段階とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 段階 > 段階の意味・解説 

だん‐かい【段階】

階段

ある基準によって区切った能力品質などの順序等級。「大きさによって—をつける」

物事順序。「—を追って説明する

物事進行していく途中で区切られ一つの状態。「すでに手後れの—にきている」


きだ‐はし【階/階】

きざはし」に同じ。

「—のもとに行き見れば履物どもひしと脱ぎたり」〈義経記・三〉


きざ‐はし【階/階】

階段きだはし。「石の—」


プロセス

(段階 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 09:52 UTC 版)

プロセスとは、処理のことである。情報処理においてプログラムの動作中のインスタンスを意味し、プログラムのコードおよび全ての変数やその他の状態を含む。オペレーティングシステム (OS) によっては、プロセスが複数のスレッドで構成される場合があり、命令を同時並行して実行する[1][2]


  1. ^ a b c d SILBERSCHATZ, Abraham; CAGNE, Greg, GALVIN, Peter Baer (2004). “Chapter 4 - Processes”. Operating system concepts with Java (Sixth Edition ed.). John Wiley & Sons, Inc.. ISBN 0-471-48905-0 
  2. ^ Vahalia, Uresh (1996). “2 - The Process and the Kernel”. UNIX Internals - The New Frontiers. Prentice-Hall Inc.. ISBN 0-13-101908-2 
  3. ^ 最近のマルチコアのプロセッサでは、2つ以上のプロセスを一度に実行することができる。インテルハイパースレッディング・テクノロジーで使われている同時マルチスレッディングは複数プロセスまたは複数スレッドの同時実行をシミュレートできる。
  4. ^ タスクという語は、タスク=スレッドの意味で使われることもあり、歴史的にはプロセスという語より適用範囲が広い。
  5. ^ Stallings, William (2005). Operating Systems: internals and design principles (5th edition). Prentice Hall. ISBN 0-13-127837-1 
    Particularly chapter 3, section 3.2, "process states", including figure 3.9 "process state transition with suspend states"
  6. ^ 村井純、井上尚司、砂原秀樹 『プロフェッショナルUNIX』株式会社アスキー、1986年1月15日、52頁。ISBN 4-87148-184-0 



段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 01:54 UTC 版)

最初のうちは、膝の上1日2、3回、数分間腹ばいにする。 成長してきたら、おむつ交換お昼寝後にブランケットや床の上に腹ばいにする。 慣れてきたら、より頻繁にもしくはより長い時間腹ばいにする。

※この「段階」の解説は、「タミータイム」の解説の一部です。» 「タミータイム」の概要を見る


段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/20 09:46 UTC 版)

衰退過程には様々な段階があった : 1840年代オーストリア帝国支配始まると、ナショナル・ロマンティシズム結果イタリア民族統一主義未回収のイタリア)が生まれ多数派クロアチア人宗主国オーストリアとの対立深めた 第一次世界大戦後ユーゴスラビア王国成立しザダルダルマチア諸島北部は除くダルマチア全土併合された。ダルマチア・イタリア人多数主としてザダル移住した第二次世界大戦中イタリアユーゴスラビア沿岸部占領しダルマチア総督領(en)を設置しザダルスプリトコトル3つの州を置いたザダル連合国側激し空襲大勢民間人死者出したザダル住民大半イタリアへ逃れた第二次世界大戦後イタリアダルマチアに残るイタリア領を全てユーゴスラビア社会主義連邦共和国割譲した残留していたほぼ全てのダルマチア・イタリア人大規模移住続いた。現在はダルマチア全土におよそ800人のダルマチア・イタリア人がいる。

※この「段階」の解説は、「ダルマチア・イタリア人」の解説の一部です。» 「ダルマチア・イタリア人」の概要を見る


段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 01:54 UTC 版)

最初のうちは、膝の上1日2、3回、数分間腹ばいにする。 成長してきたら、おむつ交換お昼寝後にブランケットや床の上に腹ばいにする。 慣れてきたら、より頻繁にもしくはより長い時間腹ばいにする。

※この「段階」の解説は、「タミータイム」の解説の一部です。» 「タミータイム」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

段階

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:17 UTC 版)

名詞

だんかい, きざはし, きだはし

  1. (だんかい) ある基準によってわけられたときの等級順序
  2. (だんかい) 物事発展進行していく過程における一区切り
  3. (だんかい, きざはし, きだはし) 階段

翻訳

等級
過程
階段

「段階」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



段階と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「段階」に関係したコラム

  • FXの2段上げ、3段上げとは

    FX(外国為替証拠金取引)の2段上げとは、為替レートが2段階にわたって上昇することです。また、為替レートが3段階にわたって上昇することを3段上げといいます。一方、為替レートが2段階にわたって下降するこ...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

  • FXのティックをエクセルで表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のティックをエクセルで表示する方法を紹介します。必要なソフトウェアは、Microsoft Excel(エクセル)とMT4(Meta Trader 4)です。Microsoft...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

段階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



段階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタミータイム (改訂履歴)、ダルマチア・イタリア人 (改訂履歴)、タミータイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの段階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS