ワープロとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ワープロの意味・解説 

ワー‐プロ


ワープロソフト

別名:ワードプロセッサー,ワープロ
【英】word processor, word-processing software

ワープロソフトとは、文書を作成するためのソフトウェア総称である。

ワープロソフトでは、文字入力編集書式設定作表印刷などが行える。書式設定では、文字装飾行ったり字送りや行間を調整したりすることも可能である一方文字入力編集印刷のみのプログラムテキストエディタという。また、ワープロソフトには、DTP使用できるほどの拡張性の高い編集機能を持つものがあるWordでは、拡張書式機能図形描画OLEオブジェクトなどを使用して他のアプリケーションソフト作成したデータ挿入できる

ワープロソフトの代表的なものとしては、MicrosoftMicrosoft Wordワード)や、ジャストシステム一太郎富士通OASYS日本IBMワードプロなどがある。また、Windowsには、ワードパッド標準組み込まれている

なお、ワープロソフトの普及以前は、ワープロ専用ハードウェアである「ワープロ専用機」が主流だった。富士通OASYSは、もともとワープロ専用機として登場したブランドである。ワープロ専用機は、パソコンおよびワープロソフトの普及によって衰退していき、2000年前後時点で各社から生産終了発表されることとなった


参照リンク
Microsoft Word 製品情報 - (Microsoft Office Online
一太郎情報ポータル - (一太郎Web
富士通‐ワープロソフトのOASYS - (FUJITSU日本ポータル
IBM スーパーオフィス2001 - (IBM Japan
オフィスソフトのほかの用語一覧
ワープロソフト:  ワードカウント  ワードラップ  ワードプロ  ワープロソフト  ワープロ専用機  割付  割注

ワープロ

作者梶原葉月

収載図書恋愛相談
出版社福武書店
刊行年月1994.6


ワードプロセッサ

(ワープロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:57 UTC 版)

ワードプロセッサ: Word processor)または文書作成編集機(ぶんしょさくせいへんしゅうき)は、コンピュータで文章を入力、編集、印刷できるシステムである。一般的な略称は「ワープロ」。ワープロ機能専用コンピュータとして商品開発された「ワープロ専用機」と、汎用的なパーソナルコンピュータで動作する「ワープロソフト」(Microsoft Word一太郎など)がある。この記事では主に前者の「ワープロ専用機」を扱う。


注釈

  1. ^ かな漢字変換機構の開発の経緯はNHKのテレビ番組『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』(2002.9.3 第95回)が取り上げている。また、2021年9月7日にプロジェクトX 挑戦者たち 4Kリストア版として放映されている。プロジェクトXの中で、かな漢字変換は、当時の NHK も実用化は困難であるとして開発を断念していた旨が解説されている。
  2. ^ キーボードの品質の高さ、冷却用のファンなど常時騒音を発生する部品がなく、現代的なPCと比較して廃熱も少ないため室温への影響が少ない。
  3. ^ その影響により郵便番号辞書の更新は行えない機種がほとんどである。
  4. ^ システムディスク、マニュアルのコピー品を修理品に添付して無許可販売の一部横行。
  5. ^ ワープロ専用機ではフロッピーディスクエミュレータ HxC への換装事例はない。
  6. ^ 国内に液晶パネルの修理およびフロッピーディスクドライブを専門に修理する業者、さらにメイン基板やカスタムLSIの解析を行い互換品の製造を行うことができる業者はあるが、いずれも企業が対象であり個人は対象としていない場合がほとんどである。
  7. ^ 日立「with me」シリーズは、ワープロ専用機としては珍しくプリンタが分離された機種が主流だった。また、キヤノン「キヤノワード」は熱転写プリンタではなくインクジェット(バブルジェット)プリンタを内蔵していた機種があり、日立にもプリンタ部分のみOEM供給されて「with me」シリーズの一員として発売されていた。さらに、日立ではパソコン用のインクジェットプリンターを接続して使用する機種も発売していた。
  8. ^ SHARP 書院 WD-A30 の OEM の子供向けワープロ専用機である。機種としては Dear (ちびまる子ちゃん), Dear.2 (たあ坊), TV Dear, TV Dear 少女マンガコレクションがある。
  9. ^ ゲーム機用ワープロとしては唯一でありゲーム機をワープロ専用機として使えるBJプリンター同梱のセット商品。EGWORDベースであり PlayStation, SATURN 用がある。
  10. ^ OASYS の場合は OASYS Viewer で変換可能。
  11. ^ 機種によってはFAXモデムカード、アダプタやFAXソフトウェアはオプションである。なお現在では、ほとんどの機種でこれらオプション品の入手は困難となっている。
  12. ^ 販売終了品ではインターコネクト社製PC・FAXアダプター。個人による自作例もある。
  13. ^ それだけではなくプリンターの故障したジャンク品のFAXモデム内蔵ワープロ専用機も本来の機能を文書の印刷ができる程度まで擬似的に復活させることができる。
  14. ^ ワープロ専用機をはがき印刷のみに使用しているのであれば、はがき印刷専用機やネットブリントサービスへ移行したほうが維持や保守の面で経済的ではある。

出典

  1. ^ 日本語ワードプロセッサ”. IPSJコンピュータ博物館. 2017年7月5日閲覧。
  2. ^ 【シャープ】 日本語ワープロの試作機”. IPSJコンピュータ博物館. 2017年7月5日閲覧。
  3. ^ 原忠正「日本人による日本人のためのワープロ」『電気学会誌』第117巻第3号、電気学会、1997年、 175-178頁、 doi:10.1541/ieejjournal.117.175
  4. ^ YOMIURI PC編集部『パソコンは日本語をどう変えたか - 日本語処理の技術史』講談社ブルーバックス、2008年、pp.91-92
  5. ^ プレスリリース;当社の日本語ワードプロセッサが「IEEEマイルストーン」に認定”. 東芝 (2008年11月4日). 2017年7月5日閲覧。
  6. ^ 情報処理学会 歴史特別委員会『日本のコンピュータ史』ISBN 4274209334 p132
  7. ^ 【東芝】 JW-10”. IPSJコンピュータ博物館. 2017年7月5日閲覧。
  8. ^ 情報処理学会 歴史特別委員会『日本のコンピュータ史』ISBN 4274209334 p133
  9. ^ 【沖電気】 OKI WORD EDITOR-200”. IPSJコンピュータ博物館. 2017年7月5日閲覧。
  10. ^ 【シャープ】 WD-3000”. IPSJコンピュータ博物館. 2017年7月5日閲覧。
  11. ^ 山根一眞『「メタルカラー」の時代』ISBN 4-09-379421-9 pp. 343-349
  12. ^ 【富士通】 OASYS 100G”. IPSJコンピュータ博物館. 2017年7月5日閲覧。
  13. ^ 古瀬幸広『考える道具 - ワープロの創造と挑戦』青葉出版、1990年、p.91
  14. ^ 古瀬幸広『考える道具 - ワープロの創造と挑戦』青葉出版、1990年、p.131
  15. ^ 情報処理学会 歴史特別委員会『日本のコンピュータ史』ISBN 4274209334 p135-136
  16. ^ 日本語ワープロソフト Power書院 プラチナパック CE-S50SY
  17. ^ シャープ、年賀状ソフトが付属した「Power書院 プラチナパック」」『PC Watch』 インプレス、2001年11月13日
  18. ^ 「プレスリリース パーソナルワープロ「Rupo」の機能をWindows®95上で実現したワープロソフト「Rupo Writer Ver.2.0(For Windows®95)」の発売について」『東芝』 東芝、1996年9月25日
  19. ^ キヤノン、ワープロ専用機と互換性をもつWindows 95用のワープロソフトを発売」『PC Watch』 インプレス、1996年12月16日
  20. ^ 「プレスリリース パーソナルワープロ「Rupo」のかな漢字変換ソフトをパソコン用ソフトとして発売」『東芝』 東芝、1997年9月8日
  21. ^ 日本語ワードプロセッサ FUJITSU Software OASYS - 富士通
  22. ^ 2010年8月20日放送のニュースウオッチ9 (NHK)
  23. ^ 21年前のワープロ「書院」で2018年にインターネットをしたら、無間地獄に突入した (3/3) ねとらぼ 2018年01月27日 12時00分 公開 (アイティメディア、2018年2月8日閲覧)


「ワードプロセッサ」の続きの解説一覧

ワープロ(Writer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 06:37 UTC 版)

ワープロ機能。スタイル編集機能により長文文章編集が容易となっている。文法チェッカー機能Writer自身には存在しないが、拡張機能インストールすることで利用することができる。また、縦横の文字数を指定することで、原稿用紙などに印刷するともできる多国語対応なので、次のような言語特別な機能が、世界共通で付与されている。 欧米語対応(文字種の変換大文字/小文字変換ができる。 アジア諸言語対応(文字種の変換半角/全角変換ひらがな/カタカナ変換ができる。この機能は主に日本語念頭に置かれている。 日本語対応日本語再変換Windows上のかな漢字変換ソフトウェアで、文字再変換機能利用することができる。 中国語対応(中国語変換中国語テキスト書記法(簡体字又は繁体字)を変換することができる。 韓国語対応(ハングル/ハンジャ変換選択した韓国語テキストハングルハンジャの間で相互に変換することができる。 標準フォーマットOpenDocument(*.odt)だが、プレーンテキスト(*.txt)、Rich Text Format(*.rtf)、HTMLドキュメント(*.htm, *.html)などの形式のほか、Microsoft Word 97/2000/XP(*.doc)、DocBook(*.xml)、Microsoft Word 2003 XML(*.xml形式での保存などもできる。 詳細は「OpenOffice.org Writerを参照

※この「ワープロ(Writer)」の解説は、「OpenOffice.org」の解説の一部です。» 「OpenOffice.org」の概要を見る


ワープロ(Writer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 06:37 UTC 版)

ワープロ機能。スタイル編集機能により長文文章編集が容易となっている。文法チェッカー機能Writer自身には存在しないが、拡張機能インストールすることで利用することができる。また、縦横の文字数を指定することで、原稿用紙などに印刷するともできる多国語対応なので、次のような言語特別な機能が、世界共通で付与されている。 欧米語対応(文字種の変換大文字/小文字変換ができる。 アジア諸言語対応(文字種の変換半角/全角変換ひらがな/カタカナ変換ができる。この機能は主に日本語念頭に置かれている。 日本語対応日本語再変換Windows上のかな漢字変換ソフトウェアで、文字再変換機能利用することができる。 中国語対応(中国語変換中国語テキスト書記法(簡体字又は繁体字)を変換することができる。 韓国語対応(ハングル/ハンジャ変換選択した韓国語テキストハングルハンジャの間で相互に変換することができる。 標準フォーマットOpenDocument(*.odt)だが、プレーンテキスト(*.txt)、Rich Text Format(*.rtf)、HTMLドキュメント(*.htm, *.html)などの形式のほか、Microsoft Word 97/2000/XP(*.doc)、DocBook(*.xml)、Microsoft Word 2003 XML(*.xml形式での保存などもできる。 詳細は「OpenOffice.org Writerを参照

※この「ワープロ(Writer)」の解説は、「OpenOffice.org」の解説の一部です。» 「OpenOffice.org」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ワープロ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ワープロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワープロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワープロソフトの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワードプロセッサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのOpenOffice.org (改訂履歴)、OpenOffice.org (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS