松前藩とは?

松前藩

読み方:マツマエハン(matsumaehan)

蝦夷地福山の藩名。

別名 福山藩


松前藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 05:55 UTC 版)

松前藩(まつまえはん)は、松前島(夷島)松前(渡島国津軽郡を経て現在の北海道松前郡松前町)に居所を置いたである。藩主は江戸時代を通じて松前氏であった。後に城主となり同所に松前福山城を築く。居城の名から福山藩とも呼ばれる。慶応4年(1872年)、居城を領内の檜山郡厚沢部町館城に移し、明治期には館藩と称した。家格外様大名の1万石格、幕末に3万石格となった。


注釈

  1. ^ 下国氏(檜山安東氏)の勢力が津軽から駆逐された事により、蠣崎氏(松前氏)の分離独立、上国氏(湊安東氏)を相続・拠点移動(檜山から湊城へ)などによる安東両家の統合と秋田制圧(蝦夷の支配を放棄、秋田氏に改姓)が進む。
  2. ^ 確かにロシア船の来航は頻繁であり、国防上の問題があったが、一説には密貿易との関係が原因に挙げられている。また、当時の記録には道広が藩主時代に吉原の遊女を囲ったとする風聞に関する記事が出ており、前藩主時代の放蕩に対する処罰説もある。また、当時の幕閣主流に反発する勢力との交流が深く、これも要因として推測される。その他、元家臣による讒言説など。
  3. ^ 一国一城令」では一大名の領国が複数の律令国にまたがる場合、分国に支城を置けた。

出典

  1. ^ 海保嶺夫『幕藩制国家と北海道』(三一書房、1978年)14-15頁。
  2. ^ 海保嶺夫『エゾの歴史』(講談社、1996年)ISBN 4062580691
  3. ^ a b c 北海道庁拓殖部『北海道地方林業一班』(1926年)18頁~23頁
  4. ^ 『松前町史』資料編第一巻、「北門史綱」
  5. ^ 「嘉永慶応 江戸切絵図」(尾張屋清七板)


「松前藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松前藩」の関連用語

松前藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松前藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松前藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS