陸奥国とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 陸奥国の意味・解説 

陸奥国

読み方:ムツノクニ(mutsunokuni)

旧国名現在の福島県宮城県岩手県青森県


陸奥国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 08:51 UTC 版)

陸奥国(むつのくに)は、かつて存在した令制国の一つ。東山道に属する。現在の福島県宮城県岩手県青森県大国




  1. ^ 本居宣長『古事記伝』20巻(筑摩書房『本居宣長全集』第10巻449-450頁)。
  2. ^ 高橋富雄『蝦夷』190頁。
  3. ^ 保田光則『新撰陸奥風土記』歴史図書社、1頁。
  4. ^ 大子町の歩みホームページ
  5. ^ (ちんかん)鎮守府の鎮守将軍・副将軍・軍監・軍曹などの官職
  6. ^ 今泉隆雄「律令国と蝦夷」55ページ(渡辺信夫・今泉隆雄・大石直正・難波信雄『宮城県の歴史』山川出版社 1999年3月)
  7. ^ 12世紀にはすでに遺構が存在することが国立歴史民俗博物館などの調査によって知られている。
  8. ^ 『みちのくの都 多賀城・松島』、『中世陸奥国府の研究』所収の諸論文による。
  9. ^ 豊田武・編『東北の歴史』上巻91頁(工藤雅樹・執筆「多賀城」)。
  10. ^ 大塚徳郎「古代および中世の宮城県」、『宮城県の地理と歴史』第2巻71頁。
  11. ^ a b c d e 『仙台市史 通史編2 古代中世』(仙台市史編さん委員会 2000年) P.237-P.244
  12. ^ 『せんだい 歴史の窓』(菅野正道 著、河北新報出版センター、2011年10月30日 ISBN 978-4-87341-262-7) P.75-77
  13. ^ 『類聚国史』
  14. ^ 『文徳天皇実録』
  15. ^ 『中世諸国一宮制の基礎的研究』 中世諸国一宮制研究会編、岩田書院、2000年、pp. 306-310。
  16. ^ 階上を「しなのえ」と読んで宮城郡の一部とする説もある。気仙郡の旧称だとする説では「はしかみ」と読む。


「陸奥国」の続きの解説一覧

陸奥国

出典:『Wiktionary』 (2014/07/28 11:56 UTC 版)

固有名詞

(むつのくに、りくおうのくに)

  1. (むつのくに日本旧国令制国)のひとつ。現在青森県岩手県宮城県福島県秋田県北東部にあたる。
  2. (りくおうのくに)明治維新後に明治政府から1.を陸奥国陸中国陸前国岩代国磐城国五つ分裂させた内のひとつ。現在の青森県岩手県二戸郡にあたる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸奥国」の関連用語

陸奥国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸奥国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸奥国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの陸奥国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS