実務とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 仕事 > 実務の意味・解説 

じつ‐む【実務】

読み方:じつむ

実際の具体的な仕事。「—に携わる

「実務」に似た言葉

実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 22:47 UTC 版)

8ビットパソコン」の記事における「実務」の解説

性能的制約から、日本語理を前提とした実務はおおむね困難とされたこの時代8ビットパソコンではあるが、漢字ROM搭載(または増設)を前提として、原始的な漢字変換機構用いた実務ソフトウェア供給されており、日本の一般消費者における実務コンピューティング原初的環境整えられていた。 その典型的な用途日本語ワープロおよび表計算であり、現在のパソコンにおけるオフィススイート環境本質的に同様である。 ただし、当時8ビットパソコンテキスト画面上漢字の表示を可能とする漢字テキストVRAM搭載しておらず、グラフィックVRAM上において漢字フォントビットマップCPU直接ドライブすることにも処理速度上相当な無理があり、また一般消費者多くにはオペレーティングシステムファイルシステムといった概念もまだ普及していなかったため、特に初期中期において実装されたほとんどのワープロソフト環境では、画面描画遅く、また文書データファイルソフトウェアごとに独自の形式互換性持たない事が多くソフトウェアとしてもブートストラップから直接起動しコンピューターを単に専用ワープロ(もどき)化するためのソフトウェア、といった性質の強いものであった。 しかし、この時代(および直後16ビットパソコン時代)においてよく言われた文字コード16ビット表記する日本語不足なく扱うためには16ビットCPU必要である等といった論調は必ずしも正しとは言えず、処理の遅さは単に、動作クロック低さ効率的な処理法漢字テキストVRAMの搭載など)に対応していなかった、これら初期中期の8ビットコンピューターのアーキテクチャー拠るところが大きい。 現に、同時代の8ビットオフィスコンピュータ(オフコン)等では、独自OSCP/M環境等における日本語理を念頭においたアーキテクチャー採用しこれらの処理と処理速度実用のものとしている。 後期入り高解像度640×400ドット表示実現した後継機種登場や、一部機種において漢字テキストVRAMなどが搭載され、またバンクメモリ漢字変換辞書ROM搭載・対応などにより、実用的な速度日本語におけるスクリーンエディットが可能になってゆく。またCP/Mやその互換DOS環境CDOSMSX-DOS等)上に構築することで、ファイルシステムファイルフォーマットにおける互換性相互運用性等も考慮したアプリケーションとして発展するうになるが、この頃にはNEC16ビットパソコンPC-9801MS-DOS環境による快適な日本語環境市場投入して普及始まっており、時既に遅しといった状況であった一方日本語理を必ずしも必要としない用途については、1970年代末よりCP/M環境標準的であり、これらの実行環境として国産8ビットパソコン安価でよくまとまっており、表計算欧文ワープロ環境プログラミングデータ処理環境等として、個人ユーザー理工系学生などを中心に重宝されていた。 またNC盤や工場・設備管理などの制御にもこれらの8ビットパソコン応用され、主にシーケンサデータロガー等として活用されており、最近まで町工場などでは現用供されている当時機械目にすることもあったほどである。

※この「実務」の解説は、「8ビットパソコン」の解説の一部です。
「実務」を含む「8ビットパソコン」の記事については、「8ビットパソコン」の概要を参照ください。


実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 03:18 UTC 版)

舞台監督」の記事における「実務」の解説

舞台監督最大かつ最重要業務舞台楽屋ロビー含めて)において事故発生しないように務めることである。 オペラバレエ演劇コンサートなど、舞台監督業務において専門分野化されており、それぞれのジャンル専門とする形態分かれる。又それぞれの分野専門性において、求められる舞台監督仕事の内容異なるが、共通して言える業務内容として、公演においての舞台上の責任者である。演出家求めプラン実行するにあたり照明音響大道具小道具特殊効果出演者動き把握調整し演出意図沿った舞台実現のため、実務を遂行する本番日まで作業スケジュール作成調整予算への助言公演会場での作業スケジュール管理進行ゲネプロゲネラルプローベ)、リハーサル本番中照明音響出演者へのキッカケキュー出し機材等の搬入搬出段取りなど、公演はじめから終わりまで、その責任範囲広範囲に及ぶ。実務の性格上、照明音響大道具など中心に幅広い知識求められ、又上演される作品への造詣必要とされる大きな規模公演では、舞台監督配下数名舞台監督助手組織され演出部呼ばれる場合もある。新劇中心として、舞台監督劇団演出部所属し演出家になる課程において舞台監督担当する形態見られるが、プロデュース公演などにおいては演出家または制作より舞台監督指名される場合多く、その多く舞台監督業務として独立している場合が多い。 その内容所属する集団開催する場所、力量公演規模などにより各役割を他のセクション担当する場合多々ある一般的に規模大きくなればなるほど舞台監督役割を担うセクション多人数化・分担化がなされ、規模小さくなる専任ですらなくなることが多い。

※この「実務」の解説は、「舞台監督」の解説の一部です。
「実務」を含む「舞台監督」の記事については、「舞台監督」の概要を参照ください。


実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 01:31 UTC 版)

歳入」の記事における「実務」の解説

日本では歳入予算に従って収納するためには、まず調定ちょうてい)という手続きを行う必要がある調定とは、歳入適正であることを示すための手続きであり、当該歳入所属年度・歳入科目納入金額納入義務者納期限などを調査決定することをいう。こうして、調定が行われた後、納入義務者に対して納入請求通知を行う。そして、納入義務者から債務履行がなされれば歳入収納に至ることとなる。 日本では租税収納に当たっては納税者間の公平を期するため、滞納者に対する強力な処分認められている。例えば、他の債権執行であれば財産の差押えなどは裁判所許可を得た上でないと行うことはできないが、租税滞納処分上は裁判所許可なしに滞納者財産差し押さえることができる。特に租税においてはこのように歳入確保法令上で措置されている

※この「実務」の解説は、「歳入」の解説の一部です。
「実務」を含む「歳入」の記事については、「歳入」の概要を参照ください。


実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 07:35 UTC 版)

支出負担行為」の記事における「実務」の解説

支出負担行為決議書に決裁をとることによって官署支出官の確認および支出負担行為決議を行うのが、一般的である。 建前上は契約行為等の前(つまり、入札執行等によって金額等が確定した後かつ契約書調印等の前)に確認および決議終了する必要があるが、実務上は契約等を行ったとの事後処理になっていることも多い。 また、支出負担行為担当官官署支出官が兼職されていたり、兼職されていなくてもその補助者同一である官署も多い。 よって、支出負担行為決議書の決裁自体は、事後形式的処理となっている場合が多い。事前段階において、予定価格決定際に予算残高確認し入札執行等を適切に行うことで、予算執行および契約行為等の適正性確保しているのが、実情である。 「支出負担行為として整理する時期」が「支出決定のとき」とされているものについては、支出負担行為支出決定決議書によって、支出負担行為確認および決議ならびに支出決定決議同時に決裁する事務処理がとられている官署もある。

※この「実務」の解説は、「支出負担行為」の解説の一部です。
「実務」を含む「支出負担行為」の記事については、「支出負担行為」の概要を参照ください。


実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 01:17 UTC 版)

天皇の公的行為」の記事における「実務」の解説

憲法第3条趣旨の下に行われ最終的な責任内閣が負うことになる。 外国賓客との会見は、憲法に定め内閣助言承認により行う「国事行為ではなく宮内庁長官助言役を務める天皇の意思反映した公的行為」であり、皇室外交国際礼譲である。最終的な責任内閣が負うとの解釈確立されている。外国訪問のうち、海外旅行については内閣助言承認拘束されることなく理論上終局的には天皇の意思によって決定することになるとされる。 公的行為認める説についていずれを採用して天皇行為無限定広がっていく可能性があるまた、これらの説は国事行為以外の天皇行為についても内閣統制下に置こうとする意図から出ているが、「現在では天皇独走する可能性よりも、内閣天皇政治的に利用する危険性の方が高い」と指摘されている(横田耕一九州大学教授衆議院憲法調査会における参考人発言)。 皇室経済法では国会の議決不要とされる皇室支出として、「外国交際のための儀礼上の贈答に係る場合」「公共のためになす遺贈又は遺産」などと記載されており、天皇憲法国事行為として明記されていなくても法律上は「外国交際のため」や「公共のため」の行為行えることが前提文言となっている。 また、憲法第7条第10号の「儀式」の一つとされている新年祝賀の儀」に代理皇族皇太子など)を遣わす場合当該皇族指して、「国事行為臨時代行殿下」と官報表記した例(1988年12月)がある一方国会開会式への臨席外国元首葬儀参列などでは「天皇陛下御名代として皇太子○○親王殿下御臨席いただき」のように「御名代ごみょうだい)」という別の表現用いている。

※この「実務」の解説は、「天皇の公的行為」の解説の一部です。
「実務」を含む「天皇の公的行為」の記事については、「天皇の公的行為」の概要を参照ください。


実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/16 08:23 UTC 版)

放送禁止事項」の記事における「実務」の解説

放送内容事前検閲は、各地方逓信局監督課に所属する検閲担当官担った放送内容チェックのため、各地方逓信局監督課に所属するラジオ監督官専用の「監督室」にこもり、放送常時聴取し続けていた。各放送局あたり2人程度ラジオ監督官チェック担当していた。 スポーツ中継などの生中継放送の場合、放送席監督官臨席した。 放送遮断は、監督官からの電話連絡受けた放送局側が専用の「遮断器」によって行っていた。監督官放送局担当者電話話し込んでいる間に番組終了することが多く実施不徹底だった。また、ネットワーク整備後はキー局遮断されてもローカル局側では放送続行されるといった地方による対応の差異がみられた。

※この「実務」の解説は、「放送禁止事項」の解説の一部です。
「実務」を含む「放送禁止事項」の記事については、「放送禁止事項」の概要を参照ください。


実務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 14:25 UTC 版)

海事代理士」の記事における「実務」の解説

地域によって主たる受任業務異な傾向がある関東エリアなどでは登記事案もあるが、瀬戸内海エリアなどでは登記事件比較少なく検査申請事件主な業務となっている。また大都市近郊では、小型船舶操縦士免許の手続も主要業務となる。 海事代理士受任業務大きく分けて登記海事法に関する事務 許認可事務 船員労務事務3分野に分けられる。 1の登記・法事件は最も法理論専門性要求される業務で、受任したものの司法書士に復委任する海事代理士が多い。また依頼者船舶登記については、海事代理士よりも司法書士依頼する例が多い。資料照会調査方式)によると、海事代理士への船舶登記依頼は全体の約30%程度しかなく、司法書士への依頼70%弱であるのと比べて大きな隔たりがある(資料集司法書士職域を廻諸問題)。また、実務上の需要としては、登記事件に付随し、あるいは許認可事件前提として、破産会社所有船舶移転登記や、差押船舶開放による移転登記船舶をめぐる民事訴訟での弁護士補佐といった案件もある。いわゆる海事法分野では、弁護士連携することが多くその場民事法商事法訴訟法民事執行法倒産法といった一般法務にかかる高度な専門知識要求される 2の許認可海事代理士固有の業務で、検査申請海技免状にかかる業務該当する。またクルーズ事業許可申請中古船舶の海外への輸出許可といった依頼もある。事案海陸双方官公庁管轄にわたることもあるため必要に応じて行政書士税理士等との連携が必要となる。 3の船員労務については、主として雇入雇止めの手続き給与計算といった単純事務依頼されることが多い。しかしながら船員就業規則船員賃金規程等の立案作成受任することもありこの場合には隣接職域を持つ社会保険労務士連携して理をすることも多い。こういった案件で労働法年金法一般についての専門知識が必要となる。

※この「実務」の解説は、「海事代理士」の解説の一部です。
「実務」を含む「海事代理士」の記事については、「海事代理士」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実務」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

実務

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 14:14 UTC 版)

名詞

 (じつむ)

  1. 実際仕事しばしば理論研究対比される。

関連語


「実務」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



実務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

実務のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実務のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの8ビットパソコン (改訂履歴)、舞台監督 (改訂履歴)、歳入 (改訂履歴)、支出負担行為 (改訂履歴)、天皇の公的行為 (改訂履歴)、放送禁止事項 (改訂履歴)、海事代理士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの実務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS