読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > 読み方の意味・解説 

よみ‐かた【読(み)方】

読み方:よみかた

文字の発音のしかた。「—がわからない字」

文章などを読んでそれを理解するための方法。「小説の—」「地図の—」

(「詠み方」とも書く)歌などをよむ方法

小学校における、国語教育一分野。文章作品読解鑑賞目的とする。また、もと小学国語科通称


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 07:08 UTC 版)

金沢文庫」の記事における「読み方」の解説

金沢」は歴史的慣例的には「かねさわ」と読まれており、古くは「かねさわぶんこ或いはかねさわふみくら」と呼称されていたという。『国史大辞典』(金沢文庫金沢氏等)では「かねざわとなっている。江戸時代加賀藩金沢著名になって「かなざわ」という読み広まった考えられ、現在では金沢区金沢文庫駅京急電鉄)、神奈川県立金沢文庫などはいずれも「かなざわ」と読まれている。

※この「読み方」の解説は、「金沢文庫」の解説の一部です。
「読み方」を含む「金沢文庫」の記事については、「金沢文庫」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 09:08 UTC 版)

角井氏」の記事における「読み方」の解説

ツノイカクイ、カドイ、スミイ など。

※この「読み方」の解説は、「角井氏」の解説の一部です。
「読み方」を含む「角井氏」の記事については、「角井氏」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 13:07 UTC 版)

天皇大帝」の記事における「読み方」の解説

諸橋轍次大漢和辞典』(大修館書店1956年)に拠れば歴史的仮名遣いは 「てんわうだいてい」 となる。発音連声により 「テンノーダイテー」。なお同書日本「天皇」読みは 「てんくわう」・「てんわう」 のみ。「てんわう」 での立項標準である。星座名としては、通例てんこうたいてい」 と振って 「テンコータイテー」 と読む。ただし、鈴木駿太郎振り仮名振っていないが、索引では 「天乳」(てんにゅう)と 「天馬座」(てんまざ)の間に配置しているところから 「てんのう……」 と読んでいる

※この「読み方」の解説は、「天皇大帝」の解説の一部です。
「読み方」を含む「天皇大帝」の記事については、「天皇大帝」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/27 16:21 UTC 版)

核種の一覧」の記事における「読み方」の解説

これは、縦列には原子番号陽子数)が、横列中性子の数が同じ核種並んでおり、表の右に行くほど原子番号陽子数)が増加し、下に行くほど中性子の数が大きくなるよう並べられている核図表である。縦方向に並ぶ核種同位体の関係にある。 横方向に並ぶ核種同中性子体の関係にある。 右上から左下方向斜めに並ぶ核種同重体の関係にある。 左上から右下方向斜めに並ぶ核種同余体の関係にある。 それぞれの核種セルの色は半減期示している(右のカラーチャート参照)。さらにセル内に色があるものは核異性体のうちで最も安定したものの半減期示している。 放射性崩壊生成される核種位置関係は、○の位置親核種とすると以下の通り。 n\p-2-1±0+1+2-2α - - - β-β- -1- - n β- - ±0- p ○ - - +1- β+, ε - - - +2εε - - - - 核異性体転移親核種と同じ位置に当たる。核分裂生成物一定しない

※この「読み方」の解説は、「核種の一覧」の解説の一部です。
「読み方」を含む「核種の一覧」の記事については、「核種の一覧」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/13 04:33 UTC 版)

承香殿」の記事における「読み方」の解説

大辞林初版においては、「しょうきょうでん」を見出し語とし、「そきょうでん」、「しょうこうでん」の読み挙げている。 広辞苑第5版においては、「しょうきょうでん」を見出し語とし、「そきょうでん」の読み挙げている 谷崎潤一郎の新々訳源氏物語賢木巻には「じょうきょうでん」のルビがある。

※この「読み方」の解説は、「承香殿」の解説の一部です。
「読み方」を含む「承香殿」の記事については、「承香殿」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/08 14:38 UTC 版)

キアス」の記事における「読み方」の解説

この文字テングワール同様、文字形状発音法則性があり、比較修得は容易である。 軸線ストロークをくわえることで有声音になる。(""[p]', ""[b]) を左におくと摩擦音になる。(""[v]) 両側に置くと声と鼻音が加わる。(""[t], ""[n(のちにrと発音)]) ※古代シンダール語では、摩擦音の[m]があるため、反転させることが出来ない""[hw]でなく、""[m]を用いた挿絵音価を示すと下図のようになる「-」別れている所は、左は古いもの、右は新し音価を示す。また、39番の文字をyとして使ったのはエルフであり、「*」がついた文字ドワーフのみに用いられた。 1 p 16 zh 31 l 46 e 2 b 17 nj-z 32 lh 47 e(長音3 f 18 k 33 ng-nd 48 a 4 v 19 g 34 s-h 49 a(長音) 5 hw 20 kh 35 s-’ 50 o 6 m 21 gh 36 z-ng(鼻音51 o(長音) 7 (mh)mb 22 ng鼻音)-n 37 ng* 52 ö 8 t 23 kw 38 nd-nj 53 n* 9 d 24 gw 39 i(y) 54 h-s 10 th 25 khw 40 y* 55 曖昧な母音* 11 dh 26 ghe, w 41 hy* 56 曖昧な母音* 12 n-r 27 ngw 42 u 57 ps* 13 ch 28 nw 43 u(長音58 ts* 14 j 29 r-j 44 w 59 +h 15 sh 30 rh-zh 45 ü 60 &

※この「読み方」の解説は、「キアス」の解説の一部です。
「読み方」を含む「キアス」の記事については、「キアス」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/22 14:53 UTC 版)

七条通」の記事における「読み方」の解説

七条」の行政上の発音・表記は「しちじょう」だが、地元方言では「ひちじょうもしくはひっちょう」と発音される市バス停留所名では、七条冠したものはあえて「ななじょう」と読ませ、車内アナウンスでも「ななじょうどおり」と放送される一条いちじょう)、四条しじょう)との間違い避けるためと説明される交差する主要な道路七条通凡例 主要な道路としては、国道主要地方道京都府道挙げている。 路線名の特記がないものは京都市道。←北 南→ ↑府道143号← <東大路通> 東山七条 <東大路通> 府道113号↑ →府道143号 | <川端通> 七条大橋 <川端通> ↑東山区鴨川 七条大橋 区 界府道32号← ↓下京区| <河原町通> 七条河原町 <河原町通> 1.2km◆| →国道24号 国道24号↑| 国道24号← ↓| <烏丸通> 烏丸七条 <烏丸通> 0.8km◆| →府道32号国道1号← | <堀川通> 七条堀川 <堀川通> | →国道1号 | <大宮通> 大宮七条 <大宮通> | →府道114号 | 山陰本線市道181号← | <西大路通> 西大路七条 <西大路通> ↑下京区| →市道181号 区 界| <葛野大路通> 葛野七条 <葛野大路通> ↓右京区府道113号← 府道113号↓ 市道184号← <天神川通> <天神川通> 天神川市道184号 ↑府道142桂大橋 <八条通> ↓府道142桂川 桂大橋 西 (山陰街道) ↓ ◆:烏丸五条国道24号起点)からの距離

※この「読み方」の解説は、「七条通」の解説の一部です。
「読み方」を含む「七条通」の記事については、「七条通」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 04:42 UTC 版)

Mach」の記事における「読み方」の解説

この新しOSの名前をどうするのかという雑談の中で出た MUCK (multiprocessor universal communication kernel) というアイディアを、リチャード・ラシッド教授同僚イタリア人 Darlo Giuse がMach聞き間違えたことに由来する最終的にコインの裏表で決定した。従って原則英語読みの「マーク」という発音正しい。

※この「読み方」の解説は、「Mach」の解説の一部です。
「読み方」を含む「Mach」の記事については、「Mach」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 14:04 UTC 版)

μTorrent」の記事における「読み方」の解説

ユー(u)もしくはマイクロ(μ)」 2005年にStrigeusは、「僕は(μの字が)uに見えるから、普段はユートレント(you torrent)と読んでいる」と書いており、読み方の候補として「マイクロトレント」や「マイトレント」を挙げている。μの記号はもともとギリシア語ミュー(Μ)の小文字で、SI接頭語では100万分の一を表す「マイクロ」であり、μTorrent使用領域小ささ表している。

※この「読み方」の解説は、「μTorrent」の解説の一部です。
「読み方」を含む「μTorrent」の記事については、「μTorrent」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:46 UTC 版)

日本銀行」の記事における「読み方」の解説

日本銀行読みは「にっぽんぎんこう」とされており、日本銀行券でのローマ字表記NIPPON GINKOとなっている。一方日本国内においては「にほんぎんこう」の呼び方一定程度されているとみられる

※この「読み方」の解説は、「日本銀行」の解説の一部です。
「読み方」を含む「日本銀行」の記事については、「日本銀行」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 09:48 UTC 版)

刀削麺」の記事における「読み方」の解説

刀削麺」は通例とうしょうめん」と読まれることが多い。中国語発音「ダオシャオミエン」に由来する。「とうさくめん」と読まれることもある。

※この「読み方」の解説は、「刀削麺」の解説の一部です。
「読み方」を含む「刀削麺」の記事については、「刀削麺」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 16:56 UTC 版)

和独経済辞典」の記事における「読み方」の解説

多く経営者は、日本語書き方分からないので、言葉の読み方は漢字だけでなく、平仮名ローマ字表記してある。

※この「読み方」の解説は、「和独経済辞典」の解説の一部です。
「読み方」を含む「和独経済辞典」の記事については、「和独経済辞典」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 15:03 UTC 版)

天文時計」の記事における「読み方」の解説

細部個々異なるが、およそ以下のような共通する特徴持っている

※この「読み方」の解説は、「天文時計」の解説の一部です。
「読み方」を含む「天文時計」の記事については、「天文時計」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 04:17 UTC 版)

入生田」の記事における「読み方」の解説

箱根登山線入生田駅の読み方は「いりうだ」(Iriuda)であるが、近隣交差点箱根登山バス伊豆箱根バス停留所の読み方は「いりゅうだ」(Iryuda)である。

※この「読み方」の解説は、「入生田」の解説の一部です。
「読み方」を含む「入生田」の記事については、「入生田」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 02:25 UTC 版)

稲子 (宮城県)」の記事における「読み方」の解説

稲子の読み方は確定されていない稲子出身の人は『いねご』と言うが、稲子以外の出身の人は『いなご』と呼ぶとされる古文書に「井ねこ沢」という地名があり、稲子地名がこの「井ねこ沢」に由来しているので、正し呼び名地区住民使用している『いねご』であるという説もある。日本郵便では『イナゴ』としている。

※この「読み方」の解説は、「稲子 (宮城県)」の解説の一部です。
「読み方」を含む「稲子 (宮城県)」の記事については、「稲子 (宮城県)」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:02 UTC 版)

岸町 (さいたま市)」の記事における「読み方」の解説

岸町」の正しい読み方は湯桶読みの「きしちょう」であるが、岸町五丁目みどり自治協力会の資源回収車(毎週月曜日朝に古紙回収している)は「きしまち」とアナウンスしている等、住民の間では「きしまち」の読み定着している。

※この「読み方」の解説は、「岸町 (さいたま市)」の解説の一部です。
「読み方」を含む「岸町 (さいたま市)」の記事については、「岸町 (さいたま市)」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 05:32 UTC 版)

ムトウ記譜法」の記事における「読み方」の解説

下の実線上に置かれ符頭を低いド、上の実線上に置かれ符頭を高いドとし、下線ドから上線ドまでが1オクターブとなる。 3線の実線上の音は音域変わって全てドである。 五線譜示されるシャープフラットがつく音にはそれぞれに音名がついており、ド♯レ♭=ディ、レ♯ミ♭=メ、ファ♯ソ♭=フィ、ソ♯ラ♭=ル、ラ♯シ♭=セ、となる。 音域として表記される数字可能な限り無限であり、小さいほど低く大きいほど高くなる

※この「読み方」の解説は、「ムトウ記譜法」の解説の一部です。
「読み方」を含む「ムトウ記譜法」の記事については、「ムトウ記譜法」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 04:21 UTC 版)

楓川」の記事における「読み方」の解説

楓川」の読み方については、「かえでがわ」と「もみじがわ」が混在している。「紅葉」と「」が縁語であること、紅葉川江戸城紅葉山結びつく重みのある名であること、本来の紅葉川重要度失いつつ江戸時代後期には埋め立てられ消滅する一方で楓川重要な水路として残ったことが混用原因という推測は可能である。 中央区管理する楓川沿いの公園区営住宅が「かえでがわ」と読まれる一方中央区教育委員会設置した看板では「楓川」に「もみじがわ」と振り仮名振られ中央区観光検定公式テキストでも「もみじがわ」の読み採用している。かつての楓川並行する昭和通り都心環状線の間の街路日本橋郵便局裏から久安まで)には、2003年中央区によって「江戸もみじ通り」の愛称定められている。 1908年河岸付近坂本町現在の日本橋兜町)に設立された「東京市日本橋区楓川専修女学校」は、その後数度校名変更経て1946年に「東京都紅葉川高等女学校」と改称している(翌年東京都立紅葉川高等学校となり、現在は江戸川区移転している)。

※この「読み方」の解説は、「楓川」の解説の一部です。
「読み方」を含む「楓川」の記事については、「楓川」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 15:31 UTC 版)

TeX」の記事における「読み方」の解説

英語のアルファベット ⟨X⟩(エックス、/ˈɛks/)として読むのではなくギリシア語風に無声軟口蓋摩擦音 /x/(ドイツ語の ach-laut の ⟨ch⟩)で /tex/ と発音するのが本来である。TeXbook では、そのように正しく発音するコンピュータ端末(のCRTディスプレイ)が、呼気でちょっと曇る、と冗談書かれているCRTディスプレイが曇るという冗談はともかく、その発音呼気を伴うものであるのは確か)。英語においては多く方言音素 /x/ が存在せず代わりに /k/ が使われること、τέχνη に由来する英語: technical が /ˈtɛk.nɪk.əl/ と読むことから /ˈtɛk/ と読まれるドイツ語では /ɛ/ が前舌母音であることから ich-laut の発音になり、/ˈtɛç/ である。日本ではどれもカタカナ表現するのが難しいため「テック」ないし「テフと書かれる。ドイツ語の ⟨ch⟩ をハ行表現することもあるので間違いとは言い切れないものの、あえてローマ字で書くなら ⟨hu⟩ であり、日本語の「ファ行のフ」である無声両唇摩擦音 /ɸ/(ローマ字で ⟨fu⟩)ではない。TeXbookの邦訳出版など日本での普及大きく関与したアスキーで、編集者だった鈴木嘉平によればアスキー社内では「テック」と読んでいたが、先輩編集者によればfu発音する)「テフ」ではないとはっきり書いておかなかったのが原因で、日本には「テフ」が広まってしまった、という。

※この「読み方」の解説は、「TeX」の解説の一部です。
「読み方」を含む「TeX」の記事については、「TeX」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 16:31 UTC 版)

「B'z」の記事における「読み方」の解説

B'z」の発音については、世間的に抑揚つけない平板な読み方の「ビーズ」(例えば「リール」「レール」に近いもの)が一般的になっているが、本人たちや関係者は「ビィズ」と「ビ」にアクセント置いて読んでいる(例えば「プール」「シール」に近いアクセント)。平板な発音の方が一般に定着した理由について、NHK放送文化研究所は「(NHKの)番組内での発音については、責任者決めている」と前置きした上で、「ギタードラマ映画ディレクター。こういった言葉は、かつては頭を高くした発音がされていたと思うのですが、今は平たく言うほうが主流ですね。日本語習性として、言葉出来て馴染みが薄いときには頭にアクセントを置く、そしてその言葉口をついて出る回数増えるにつれ、どんどん後ろ移動して落ち着いていくというものがあります。「ビーズ」と平べったい発音になるのは、自然の流れなのではないか」との見解述べている。

※この「読み方」の解説は、「B'z」の解説の一部です。
「読み方」を含む「B'z」の記事については、「B'z」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 15:27 UTC 版)

上小町」の記事における「読み方」の解説

上小町はもともとは「かみこまち」と呼ばれており、古くからのさいたま市大宮市浦和市近隣の人は、今でもそのように呼び、また平仮名ローマ字手紙書類書いている。大宮上小町郵便局かみこまゆうびんきょく)、上小町整形外科内科かみこませいけいげかないか)など、固有名詞としてかみこまち」と称している施設少なくない。 しかし、1996年平成8年)の旧大宮市条例湯桶読みの「かみこちょう」へ町名呼び名変わった前後して旧浦和市岸町(きしまち)も同様に「きしちょう」と町名呼び名変わった。これは住民意向聞かず変更されたものである(『上小町自治会だより』第110号、第111号参照。)。

※この「読み方」の解説は、「上小町」の解説の一部です。
「読み方」を含む「上小町」の記事については、「上小町」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:22 UTC 版)

009ノ1」の記事における「読み方」の解説

「ゼロゼロクノイチ」という読み方は単行本以降のものであり、書籍によっては「ダブルオー・ナイン・ワン」など複数の読み方があるが、連載開始時は「ゼロゼロナイン・ワン」となっていた(角川書店版より)。本項目名連載版に準じ「ゼロゼロナイン・ワン」とした。 なお、実写映画版では「ゼロゼロクノイチ」となっており、テレビドラマ版主題歌では「オー・オー・ナイン・ワン」と歌われていた。

※この「読み方」の解説は、「009ノ1」の解説の一部です。
「読み方」を含む「009ノ1」の記事については、「009ノ1」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:00 UTC 版)

Altキー」の記事における「読み方」の解説

Alt キーの読み方は、何らかの仕様規格規定されてはいないので人により異なる。またそのために日本語での表記仕方も人により異なる。 英語においては著名な辞書の間でも発音表記異なっている。 発音記号辞書/ˈælt ˌkiː/ Cambridge English Dictionaryケンブリッジ大学出版局) /ˈɔːlt kiː/ Oxford Dictionariesオックスフォード大学出版局日本語においても表記定まっていない点で同様であり、カタカナ表記する場合、「オルトキー」と「アルトキー」の二つ表記使われている。辞書によっても表記異なっている。 表記辞書オルトキー」 sophia-it.com、 「オルトキー」と「アルトキー」の両方 e-words.jp

※この「読み方」の解説は、「Altキー」の解説の一部です。
「読み方」を含む「Altキー」の記事については、「Altキー」の概要を参照ください。


読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 06:24 UTC 版)

名鉄3850系電車」の記事における「読み方」の解説

前述通り普通ならば「さんぜんはっぴゃくじっけい」と読むところであるが、この電車限って「みやごわけい」という愛称親しまれた。その理由については諸説あるが、この電車設計者宮川智之助佐衛門末裔であるとされており、その「宮」と名鉄3850系の「38」が偶然被っていたため、語呂合わせて「みやごわ系」と呼び始めた考えられる

※この「読み方」の解説は、「名鉄3850系電車」の解説の一部です。
「読み方」を含む「名鉄3850系電車」の記事については、「名鉄3850系電車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「読み方」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「読み方」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



読み方と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「読み方」の関連用語

1
50% |||||

2
50% |||||



5
50% |||||

6
50% |||||

7
50% |||||

8
50% |||||

9
50% |||||

10
50% |||||

読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



読み方のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金沢文庫 (改訂履歴)、角井氏 (改訂履歴)、天皇大帝 (改訂履歴)、核種の一覧 (改訂履歴)、承香殿 (改訂履歴)、キアス (改訂履歴)、七条通 (改訂履歴)、Mach (改訂履歴)、μTorrent (改訂履歴)、日本銀行 (改訂履歴)、刀削麺 (改訂履歴)、和独経済辞典 (改訂履歴)、天文時計 (改訂履歴)、入生田 (改訂履歴)、稲子 (宮城県) (改訂履歴)、岸町 (さいたま市) (改訂履歴)、ムトウ記譜法 (改訂履歴)、楓川 (改訂履歴)、TeX (改訂履歴)、B&#39;z (改訂履歴)、上小町 (改訂履歴)、009ノ1 (改訂履歴)、Altキー (改訂履歴)、名鉄3850系電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS