佐倉藩とは?

佐倉藩

読み方:サクラハン(sakurahan)

下総印旛郡佐倉の藩名。


佐倉藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 04:38 UTC 版)

佐倉藩(さくらはん)は、下総国印旛郡佐倉(現在の千葉県佐倉市)に存在したである。藩庁は佐倉城(現在の千葉県佐倉市)。


注釈

  1. ^ 中村孝也『徳川家康の研究』では、佐倉に封じられた人物を「三浦監物義次」とある。『寛政重修諸家譜』によれば、佐倉に封じられた三浦氏の人物は「三浦監物重成」である。『大網白里町史』は「義次とこの重成が同一人物であるかどうかは、現在のところ判定しえない」としている(本文では佐倉に封じられた人物として「重成」を採用)[5]
  2. ^ 『佐倉市史』によれば、天正19年(1591年)に知行割りが行われ、上総国大網(現在の大網白里市大網)・本納(現在の茂原市本納)および下総国佐倉で1万石が宛がわれた[5]
  3. ^ 現在の佐倉城址公園。城跡の一画に国立歴史民俗博物館が建つ。
  4. ^ 印旛県庁は最終的に現在の千葉県流山市に置かれた(葛飾県印旛県庁跡参照)。佐倉には支所が置かれた。

出典

  1. ^ a b c 城下町のなりたち”. 佐倉市. 2020年11月10日閲覧。
  2. ^ a b 佐倉藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2020年11月10日閲覧。
  3. ^ a b c 本佐倉城と千葉氏”. 酒々井町. 2020年11月11日閲覧。
  4. ^ 佐倉藩”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2020年11月10日閲覧。
  5. ^ a b 家康の関東支配と上総武士の去就 (2) 三浦監物の町域支配 大網村(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  6. ^ 佐倉藩”. 世界大百科事典 第2版. 平凡社. 2020年11月10日閲覧。
  7. ^ a b 佐倉藩”. 百科事典マイペディア. 平凡社. 2020年11月10日閲覧。
  8. ^ 佐倉藩”. 藩名・旧国名がわかる事典. 講談社. 2020年11月10日閲覧。
  9. ^ 本佐倉城跡”. 国指定史跡ガイド. 2020年11月15日閲覧。
  10. ^ 本佐倉城”. 日本の城がわかる事典. 2020年11月15日閲覧。
  11. ^ 13.佐倉城と国立歴史民俗博物館”. 千葉県教育委員会. 2020年11月15日閲覧。
  12. ^ a b 大堀陣屋 (pdf)”. 千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋. 千葉県教育振興財団. p. 26 (2013年3月). 2020年11月11日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐倉藩(近世)”. 角川日本地名大辞典(旧地名)(JLogos所収). 2020年11月15日閲覧。
  14. ^ 大多和四郎右衛門(義人・東金名主)(東金市史)”. 東金市/東金市デジタル歴史館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  15. ^ 西山形コミュニティセンター”. 山形市. 2020年11月15日閲覧。
  16. ^ 佐倉 オランダ 長崎”. 田上市長のホッとトーク(市長コラム). 長崎市 (2014年11月28日). 2020年11月15日閲覧。
  17. ^ a b c d 西山形の史跡案内”. 社会福祉法人やまがた市民福祉会. 2020年11月15日閲覧。
  18. ^ 平清水”. 山形市観光協会. 2020年11月15日閲覧。
  19. ^ a b 私立病院「順天堂」を開かせた西洋好きの堀田正睦”. 週刊朝日(AERAdot) (2014年8月16日). 2020年11月15日閲覧。


「佐倉藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐倉藩」の関連用語

佐倉藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



佐倉藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐倉藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS