伊勢とは? わかりやすく解説

伊勢

読み方:イセise

旧国名の一


伊勢

作者菊池寛

収載図書今昔物語
出版社文芸春秋
刊行年月1988.10
シリーズ名文春文庫


伊勢

読み方:イセise

所在 山梨県甲府市


伊勢

読み方:イセise

所在 徳島県阿波市


伊勢

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 02:24 UTC 版)

伊勢(いせ)は、日本地名人名




「伊勢」の続きの解説一覧

伊勢(いせ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 20:23 UTC 版)

ツギハギ漂流作家」の記事における「伊勢(いせ)」の解説

土出版の関係者で、上の編集者担当している。

※この「伊勢(いせ)」の解説は、「ツギハギ漂流作家」の解説の一部です。
「伊勢(いせ)」を含む「ツギハギ漂流作家」の記事については、「ツギハギ漂流作家」の概要を参照ください。


伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:37 UTC 版)

花蓮女学院高校男子剣道部」の記事における「伊勢」の解説

隼人剣道を始めきっかけ作った人物

※この「伊勢」の解説は、「花蓮女学院高校男子剣道部」の解説の一部です。
「伊勢」を含む「花蓮女学院高校男子剣道部」の記事については、「花蓮女学院高校男子剣道部」の概要を参照ください。


伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 14:26 UTC 版)

アームズラリー」の記事における「伊勢」の解説

皇国国民的小型乗用車として広く流通している三輪自動車

※この「伊勢」の解説は、「アームズラリー」の解説の一部です。
「伊勢」を含む「アームズラリー」の記事については、「アームズラリー」の概要を参照ください。


伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:08 UTC 版)

紀伊 (列車)」の記事における「伊勢」の解説

東京駅 - 鳥羽駅間の直通列車1926年大正15年8月15日より、1943年昭和18年)まで快速列車241242列車設定された。この快速列車の場合、いわゆる伊勢神宮参詣のための速達列車という意味合いのほかに東京駅 - 名古屋駅間の夜行列車増発ともされている。また、現在ではA寝台相当する二等寝台車連結していたため、新任大臣伊勢神宮参詣利用する場合多かったといわれる戦後は、「大和」の利用客増加によって同列に連結されていた鳥羽駅発着編成増強を行うために独立した列車として、1953年11月東京駅 - 鳥羽駅間で運転を開始した。しかし、夜行列車としての使命東京駅 - 名古屋駅であったため、名古屋駅 - 鳥羽駅間は5両編成で運転されていた。東海道新幹線開業後は、名古屋駅 - 鳥羽駅間は近畿日本鉄道利用移ったため1968年10月に「紀伊」に統合され独立した列車としては廃止された。1972年3月、「紀伊」の編成としても廃止され、完全廃となった。 なお、2013年10月 - 2014年3月運行した臨時急行「いせ」については近鉄特急史#名古屋 - 伊勢間を参照

※この「伊勢」の解説は、「紀伊 (列車)」の解説の一部です。
「伊勢」を含む「紀伊 (列車)」の記事については、「紀伊 (列車)」の概要を参照ください。


伊勢(いせ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 16:31 UTC 版)

源氏 (漫画)」の記事における「伊勢(いせ)」の解説

源氏軍の兵。

※この「伊勢(いせ)」の解説は、「源氏 (漫画)」の解説の一部です。
「伊勢(いせ)」を含む「源氏 (漫画)」の記事については、「源氏 (漫画)」の概要を参照ください。


伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 15:27 UTC 版)

黒沢石斎」の記事における「伊勢」の解説

慶長17年1612年7月20日寅の刻伊勢国度会郡山田西河原御所世古に与弘宣次男として生まれた幼名次郎5歳父と死別し、7歳蘇軾や「孝行詩」「八景詩歌」「長恨歌」「琵琶行中国語版)」「野馬台詩」「勧学詩(中国語版)」等を暗誦した。8歳俳諧吟じ9歳で意松軒玄昌書法、『大学』『中庸』等を学んだ10歳で久五郎称し、『貞永式目』『庭訓往来』『倭歌朗詠集』等を学んだ元和9年1623年12歳元服し、弘忠と名乗った寛永3年1626年1月度会貞晨の紹介で光倫寺の清玄入門し、『孟子』を学んだ寛永4年1627年叔父外宮長官桧垣常晨出仕した

※この「伊勢」の解説は、「黒沢石斎」の解説の一部です。
「伊勢」を含む「黒沢石斎」の記事については、「黒沢石斎」の概要を参照ください。


伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:11 UTC 版)

ういろう (菓子)」の記事における「伊勢」の解説

伊勢地方では、伝統的に黒砂糖用いたういろう食されていた。 北勢地区桑名市多度町の丸繁では、伝統的な黒糖原料とした「多度ういろ」を製造販売している。甘さ控えめ味わいで、地域名産として多度大社参拝客などに親しまれている伊勢市の「虎屋ういろ」は、1938年昭和13年)にういろう専門店となり、製造販売行なっているあっさりとした味わいで、原材料小麦粉使用するため、米粉用いたものと比べてコシがあり弾力のある食感となる。また、防腐剤使用しない生ういろうであるため、あまり日持ちしない。加え材料などで35種類程度バリエーションがある。

※この「伊勢」の解説は、「ういろう (菓子)」の解説の一部です。
「伊勢」を含む「ういろう (菓子)」の記事については、「ういろう (菓子)」の概要を参照ください。


伊勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:37 UTC 版)

歌枕の一覧」の記事における「伊勢」の解説

五十鈴川いすずがわ御裳濯川みもすそがわ) 伊勢(いせ)伊勢の海 阿漕が浦に 打つ網も 度重なれば 人の知るらむ(『源平盛衰記』大淀おおよど御熊野浦みくまののうら) 七湯(ななくりのゆ): 三重県津市榊原温泉長浜ながはま鈴鹿山すずかやま): 鈴鹿峠その周辺山地称して鈴鹿山呼ばれる麻生浦(おうのうら) 二見浦ふたみのうら神路山かみじやま高見山たかみやま)我妹子を いざ見の山を 高みかも 大和見えぬ 国遠みかも(『万葉集』石上堅魚

※この「伊勢」の解説は、「歌枕の一覧」の解説の一部です。
「伊勢」を含む「歌枕の一覧」の記事については、「歌枕の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伊勢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伊勢

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 12:16 UTC 版)

固有名詞

  (いせ)

  1. 旧国名一つ伊勢国
  2. 三重県にある地名伊勢市

「伊勢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



伊勢と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊勢」の関連用語

伊勢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伊勢のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊勢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツギハギ漂流作家 (改訂履歴)、花蓮女学院高校男子剣道部 (改訂履歴)、アームズラリー (改訂履歴)、紀伊 (列車) (改訂履歴)、源氏 (漫画) (改訂履歴)、黒沢石斎 (改訂履歴)、ういろう (菓子) (改訂履歴)、歌枕の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの伊勢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS