推移とは? わかりやすく解説

すい‐い【推移】

読み方:すいい

[名](スル)

時がたつにつれて状態が変化すること。移り変わっていくこと。「情勢が―する」

時が経過すること。「時間が―する」


推移

読み方:すいい
【英】:ransition

マルコフ連鎖(より一般に確率過程)の状態が変化すること. 遷移とも呼ぶ.


推移的

(推移 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/11 08:34 UTC 版)

推移的

数学



推移(仮説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 08:40 UTC 版)

スノーボールアース」の記事における「推移(仮説)」の解説

大量の二酸化炭素地殻固定され大気中の二酸化炭素量が低下した温室効果減少により地球全体寒冷化始まり極地から次第氷床発達していった。氷床太陽光反射したため一層の寒冷化招いた一度加速した寒冷化止まらず最終的に厚さ3000mにも及ぶ氷床全地球覆いスノーボールアース至ったこの状態数億年 - 数千万年続いたとみられる凍結しなかった深海底火山周辺の地熱地帯では、わずかながら生命活動維持されていた。凍結中も火山活動による二酸化炭素供給続けられており、大気中の二酸化炭素濃度高まっていった。地表凍結している間は岩石風化凍結状態だった。 大気中の二酸化炭素濃度一定比率達すると気温上昇し一気氷床解凍始まった短く見積もった場合には数百単位極地以外の氷床消滅して気温は約40まで上昇した推定されている。温暖化した気候影響より大規模な嵐や台風頻発するようになり、岩石風化促進され大量の金属イオン海に供給された。また長堆積していた海の沈殿物が嵐により撹拌され沈殿物海の表層部に舞い上がった大気中の高濃度二酸化炭素海中溶け込み一部上記金属イオン結合して大量の炭酸塩岩海底沈殿させた。 海の表層部に舞い上がった大量の沈殿物陸地から供給される栄養塩類光合成単細胞生物利用され光合成激しく促した。またスノーボールアース以前光合成生物酸素放出速度より遥かに速いスピード酸素放出されたため、大量の酸素地球蓄積していった。 スノーボールアース中に極低温より大絶滅起こっていた。スノーボールアース終了後生き残った生物適応拡散起こった原生代初期のスノーボールアースでは、酸素呼吸をおこなう真核生物繁栄はじまった原生代後期では一部生物海中高濃度酸素利用し細胞接着物質であるコラーゲン産生することに成功単細胞間の接合促進され多細胞生物出現するようになった原生代後期スノーボールアース始まる前(10億年前)の生物界単細胞生物主体で、多細胞生物小形の菌類などがようやく出現し始めた段階であった。しかしスノーボールアース終了した原生代末のエディアカラ紀6.2 - 5.5億年前)には、エディアカラ生物群呼ばれる大形生物出現している。大きなものでは長さ1mを超える生物化石オーストラリア南部エディアカラ丘陵から産出した。この突然の大形生物出現スノーボールアースの関係について検討が行われている。なお生物の進化加速し、その次のカンブリア紀にはバージェス頁岩化石に代表される多様な生物群が生まれたカンブリア爆発)。

※この「推移(仮説)」の解説は、「スノーボールアース」の解説の一部です。
「推移(仮説)」を含む「スノーボールアース」の記事については、「スノーボールアース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「推移」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「推移」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「推移」に関係したコラム

  • FXのダイバージェンスとは

    FX(外国為替証拠金取引)のダイバージェンス(divergence)とは、テクニカル指標の推移がチャートの推移と逆行している状態のことです。ダイバージェンスは、オシレーター系のテクニカル指標で出現しま...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場との関係

    株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、FTSE中国25証拠金取引の値動きのもととなるFTSE中国25に似た動きをするハンセン指数と主要通貨のチャー...

  • 株式やFX、CFDの高値圏、安値圏でのチャートパターン

    株式やFX、CFDの高値圏、安値圏で形成するチャートにはいくつかのパターンがあります。ここではそれらのパターンについて紹介します。▼Vトップ、VボトムVトップは高値圏に出現し、「V」の字を逆にしたよう...

  • FXのモメンタムとは

    FX(外国為替証拠金取引)のモメンタム(momentum)とは、為替レートの勢いやトレンドの転換点などを調べる時に用いられるテクニカル指標の1つです。モメンタムの計算方法は次の通りです。計算期間をn日...

  • FXやCFDのマスインデックスとは

    FXやCFDのマスインデックスとは、高値と安値から値動きの幅を調べてトレンドの転換点を見つけるためのテクニカル指標のことです。マスインデックスは、ボラティリティの上昇とともに値が上昇し、ボラティリティ...

  • FXやCFDの線形回帰リバースとは

    FXやCFDの線形回帰リバースとは、価格が下降すれば-1、上昇すれば+1の値になり、直前の価格よりも安くなるか高くなると数値が反転するテクニカル指標のことです。上の図はAUD/JPYの分足に線形回帰リ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「推移」の関連用語

推移のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



推移のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの推移的 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスノーボールアース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS