Microsoftとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Microsoftの意味・解説 

Microsoft

読み方マイクロソフト
別名:MSMicrosoft Corporation

Microsoftとは、1975年ビル・ゲイツBill Gates)とポール・アレンPaul Allen)によって設立されたソフトウェアメーカーの名称である。オペレーティングシステムOS)「Windowsシリーズ開発元などとして知られている。

Microsoftは、当初BASICインタープリタ開発などを行っており、IBM PCOSとしてMS-DOSを提供したことをきっかけとして、IBM PCと共に市場浸透ていったその後グラフィカルユーザーインターフェースGUI)を採用したWindowsリリースされると、急速にシェア伸ばし圧倒的な市場シェア獲得するに至る。2007年現在、OS市場全体対すWindows系OSシェアは、90%以上になるといわれている。

Windowsと並んでWebブラウザの「Internet Explorer」(IE)や、オフィススイートの「Microsoft Office」も普及している。Microsoft Officeにおける、ワープロソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」といったアプリケーションソフトは、それぞれ同種の製品代表的存在となっている。他にも、ポータルサイトの「MSN」の運営や、家庭用ゲーム機Xbox」「Xbox 360」の販売なども行っている。


参照リンク
Microsoft Corporation
マイクロソフト

マイクロソフト

(Microsoft から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 18:40 UTC 版)

マイクロソフト: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 1975年ビル・ゲイツポール・アレンによって設立。1985年パソコンOSWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。1995年にウェブブラウザInternet Explorerをリリース。2001年家庭用ゲーム機Xboxを販売。2009年検索エンジンBingを設立。2010年にクラウドサービスとしてAzureを開始。




  1. ^ a b c d e Earnings Release FY19 Q4”. Microsoft (2019年7月18日). 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ Facts About Microsoft” (英語). Stories. 2020年6月6日閲覧。
  3. ^ 三浦優子「マイクロソフト、Windows 7のアクセシビリティに対する説明会を実施」『【PC Watch】 マイクロソフト、Windows 7のアクセシビリティに対する説明会を実施 Impress Watch、2009年10月20日。
  4. ^ “マイクロソフト、ノキアの携帯事業買収で合意-スマホで地歩”. Bloomberg.co.jp. (2013年9月3日). https://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSJ62H6KLVR701.html 2013年9月7日閲覧。 
  5. ^ ASCII マイクロソフトがついにNokiaの買収完了、注目ポイントは? 2014年5月1日
  6. ^ ITpro Microsoft、クラウド事業強化に向けて海底ケーブルに投資 2015/05/12
  7. ^ “マイクロソフト、時価総額1兆ドル超える 米企業で史上3社目”. 日本経済新聞. (2019年4月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL25I1L_V20C19A4000000/ 
  8. ^ Windows 10 Mobile のサポート終了: よくあるご質問
  9. ^ マイクロソフト、SCOへの資金提供に関与--投資会社が認める
  10. ^ Stewart Rules: Novell Wins! CASE CLOSED! - Updated
  11. ^ Microsoftライセンス、OSIの認証を受けオープンソースライセンスへ
  12. ^ マイクロソフト、オープンソース支援のための財団「CodePlex Foundation」を設立
  13. ^ マイクロソフトが公開したLinuxコードはGPL違反——エンジニアが指摘
  14. ^ Microsoft、『Linux』相互運用性に向けソースコード公開
  15. ^ 米Microsoft、「Windows 7」のUSB/DVDダウンロードツールをGPLで公開
  16. ^ http://quaoar.ww7.be/ms_fud_of_the_year/569458-microsoft-attack-linux-retail-level-probably.html
  17. ^ 米Novell、米Microsoftの「Linuxには信頼性がない」比較調査に反論
  18. ^ マイクロソフトとノベル、Linuxで提携--技術開発や特許で協力
  19. ^ 「オープンソースの特許侵害235件」−Microsoftの公表に騒然
  20. ^ マイクロソフトとTomTom、特許侵害訴訟で和解
  21. ^ Microsoft-led group to pay $450M for 882 Novell patents
  22. ^ Microsoft Loves Linux
  23. ^ Azure のオープン ソースのほかのオプションを見つける
  24. ^ Corporate Members - The Linux Foundation
  25. ^ 「MSはIBMに報復行為を行なっていた」
  26. ^ IBMとマイクロソフト、クラウドで提携 〜 互いの顧客企業にサービス提供
  27. ^ クラウドをめぐるSAPとマイクロソフトの協力関係が新たなステージへ
  28. ^ “MicrosoftとSAP、クラウドによるデジタル変革実現へ向けて協業” (英語). SAP Japan プレスルーム. (2017年12月1日). https://news.sap.com/japan/2017/12/microsoftとsap、クラウドによるデジタル変革実現へ向け/ 2018年4月28日閲覧。 
  29. ^ “What ever became of Microsoft's $150 million investment in Apple?” (英語). Engadget. https://www.engadget.com/2014/05/20/what-ever-became-of-microsofts-150-million-investment-in-apple/ 2018年8月14日閲覧。 
  30. ^ Foley, Mary Jo. “Is Apple really using Windows Azure to power iCloud? | ZDNet” (英語). ZDNet. https://www.zdnet.com/article/is-apple-really-using-windows-azure-to-power-icloud/ 2018年8月14日閲覧。 
  31. ^ Panzarino, Matthew「Apple、Siriのウェブ検索をBingからGoogleに変更――iOS、Mac Spotlight、Safriの結果が一致 | TechCrunch Japan」『TechCrunch Japan』。2018年8月14日閲覧。
  32. ^ ソニーとマイクロソフトがクラウドゲームやAI分野で提携。競合同士が手を組む異例の事態
  33. ^ a b c d https://wired.jp/2012/08/13/microsoft-powerpoint/
  34. ^ a b c d https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/17/news021.html
  35. ^ “欧州委、マイクロソフトに過去最高の新たな制裁金”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年2月27日). オリジナルの2008年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080301164437/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080227-OYT1T00530.htm 
  36. ^ Stephen Shankland (1999年6月25日). “Makers of cheap machines flock to free Be”. CNET News. 2011年10月16日閲覧。
  37. ^ 本当に許されるのか,WindowsとOfficeの驚異的な利益率
  38. ^ Impress AKIBA Hotline (1999年1月30日). “Weekly News & Update” (日本語). 2009年12月30日閲覧。 ページの一番下
  39. ^ nikkei BPnet (1999年2月2日). “Windowsの返金求める運動始まる--Linuxなどのユーザーが2月半ばに一斉行動も” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  40. ^ ITmedia (2009年8月27日). “Windows 7を捨てて自由を:FSF、アンチWindows 7キャンペーンをスタート” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  41. ^ ITmedia (2006年12月19日). “FSF、アンチVistaサイト「BadVista.org」を立ち上げ” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  42. ^ 瀧口範子 (2009年10月16日). “われわれはなぜグーグル書籍検索和解案に反対するのか?~MS・ヤフー・アマゾン連合の影の立役者に聞く”. ダイヤモンド社. 2019年3月8日閲覧。
  43. ^ 明石昇二郎 (2010-04). グーグルに異議あり!. 集英社. ISBN 978-4087205374 
  44. ^ a b ITmedia (2009年7月8日). “Microsoft、C#とCLIに「Community Promise」を適用” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  45. ^ ITmedia (2009年6月30日). “リチャード・ストールマン、「MonoやC#への依存を減らそう」と呼びかけ” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  46. ^ Support OpenDocument 「What's wrong with Office Open XML?」の項 (Free Software Foundation)
  47. ^ Windows 10にアップグレードしてトラブルが続出、消費者団体がMicrosoftに補償を求める事態に
  48. ^ Win10強制アップデート問題…マイクロソフトは「改善予定なし」
  49. ^ マイクロソフトディベロップメント「パワハラ解雇」訴訟
  50. ^ Why Stack Ranking Worked Better at GE Than Microsoft
  51. ^ Microsoft's loyalty to Windows and Office blamed for a 'lost' decade, says Vanity Fair
  52. ^ Microsoftが放棄したスタックランキングシステムでYahoo!が600人をレイオフ
  53. ^ 米マイクロソフト社 スタック・ランキング制度を廃止(アメリカ)
  54. ^ マイクロソフトCEO、差別やハラスメントの調査方法を改善へ”. 2019年4月16日閲覧。
  55. ^ 「Outlook」一部アカウントに不正アクセス、マイクロソフトが公表”. 2019年4月15日閲覧。
  56. ^ マイクロソフトのメールサーヴィスへの不正アクセスは、サポート部門に潜むリスクを浮き彫りにした”. 2019年4月18日閲覧。
  57. ^ a b c d e f 日本マイクロソフト株式会社 第34期決算公告
  58. ^ 東京都内のオフィス統合と本社オフィス移転について
  59. ^ 2011 年 2 月 1 日付で、社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更
  60. ^ a b マイクロソフトディベロップメント株式会社 第14期決算公告
  61. ^ a b 調布技術センター : 日本マイクロソフトについて マイクロソフト公式サイト
  62. ^ マイクロソフトサポートの「中の人」に会いにいった(後編) 2013年2月4日、DB Online(DB オンライン):EnterpriseZine(エンタープライズジン)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「Microsoft」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Microsoft」の関連用語

Microsoftのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Microsoftのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMicrosoftの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイクロソフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS