OS/2とは?

OS/2

Microsoft社とIBM社が共同開発した、パソコン用の32ビットオペレーティングシステム。32bit化、マルチタスキング化ではWindows先んじていた。Intel社の80386上のCPU動作する。途中Microsoftが、自社OSであるWindowsNT開発専念するためにIBMとの提携解消したことにより、以後IBM単独開発続けている。

関連用語:


OS/2 Warp

読み方オーエスツー ワープ
【英】OS/2

OS/2 Warpとは、IBMMicrosoft共同開発した、シングルユーザー、マルチタスク仕様OSの名称である。

MS-DOS後継OSとして1987年4月発売された初代バージョン(1.0)では、単に「OS/2」という名称だったものが、1995年3月発売バージョン3から「Warp」というサブネームが付くようになった

OS/2 Warpでは、先進的技術早期から取り入れられていた。32ビット化やプリエンプティブマルチタスクオブジェクト指向GUIなどをいち早く採用した他、LANマネージャマルチウィンドウ搭載した。ただ、OS/2専用開発されたアプリケーション多くない。

OS/2は開発当初MS-DOSを継ぐ次世代標準OSとして期待されていた。しかし後にMicrosoftはOS/2の開発から撤退し、独自にOS現在のWindows)の開発始めた。IBM単独でOS/2の開発続行し、1991年10月にはOS/2 Server 2.0を発表するなどして形勢維持に努めたが、MicrosoftWindows 3.0成功したことをきっかけにOS/2の優位性揺らぎ始めた。そして、1992年発売されたWindows 3.1によって、パソコンOS標準としての地位を完全に奪われるこことなった。

OS/2 Warpは、主に企業業務システムサーバー用のOSとして用いられる。その強力なネットワーク機能堅牢性には定評がある。同IBMのメインフレームシステムとの親和性が高いこともあって、金融業界などでは枯れたOSとしてよく利用されている。ちなみにWindows 3.1用のアプリケーションソフト動作させることもできる。

IBMは、OS/2 WarpのPowerPC版も開発していたが、その開発プロジェクト1995年凍結された。1996年12月発売されたバージョン4(OS/2 Warp 4)が最新版となっている。その後パッケージソフトウェアでの店頭販売終了日本IBMからライセンス購入する形態販売され、2006年12月31日をもってOS/2 Warpに関するすべての活動終了した。


参照リンク
IBM - OS/2 Warp - (英語)

OS‐2

分子式C59H97N21O21S2
その他の名称:OS-2
体系名:Ac-L-Ala-L-Cys-L-Thr-L-Glu-L-Arg-L-Asp-L-Ala-L-Leu-L-His-L-Asn-L-Leu-L-Cys-Gly-Gly-NH2


硫黄モノオキシド

分子式OS2
その他の名称:硫黄モノオキシド、Sulfur monoxide


OS/2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 02:40 UTC 版)

OS/2オーエス・ツー)は、MS-DOSおよびPC DOSの後継として、IBMマイクロソフトとの共同で開発された、パーソナルコンピュータ(パソコン)用の16ビットおよび32ビットオペレーティングシステム (OS) である。




  1. ^ 栗原潔 (2007年1月10日). “さらばOS/2について”. 栗原潔のテクノロジー時評Ver2. ITmedia. 2014年9月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『日経パソコン』 1991年10月28日号、pp.173-179。
  3. ^ 「OS/2がやってきた」『ASCII』 1988年9月号、p.184。
  4. ^ 米IBM、「OS/2 Warp 4」を発表”. PC Watch (1996年9月26日). 2012年5月9日閲覧。
  5. ^ “世界のOSたち - DOSの次世代を築けなかった「OS/2」 (2) IBMとMicrosoftの確執” (日本語). マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20120803-os2/2 2018年10月21日閲覧。 


「OS/2」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「OS/2」の関連用語

OS/2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



OS/2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2019 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリOS/2 Warpの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOS/2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS