戦国時代_(日本)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 戦国時代_(日本)の意味・解説 

戦国時代 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 16:32 UTC 版)

日本戦国時代(せんごくじだい)は、日本の歴史(にほんのれきし)において、15世紀末から16世紀末にかけて戦乱が頻発した時代区分である。世情の不安定化によって室町幕府の権威が低下したことに伴って、守護大名に代わって全国各地に戦国大名が台頭した。領国内の土地や人を一円支配(一元的な支配)する傾向を強めるとともに、領土拡大のため他の大名と戦闘を行うようになった。こうした戦国大名による強固な領国支配体制を大名領国制という。




注釈

  1. ^ a b 「日本の近世城郭は16世紀第4四半期に原型が成立し、17世紀第1四半期にもっとも複雑化した。16世紀第3四半期までは日本の拠点城郭(戦国期拠点城郭)はそれぞれの地域性を色濃く備えた。そうした戦国期拠点城郭のプランに表れた地域性は、築城主体であった権力構造の反映であった。そうした地域性は巨視的に見れば城郭構造の求心・階層構造を指向したものと、並立的な城郭構造を指向したものに区分される。」[70]
  2. ^ 「根小屋」という用語について香川元太郎は、城の前に形成された家臣屋敷の集合集落としている[69]

出典

  1. ^ a b 鍛代敏雄『神国論の系譜』、法藏館, 2006年、p.109
  2. ^ 西島太郎 2015, p. 13、国会図書館蔵書の使用例の最古書は、教育資料研究会(編)『高等小学校外日本歴史』第4編巻1巻2 目次第7「戦國時代」、1873年(明治6年)
  3. ^ 鈴木良一「戦国の争乱」『岩波講座日本歴史』第8巻 中世4、1963年、4頁。
  4. ^ 遠藤 2015, p. 3.
  5. ^ 渡邊大門編 『真実の戦国時代』 柏書房、2015年、220頁。 
  6. ^ 遠藤 2015, p. 2.
  7. ^ 遠藤 2015, p. 6.
  8. ^ 山本浩樹編 『西国の戦国合戦』 吉川弘文館、2007年、8頁。 
  9. ^ 福島 2009, p. 50.
  10. ^ 福島 2009, p. 52.
  11. ^ 家永 2004, p. 10.
  12. ^ 山田 2012, pp. 38-39.
  13. ^ 家永 2004, p. 12.
  14. ^ 小池辰典「鈎の陣にみる戦国初期の将軍と諸大名」『日本歴史』851号、吉川弘文館、2019年4月、 13頁。
  15. ^ 家永遵嗣「将軍権力と大名との関係を見る視点」『歴史評論』572号、校倉書房、1997年12月、 17-18頁。
  16. ^ a b 家永 2004, p. 13.
  17. ^ 山田 2012, p. 49.
  18. ^ 山田 2012, p. 50.
  19. ^ 山田 2012, p. 42.
  20. ^ 山田 2012, pp. 54-55.
  21. ^ 山田 2012, pp. 51-53.
  22. ^ 山田 2012, p. 52.
  23. ^ 山田 2012, pp. 58-59.
  24. ^ 山田 2012, pp. 59-60.
  25. ^ 山田 2012, p. 63.
  26. ^ 馬部 2018, p. 379.
  27. ^ 馬部 2018, p. 743.
  28. ^ 福島 2009, p. 66.
  29. ^ 馬部 2018, p. 236-237.
  30. ^ 馬部 2018, p. 237-238.
  31. ^ 家永 2004, p. 8.
  32. ^ 馬部 2018, p. 218.
  33. ^ 馬部 2018, p. 242-243.
  34. ^ 浜口誠至『在京大名細川京兆家の政治史的研究』思文閣出版、2014年4月、276頁。
  35. ^ 福島 2009, p. 71.
  36. ^ 福島 2009, p. 72-73.
  37. ^ 馬部 2018, p. 255-256.
  38. ^ 福島 2009, p. 73-74.
  39. ^ 福島 2009, p. 75.
  40. ^ 馬部 2018, p. 295.
  41. ^ 馬部 2018, p. 744.
  42. ^ 平野明夫編 『室町幕府全将軍管領列伝』 星海社、2018年10月、480-481頁。 
  43. ^ 黒嶋 2012, p. 145.
  44. ^ a b 長谷川博史「15・16世紀山陰地方の政治と流通」『貿易陶磁研究』36号、貿易陶磁研究会、2016年9月、 7頁。
  45. ^ 馬部 2018, p. 748頁.
  46. ^ 馬部 2018, p. 602-603.
  47. ^ 馬部 2018, p. 719.
  48. ^ 福島 2009, p. 111-112.
  49. ^ 家永 2004, p. 3.
  50. ^ 福島 2009, p. 114-116.
  51. ^ 黒嶋 2012, p. 277.
  52. ^ a b 黒嶋 2012, p. 81.
  53. ^ 黒嶋 2012, pp. 39-41.
  54. ^ 黒嶋 2012, p. 44.
  55. ^ 黒嶋 2012, pp. 46-47.
  56. ^ 矢田俊文『上杉謙信』ミネルヴァ書房、2005年12月、52頁。
  57. ^ 山田邦明『戦国の活力』小学館、2008年7月、127頁。
  58. ^ 福島 2009, p. 128-130.
  59. ^ 天野忠幸他編『戦国・織豊期の西国社会』日本史史料研究会、2012年10月、133‐134頁
  60. ^ 馬部隆弘「永禄9年の畿内和平と信長の上洛」『史敏』4号、史敏刊行会、2007年4月、67頁
  61. ^ 金子拓『織田信長<天下人>の実像』講談社、2014年8月、51‐53頁
  62. ^ a b 久野雅司「足利義昭政権滅亡の政治的背景」『戦国史研究』74号、 吉川弘文館、2017年、4頁
  63. ^ 久野、2017年、1頁。
  64. ^ a b 垣内和孝「伊達政宗と南奥の戦国時代」『伊達政宗と南奥の戦国時代』吉川弘文館、2017年、182-201頁。ISBN 978-4-642-02938-4
  65. ^ 恩田浩孝『座禅院昌尊の生涯 日光山の終焉と上三川 今泉家』随想舎、2015年、182頁。
  66. ^ 朝尾 1993, p. 25.
  67. ^ 朝尾 1993, p. 53.
  68. ^ 香川 2012.
  69. ^ a b 香川 2012, p. 72.
  70. ^ 千田嘉博「戦国領主と城郭」『文化財学報』27集、奈良大学文学部文化財学科、2009年3月、 47-54頁。
  71. ^ a b c 中井均『城館調査の手引き』山川出版社、2006年。ISBN 978-4-634-15091-1
  72. ^ 西ヶ谷恭弘; 阿部和彦; 大橋健一; 笹崎明、西ヶ谷恭弘編 『城郭の見方・調べ方ハンドブック』 東京堂出版、2008年。ISBN 978-4-490-20636-4 
  73. ^ 川岡勉「武家権門の成立と西国領主 : 伊予国の事例から」『愛媛大学教育学部紀要. 第II部, 人文・社会科学』26巻1号、1993年、 11頁。
  74. ^ 北西弘「戦国大名と本願寺--武家門徒の問題をめぐって」『大谷学報』41巻3号、大谷学会、1962年、 16頁。
  75. ^ 西谷正浩「中世後期における山城国上久世荘の農業生産」「中世後期における山城国上久世荘の農業生産」 『福岡大学人文論叢』47巻3号、2015年、 679-730.
  76. ^ 西谷、2015年、pp.40-41
  77. ^ 西谷、2015年、pp.38-39
  78. ^ 西谷、2015年、pp.41-42
  79. ^ 石井彰 (2009年9月24日). “戦国時代は寒冷化による食料争奪サバイバル戦争だった”. 日経ビジネスオンライン. 2017年12月16日閲覧。
  80. ^ “平安、戦国の動乱「寒冷」が一因?”. 読売新聞. (2016年11月9日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?seq=02#!/news_20161108-118-OYTPT50363/list_NEWS%255fMAIN_6 
  81. ^ 湯川敏治「戦国期の公家」『戦国期公家社会と荘園経済』続群書類従完成会、2005年。ISBN 978-4-7971-0744-9
  82. ^ 神田千里『宗教で読む戦国時代』〈講談社選書メチエ〉、2010年、49-87頁。ISBN 978-4-06-258459-3
  83. ^ 有光友學編 『戦国の地域国家』 吉川弘文館〈日本の時代史12〉、2003年、16頁。 
  84. ^ 太田牛一「信長公記」巻14、八月朔日御馬揃への事。
  85. ^ 松本和也 「宣教師から見た信長・秀吉」、堀新編 『信長公記を読む』、2009年、124-125頁。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戦国時代_(日本)」の関連用語

戦国時代_(日本)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



戦国時代_(日本)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦国時代 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS