黒田長政とは?

くろだ‐ながまさ【黒田長政】

[1568〜1623]安土桃山から江戸初期武将。孝高(よしたか)の子豊臣秀吉に従い、九州平定文禄の役慶長の役活躍秀吉死後関ヶ原の戦いでは徳川方につき、大功立てて筑前52万石拝領


黒田長政

作者大栗丹後

収載図書戦国武将まんだら秘本三十人伝
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.8
シリーズ名春陽文庫


黒田長政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 03:23 UTC 版)

黒田 長政(くろだ ながまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名筑前国福岡藩初代藩主。




注釈

  1. ^ 子女名は『黒田家譜』による
  2. ^ 不破矢足邸跡は五明稲荷社となっており、現代にいたるまで松寿丸(長政)が匿まわれた時に植えたといわれるイチョウの木が残っていたが、腐食による倒木のおそれから2016年2月に伐採され、新たに若木を育成している。[3][4]
  3. ^ 身代りとして松寿丸の遊び相手の首を差し出すことにより松寿丸自身の命は助かった。この身代りの親に対し、如水親子は後に扶持を与えている。この信長に対する処刑確認、いわゆる首実検の際、身代りの首を信長の前に届ける使者となったのも不破矢足であった。
  4. ^ のちに長政は不破矢足を召し抱えようとするが、矢足自身はこれを固辞し、矢足の長男が福岡藩士となる。
  5. ^ この際、信長は松寿丸の処刑を命じたことを悔やんだと伝えられ、また、松寿丸が生きていたことを知らされて安堵したと伝わる。
  6. ^ 小豆島の「大坂城石垣石切丁場跡」は、石切丁場としては初めて、国の史跡に指定されている。
  7. ^ 基次にはこの件以外にも長政の命令を軽視した逸話が数多く残っている。
  8. ^ 井上庸名(つねな)は井上之房(九郎右衛門)の子でのちに徳川旗本に転身。異母妹達が大名家に嫁いでいるので不憫に思った長政は遺言で2,000石の化粧領と母・光の財産は全て菊に渡すよう命じている。(黒田文書)
  9. ^ 黒田文書によれば、当初、徳姫は徳川家光の正室になる旨、準備されていたという。母・栄姫と家光生母のお江与との交換書簡にその記述が残っているが、何らかの理由で中止になり家光は五摂家鷹司家から正室を迎えた。

出典

  1. ^ 黒田長政と後藤又兵衛の嫉妬と敵がい心の効用”. 東洋経済オンライン (2020年7月28日). 2020年7月28日閲覧。
  2. ^ 金子堅太郎『黒田如水伝』博文館、1916年。
  3. ^ 岐阜県不破郡垂井町文化財アーカイブなど多数
  4. ^ “さよなら大イチョウ”. 読売新聞. (2016年2月10日). http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20160209-OYTNT50138.html 
  5. ^ a b 『黒田家譜』
  6. ^ 吉永 1997, pp. 258-286.
  7. ^ 吉永 1997, pp. 276-290.
  8. ^ 『懲毖録』
  9. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』近代文芸社、2000年、103頁。
  10. ^ 福田千鶴「大坂冬の陣開戦までの西国大名の動向―黒田長政・島津家久を中心に―」『九州文化史研究所紀要』59号、2016年。
  11. ^ 黒田52万石を救った 栗山大膳
  12. ^ 渡邉 2013.
  13. ^ 黒田如水』 - 国立国会図書館デジタルコレクション p216
  14. ^ 黒田如水伝』 - 国立国会図書館デジタルコレクションp530-531
  15. ^ 「やり過ぎたと思うくらい暴れん坊」 岡田准一、ラスト「軍師官兵衛」を語る”. 産経新聞社 (2014年11月25日). 2021年1月4日閲覧。
  16. ^ 本郷和人「戦国武将のLOE」『週刊文春』1月1日号、2014年。
  17. ^ 悪のウルトラマン・ベリアルも登場! “ウルフェス前夜祭”をレポート!!”. 電撃オンライン (2009年7月23日). 2019年5月28日閲覧。


「黒田長政」の続きの解説一覧



黒田長政と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒田長政」の関連用語

黒田長政のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒田長政のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒田長政 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS