IBMとは? わかりやすく解説

アイ‐ビー‐エム【IBM】


IBM

分子式C12H20O2
その他の名称IBM、Acrylic acid 1,4,4-trimethylcyclohexan-3-yl ester
体系名:アクリル酸1,4,4-トリメチルシクロヘキサン-3-イル


IBM (曖昧さ回避)

(IBM から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 16:14 UTC 版)

IBM

出典



IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/14 13:07 UTC 版)

ISV」の記事における「IBM」の解説

PartnerWorldのサブメニューであるPWIN(PartnerWorld Industry Network)にて対応。

※この「IBM」の解説は、「ISV」の解説の一部です。
「IBM」を含む「ISV」の記事については、「ISV」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/10 23:19 UTC 版)

ポキプシー (ニューヨーク州の市)」の記事における「IBM」の解説

IBMは隣接するポキプシー町に大規模な敷地構えており、かつてIBMの「主要工場」と呼ばれていたが、従業員多く社内の別の場所に移された(2008年)。このサイトでは、かつてIBM 700/7000シリーズ・コンピューターとIBM 7030 Stretchコンピューター、およびエンディコット・サイトと共にIBMメインフレーム開発・製造していた。RISC System/6000 SP2ファミリーコンピューターは、そのうちの1台世界チェスマスターであるガルリ・カスパロフとのチェス試合勝って、これはIBMポキプシー製造されたものせある。 2008年10月、IBMのポキプシー施設は、Assembly Magazine編集者によって「Assembly Plant of the Year 2008」に選ばれたIBMポキプシー最新のメインフレームハイエンドPower SystemsサーバーのIBMの主要な開発・製造センターであり、z/OSソフトウェア、およびIBMのその他のハードウェア製品主要なソフトウェア開発センターのひとつである。

※この「IBM」の解説は、「ポキプシー (ニューヨーク州の市)」の解説の一部です。
「IBM」を含む「ポキプシー (ニューヨーク州の市)」の記事については、「ポキプシー (ニューヨーク州の市)」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 03:11 UTC 版)

トランジスタ・コンピュータ」の記事における「IBM」の解説

20世紀大半を通じてデータ処理業界支配していたIBMは、1958年商用トランジスタ・コンピュータ導入した最初に登場したのは10ワード10進マシンであるIBM 7070であり、続いて1959年36ビット科学マシンであるIBM 7090パンチカード集計装置置き換えるために登場し、非常に人気となったIBM 1401可変長10進マシンであるデスクサイズのIBM 1620送り出された。IBM 70001400英語版シリーズには様々なデータ形式命令セット文字エンコード多くの設計バリエーションがあったが、全て同じシリーズ電子モジュール IBM Standard Modular System (SMS)を使用して構築された。

※この「IBM」の解説は、「トランジスタ・コンピュータ」の解説の一部です。
「IBM」を含む「トランジスタ・コンピュータ」の記事については、「トランジスタ・コンピュータ」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 07:40 UTC 版)

キングストン (ニューヨーク州)」の記事における「IBM」の解説

1970年代1990年代大型コンピューター全盛時代に、市の唯一といってもいい大きな産業としてIBM社のキングストン開発研究所工場があった 。1950年代半ば近くIBMポキプシーからSelectric電動タイプライター生産移して始まり同時に冷戦時代SAGE長距離爆撃機発見撃墜システム作り1960年代からは超大型STRETCHコンピューターアルゴンヌ国立研究所納め初めてのSABRE予約システムアメリカン航空のために作りIBM 2260 & 3270表示端末機System/360大型機用には沢山の部品製造したその後は分散処理ミニコンIBM 3790とそれに続くIBM 8100開発・生産して、1985年には総従業員が数7,100人達した。しかし1990年代初めにIBM全体業務困難になって、ここの業務は再びポキプシー集約されて、1995年には正式に閉鎖されたて、土地不動産会社売却されたもの 。 実際の住所は北隣りアルスター町(Ulster)に入った所であったが、ニューヨーク・ステート・スルーウェイキングストン出入口からニューヨーク国道209号線キングストン・ラインクリフ・ブリッジ方面向かい、現在はNeighborhood Dr.(現在はEnterprise Dr.)に面していて、この場所キングストンの街に近くキングストン住民雇用などの面で多大な影響与えた

※この「IBM」の解説は、「キングストン (ニューヨーク州)」の解説の一部です。
「IBM」を含む「キングストン (ニューヨーク州)」の記事については、「キングストン (ニューヨーク州)」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 01:36 UTC 版)

ハードディスクドライブ」の記事における「IBM」の解説

1956年発売のRAMAC350 DiskStorageからHDD歴史始まったと言われる老舗メーカー長らくHDD技術先導役務め一般的なアルミニウム合金外では、唯一実用化されたガラス製プラッタ用いたHDD開発したことでも知られるイメージ反し耐衝撃性ではアルミ合金より優れていた)。2003年HDD事業部門ごと日立製作所売却し日立グローバルストレージテクノロジーズとなった詳細IBMのディスク記憶装置 を参照)。

※この「IBM」の解説は、「ハードディスクドライブ」の解説の一部です。
「IBM」を含む「ハードディスクドライブ」の記事については、「ハードディスクドライブ」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 02:59 UTC 版)

エンディコット (ニューヨーク州)」の記事における「IBM」の解説

IBMはここで1911年タイムレコーダー製造会社として創業されて、他2社を合併してパンチカード製品進出して 1923年にIBMと社名変えている。トーマス・ジョン・ワトソン・シニア社長時代に、パンチカードシステム電子計算機製造・販売大い潤った本社第二次世界大戦後ニューヨーク市移したが(その後アーモンクへ)、19601970年代にはニューヨーク市に近いポキプシー・サイトに次いで多くのメインフレームコンピューターSystem/360System/370、4300、VMソフトウェア、1403プリンターなどを開発・製造し、世界の市場席巻して、1980年代従業員数16,000人に達した。 しかし、その後製造ポキプシー集約され、またダウンサイジング影響で従業員数大い減少して2003年にはIBM施設地元不動産会社売られた。しかし現在もいくつかの建物リースしており、600800人の従業員がおもに研究・開発従事している。またエンディコット西郊外のオウィーゴ(Owego)には連邦政府プロジェクトマーキュリー計画ジェミニ計画アポロ計画)にかかわったIBM施設があって、最盛期には数千人が働いていたが、プロジェクト終る縮小されて、その後ロッキード・マーティンの子会社Lockheed Martin Systems Integration – Owego)に売却された。

※この「IBM」の解説は、「エンディコット (ニューヨーク州)」の解説の一部です。
「IBM」を含む「エンディコット (ニューヨーク州)」の記事については、「エンディコット (ニューヨーク州)」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:42 UTC 版)

オペレーティングシステムの一覧」の記事における「IBM」の解説

IBMのオペレーティングシステム

※この「IBM」の解説は、「オペレーティングシステムの一覧」の解説の一部です。
「IBM」を含む「オペレーティングシステムの一覧」の記事については、「オペレーティングシステムの一覧」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 01:05 UTC 版)

ハーマン・ゴールドスタイン」の記事における「IBM」の解説

IBMでゴールドスタイン重要な役割1つは、IBMの研究者学界との関係を促進することだった。1969年彼はIBMで最も名誉ある技術職であるIBMフェローとなり、研究部長のコンサルタント任命された。ゴールドスタインフェローとして、コンピューティング数理科学歴史興味を持った彼はこのトピックについて、The Computer from Pascal to von Neumannパスカルからフォンノイマンまでのコンピュータ)、History of Numerical Analysis from the 16th Through the 19th Century16世紀から19世紀まで数値解析歴史)、History of the Calculus of Variations from the Seventeenth Through the Nineteenth Century17世紀から19世紀までの変分法歴史)の3冊の本を書いた。The Computer from Pascal to von Neumannというタイトルが示すように、ゴールドスタインノイマン現代コンピューティング理論の発展重要な役割果たしたことにほとんど疑問残していない。

※この「IBM」の解説は、「ハーマン・ゴールドスタイン」の解説の一部です。
「IBM」を含む「ハーマン・ゴールドスタイン」の記事については、「ハーマン・ゴールドスタイン」の概要を参照ください。


IBM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 09:03 UTC 版)

ルース・リーチ・アモネット」の記事における「IBM」の解説

彼女は1939年2月からIBMで働き始めた最初の仕事は、ゴールデン・ゲート国際博覧会でのIBMタイプライターデモンストレーションだった。その後、IBMのサービスシステム英語版)の仕事の訓練を受け、ジョージア州アトランタのIBMのオフィスで働くようになった1940年7月ニューヨーク州エンディコットアメリカ合衆国教育省におけるIBMの講師になった10月には、IBMの女性に対する教育責任者(Secretary of Education for Women)になった。その役職において、彼女は、IBM全体女性に対しIBM製品北米全体で販売することについての訓練行った1943年11月16日彼女はIBMのヴァイスプレジデントに就任した彼女は、彼女が高位の地位雇用されるようになったのは、IBM社長トーマス・J・ワトソンの「ビジョン先見性」によるものだとしている。これにより彼女は当時アメリカでは数少ない企業において権力持った地位ある女性の1人となり、また、高位の地位に就いた中で最も若い人物の1人となった1947年結核罹患して一時的に休職したが、その年のうちに復職した1947年から1953年までに、ニューヨーク公共図書館ニューヨーク職業女性クラブ全米女子大学協会英語版)などの団体役員務めた1946年に、ニューヨーク州女性評議会委員務めた1953年にIBMを退職した

※この「IBM」の解説は、「ルース・リーチ・アモネット」の解説の一部です。
「IBM」を含む「ルース・リーチ・アモネット」の記事については、「ルース・リーチ・アモネット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「IBM」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「IBM」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



IBMと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「IBM」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

IBMのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IBMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIBM (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのISV (改訂履歴)、ポキプシー (ニューヨーク州の市) (改訂履歴)、トランジスタ・コンピュータ (改訂履歴)、キングストン (ニューヨーク州) (改訂履歴)、ハードディスクドライブ (改訂履歴)、エンディコット (ニューヨーク州) (改訂履歴)、オペレーティングシステムの一覧 (改訂履歴)、ハーマン・ゴールドスタイン (改訂履歴)、ルース・リーチ・アモネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS