小島藩とは?

小島藩

読み方:オジマハン(ojimahan)

駿河庵原郡小島の藩名。

別名 滝脇


小島藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 03:08 UTC 版)

小島藩(おじまはん)は、駿河国庵原郡有渡郡安倍郡に所領があった[1]。石高1万石の小藩で、元禄年間の立藩から幕末まで滝脇松平家が11代にわたって治めた。藩庁は庵原郡小島村(現在の静岡県静岡市清水区小島本町)の小島陣屋




注釈

  1. ^ なお、松會版や山泉堂、須原屋版の武鑑での在所(陣屋所在地)の記載は、立藩以降から少なくとも享保3年(1718年)までは「駿州阿部入」であったが、享保17年(1732年)の武鑑で「駿州小島」となり、以降は「駿州小島」「駿州庵原郡小島」といった表記で定着する。

出典

  1. ^ 二木謙一監修・工藤寛正編「国別 藩と城下町の事典」(東京堂出版、2004年9月20日発行)320ページ
  2. ^ a b 小島藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2021年1月28日閲覧。
  3. ^ 『寛政重修諸家譜』巻二十。国民文庫版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.105
  4. ^ 『寛政重修諸家譜』巻二十。国民文庫版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.109
  5. ^ 小島藩② 滝脇松平家”. ききょうの丘. 静岡市立清水小島小学校 (2013年8月6日). 2021年1月31日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 『寛政重修諸家譜』巻二十。国民文庫版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.110
  7. ^ a b 「小島藩(近世)」『角川地名大辞典(旧地名)』静岡県(JLogos)
  8. ^ 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.111
  9. ^ 小島藩⑫ 家紋”. ききょうの丘. 静岡市立清水小島小学校 (2013年8月16日). 2021年1月31日閲覧。
  10. ^ 筆名を藩邸所在地の小石川春日町から命名。
  11. ^ 恋川春町は幕府から目を付けられており、死因にも自刃説がある、ということにも留意する必要がある。


「小島藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小島藩」の関連用語

小島藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小島藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小島藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS