年7月2日). “なぜ日本の性教育は"セックス中心"なのか”. president online. 2020年8月29日閲覧。
  26. ^ 山口修喜 (2017年10月20日). “表面化する男性の性被害”. 2020年8月24日閲覧。
  27. ^ SNS利用による性被害等から子供を守るには” (2019年5月15日). 2020年8月28日閲覧。
  28. ^ 自称小学教諭、スーパー銭湯の男性脱衣場で盗撮容疑 兵庫”. 産経WEST (2020年8月24日). 2020年8月28日閲覧。
  29. ^ 児童虐待について”. 厚生労働省. 2019年3月10日閲覧。
  30. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.3.6.
  31. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.3.5.
  32. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.3.
  33. ^ 5.保護者による治療拒否の事例への対応(厚生労働省)
  34. ^ 医療ネグレクトにより児童の生命・身体に重大な影響がある場合の対応について(厚生労働省)
  35. ^ New York Times 2009.12.15
  36. ^ Battered Child Syndrome[リンク切れ]
  37. ^ Fontana VJ (October 1984). “The maltreatment syndrome of children”. Pediatric Annals 13 (10): 736-44. PMID 6504584. 
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 児童虐待の予防と早期発見の視点 新潟県、2017年12月5日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h [庄司順一 『子ども虐待の理解と対応 子どもを虐待から守るために』(改版) 株式会社フレーベル館〈21世紀保育ブックス〉、2007年。ISBN 9784577803073 
  40. ^ 児童相談所事業概要2019年版”. 東京都福祉保健局. 2020年2月13日閲覧。
  41. ^ 藤原里佐. “虐待事例に表われる障害と貧困”. 2015年12月12日閲覧。
  42. ^ NHK. “【特集】子どもの虐待(2) 親が抱える困難”. 2020年2月15日閲覧。
  43. ^ 黒田 公美. “戦略的創造研究推進事業 (社会技術研究開発) 研究開発実施中間報告書 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」 研究開発領域 「養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築」”. 2020年2月15日閲覧。
  44. ^ 理化学研究所脳科学総合研究センター親和性社会行動研究チーム. “養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築”. 2020年2月15日閲覧。
  45. ^ “親だって支援が必要~虐待に科学で挑む3”. NHK. (2020年3月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200325/k10012348911000.html 2020年6月8日閲覧。 
  46. ^ “「刺すって言ったはず」刃物を突きつける音声も…有名中学受験めぐり小6息子殺害の父親初公判”. fnn. (2019年6月21日). https://www.fnn.jp/posts/00046912HDK/201906211926_livenewsit_HDK 2019年7月20日閲覧。 
  47. ^ a b What Factors Contribute to Child Abuse and Neglect? Archived 2013年3月6日, at the Wayback Machine. 米国政府文書
  48. ^ Famularo R, Kinscherff R, Fenton T (1992). “Parental substance abuse and the nature of child maltreatment”. Child Abuse Negl 16 (4): 475-83. PMID 1393711. 
  49. ^ Hughes, Sandra (20 May 2009) CBS News
  50. ^ Roach, Jason; Pease, Ken (2011). “Evolution and the Prevention of Violent Crime”. Psychology 02 (04): 393-404. doi:10.4236/psych.2011.24062. ISSN 2152-7180. 
  51. ^ US Third National Incidence Study of Child Abuse and Neglect Archived 2013年3月6日, at the Wayback Machine. Department of Health and Human Services
  52. ^ Fathers, Mothers, and Child Abuse and Neglect Archived 2012年9月5日, at the Wayback Machine. Institute for American Values
  53. ^ 日本子ども家庭総合研究所 平成15年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)分担研究報告書 児童相談所が対応する虐待家族の特性分析~被虐待児及び家族背景に関する考察”. 2013年12月18日閲覧。
  54. ^ 創価大学文学研究科教育学専攻博士後期課程在学鍋倉早百合1991年調査. “自分の子どもを虐待した母親の研究”. 2013年12月18日閲覧。
  55. ^ Division of Violence Prevention. “The Adverse Childhood Experiences (ACE) Study”. cdc.gov. Centers for Disease Control and Prevention. 2016年1月閲覧。
  56. ^ 法務省矯正局編 公益示談法人矯正協会、2018年。 
  57. ^ 令和元年版犯罪白書”. 法務局 (2019年11月). 2020年2月7日閲覧。
  58. ^ 女子高生が妊娠発覚で「死んじゃいたい」 男はバンダナで彼女の両手を縛った……”. 文春オンライン (2018年9月18日). 2020-0802閲覧。
  59. ^ 新生児遺体隠した疑い 出産した16歳と少年逮捕 千葉北署”. 千葉日報 (2018年4月26日). 2020年8月2日閲覧。
  60. ^ “乳児遺体を遺棄した疑い 女子大生逮捕、静岡”. 産経ニュース. (20118-08-18). https://www.sankei.com/affairs/news/170818/afr1708180006-n1.html 
  61. ^ 児童虐待死が最も多いのは「0歳0ヶ月0日」。産まれてすぐ殺される新生児と、追い詰められる母親”. the big issue (2016年10月26日). 2020年8月2日閲覧。
  62. ^ 竹内正人. “虐待死5割以上が0歳児、望まぬ妊娠で中絶を選べない母親の選択肢”. All about. 2020年8月2日閲覧。
  63. ^ ?ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第15次報告)の概要”. 厚生労働省 (2019年8月1日). 2020年8月2日閲覧。
  64. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.1.
  65. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.4.
  66. ^ World Health Organization「Child Maltreatment Prevention
  67. ^ a b 朝日新聞 大阪本社編集局 『ルポ児童虐待』 朝日新書、2008年。ISBN 9784022732224 
  68. ^ “「子どもの貧困対策をするつもりはない」と 対策先進市・明石市長が言う理由” (プレスリリース), 湯浅誠 yahoo news, (2016年7月20日), https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20160720-00059704/ 2019年3月19日閲覧。 
  69. ^ 虐待父親たちの告白――なぜ私は愛するわが子に手を上げたのか”. 週プレNEWS. 2019年4月4日閲覧。
  70. ^ 精神疾患をもつ人を、病院でない所で支援するときにまず読む本 小古瀬伸幸著 2019年6月出版 医学書院
  71. ^ 被告の心理と行政側の問題 心愛さん虐待死の裁判で見えた意義”. yahoonews. 2020年3月20日閲覧。
  72. ^ “神奈川県警に児童虐待の捜査班”. (2020年7月11日). https://www.nishinippon.co.jp/item/o/625295/ 2020年7月11日閲覧。 
  73. ^ a b c 森田展彰:家庭内の暴力に対するオープンダイアローグの応用.精神科治療学,33(3);317-323,2018.
  74. ^ 千葉県子ども虐待対応マニュアル”. 千葉県. 2019年3月11日閲覧。
  75. ^ “「パパにやられた」届かず 目黒女児虐待死 両親起訴”. 東京新聞. (2018年6月28日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201806/CK2018062802000159.html 2019年3月11日閲覧。 
  76. ^ 未受診や飛込みによる出産等実態調査について(2013年調査報告(平成25年度))”. 大阪府. 2019年3月20日閲覧。
  77. ^ 加藤吉和. “児童相談所と男性虐待者の間に生じる対立構造について”. 鎌倉女子大学学術研究所報. 2019年3月25日閲覧。
  78. ^ 大場信一. “「児童虐待事件における制度と課題」― W市児童虐待死事件におけるプロセスの検証 ―”. 日本社会福祉学会. 2019年3月25日閲覧。
  79. ^ 大場信一. “「児童虐待、救いの手はどこに」疲弊する職員、警察・他の自治体との連携不足…日本の児童相談所と取り巻く現実”. ameba TIMES. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00010001-abema-soci&p=4 2020年5月1日閲覧。 
  80. ^ アドボケイト 虐待防止へ期待 子どもの本音を聞く仕組み”. 東京新聞 (2019年6月9日). 2020年2月15日閲覧。
  81. ^ 原田綾子著『「虐待大国」アメリカの苦闘』ミネルヴァ書房、2008、ISBN 4-623-05020-3
  82. ^ 加賀美尤祥「虐待を受けた子どもに対する施設養育のあり方」『子どもの虐待とネグレクト』第17巻第2号、岩崎学術出版、2015年10月、 239-241頁。
  83. ^ 第11 回社会保障審議会児童部会児童虐待防止対策のあり方に関する専門委員会 加賀美委員提出資料”. 厚生労働省. 2018年5月23日閲覧。
  84. ^ a b c d e アメリカ合衆国における児童虐待の防止及び対処措置に関する法律”. 国立国会図書館. 2017年12月6日閲覧。
  85. ^ Child Abuse & Neglect
  86. ^ 子どもの虹情報研修センター (2004-09-30). 平成15年度研究報告書 アメリカにおける児童虐待の対応視察報告書 (Report). http://www.crc-japan.net/contents/guidance/pdf_data/h15america.pdf. 
  87. ^ 米国厚生省「Child Maltreatment Prevention Archived 2013年2月20日, at the Wayback Machine.」
  88. ^ 米国政府「Healthy Marriage Initiative
  89. ^ 米国政府「National Reasponsible Fatherhood Clearinghouse
  90. ^ a b アメリカ合衆国保健福祉省 2010, p. 3.15.
  91. ^ Discipline and Development 「しつけと発達」p17、p18
  92. ^ 子育てのリアリティー p174、ISBN 978-4-86412-049-4 プチタンファン「お母さんの実感アンケート1999年」より
  93. ^ 同書p191、「お母さんの実感アンケート2001年」より
  94. ^ What is the Difference Between Discipline and Punishment 「しつけと罰の違いはどこにあるか」、ミネソタ大学、早期教育発達センター
  95. ^ Where and How to Draw the Line Between Reasonable Corporal Punishment and Abuse 「容認できる体罰と虐待との境界線をどこに引くべきか」デューク大学法学部Coleman教授ら、2010年、p130
  96. ^ Child Abuse Prevention”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年7月1日閲覧。
  97. ^ アメリカ合衆国保健福祉省 2010, p. 4.13.
  98. ^ アメリカ合衆国保健福祉省 2010, p. 4.23.
  99. ^ National Institute for Health and Welfare「Sharing the burden of parenting under ,ulticultural stress: Primary prevention of child abuse and neglect
  100. ^ オーストラリアにおける子供の貧困対策について”. (一財)自治体国際化協会シドニー事務所. 2018年6月3日閲覧。
  101. ^ 和田上貴昭 (2015年3月). “代替的養護の国際比較の指標作成に向けた基礎的研究ドイツの取り組みから”. 目白大学. 2018年5月20日閲覧。





児童虐待と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「児童虐待」の関連用語

児童虐待のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



児童虐待のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2021 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの児童虐待 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS