加賀藩とは?

加賀藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 05:59 UTC 版)

加賀藩(かがはん)は、江戸時代加賀能登越中の3国の大半を領地とした。藩祖前田利家の妻である芳春院(まつ)の死後、芳春院の化粧料(婦女に対して生活補助として与えられた領地(石高))だった近江弘川村(現在の滋賀県高島市今津町)を飛び地として加える。




  1. ^ 『日本一の大大名と将軍さま 徳川家も気をつかった加賀百万石の江戸時代』
  2. ^ 『藩史大事典』
  3. ^ 岩沢愿彦『前田利家』
  4. ^ 新川郡にある白鳥城は、佐々の降伏(富山の役)後に既に、成政に備えるため前田家の城将を置いていた。
  5. ^ 慶長10年(1605)4月8日、利長隠居・利光(のちの利常)宛「領知判物」(「越登賀三州志」高岡市立博物館)
  6. ^ 利常宛て寛永朱印状(「加賀藩文書」前田育徳会など)
  7. ^ 『寛政重修諸家譜』
  8. ^ 村川浩平「前田氏への松平氏下賜」





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加賀藩」の関連用語

加賀藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加賀藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加賀藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS