毛利輝元とは?

もうり‐てるもと【毛利輝元】

[1553〜1625]安土桃山時代武将元就(もとなり)の孫。織田信長反抗し、豊臣秀吉攻撃を受けたが、本能寺の変によって和睦。のち、秀吉仕え五大老一人となったが、関ヶ原の戦い西軍参加したため所領長門周防(すおう)2国に削られた。


毛利輝元

読み方もうり てるもと

安土・桃山時代中国地方大名。隆元の子で、元就の孫。幼名は幸鶴丸法名を宗瑞。父の急死によって家督相続織田信長対立したが、備中高松城羽柴秀吉講和を結び、本願寺の変後は秀吉属す文禄・慶長の役大将として出動五大老一人として重きをなした。関ヶ原の戦後、減封されたが一族家臣協和につとめ、毛利家存続の礎を築いた。寛永2年(1625)歿、73才。

毛利輝元(もうり てるもと) 1553~1625

○幸鶴丸 少輔太郎 右衛門督 右馬頭 侍従 参議 権中納言
◇父:毛利隆元 室:宍戸隆家女、児玉元良女、羽根元泰女、井上就正女 子毛利右近衛権少将秀就、日向守就隆
 父の死後、安芸毛利氏当主となるが若年の為、祖父元就、その死後吉川元春小早川隆景の両叔父両川”の後見を受けるが、凡庸な武将であったという。羽柴(豊臣)秀吉講和して以後は、秀吉に従い、朝鮮出兵では大将として渡海豊臣家五大老一人に列せられた。関ヶ原の戦いでは石田三成安国寺恵瓊に担がれて、西軍総帥格になった。合戦では積極的には出なかったが、責任を取らされて防長2国に減封となった。
毛利元秋(もうり もとあき) 1552~1585→椙杜元秋
毛利元清(もうり もときよ) 1551~1597穂田元清
毛利元綱(もうり もとつな) ????~????→相合元綱
毛利元倶もうり もととも) 1555~1571→出羽元倶

毛利輝元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 13:53 UTC 版)

毛利 輝元(もうり てるもと)は、戦国時代後期(安土桃山時代)から江戸時代前期にかけての武将大名安芸戦国大名毛利氏の14代当主。









毛利輝元と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毛利輝元」の関連用語

毛利輝元のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



毛利輝元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2021 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毛利輝元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS