上杉治憲とは?

うえすぎはるのり うへすぎ- 【上杉治憲】 ○


上杉治憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 02:42 UTC 版)

上杉 鷹山(うえすぎ ようざん) / 上杉 治憲(うえすぎ はるのり)は、江戸時代中期の大名出羽国米沢藩9代藩主。




注釈

  1. ^ 末期養子の禁に抵触して無嗣断絶となるのを回避するため、公家の子弟から替え玉の藩主が擁立された。なお、当初は治憲が相良家の養子に所望されていたが、既に上杉家との養子話が進行中だったため弟が選ばれた経緯があった。
  2. ^ 実際、家臣団の人数は47万石の福岡藩にほぼ相当していた。
  3. ^ 新しい鉄製の鍋・釜・鉄瓶などで湯を沸かすときに染み出る鉄臭い渋味
  4. ^ なお、武鑑の『諸大名御隠居方並御家督』で治憲の表記が「米沢侍従越前守藤原治憲」から「米沢侍従鷹山藤原治憲」に変更されたのは文化9年(1812年)からである。
  5. ^ 現代では鷹山の和歌の方が馴染みがあるが元々は武田信玄の名言をコピーしたもので、武田信玄の名言「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人のはかなさ」を変えて言ったものとされる。「してみせて 言って聞かせて させてみる」の言葉を残しており、山本五十六(武田家家臣山本勘助の子孫と伝えられる山本家の養子)も信玄の影響を受けたとされる。[要出典]
  6. ^ 米沢城は東門が正門で藩主専用、北門が藩士、出入りの者の通用門である。
  7. ^ このように言われているが、この時、宗勝は既に死亡している。実際には徳川宗睦と思われる。

出典

  1. ^ a b 故上杉輝虎外四名贈位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10110299500 
  2. ^ 海音寺潮五郎 『武将列伝 江戸篇』 文藝春秋〈文春文庫〉、2008年7月10日、新装版。ISBN 978-4167135577
  3. ^ 横山 1987.
  4. ^ 宮本義己 『歴史をつくった人びとの健康法―生涯現役をつらぬく―』 中央労働災害防止協会、2002年、116-117頁。
  5. ^ a b 安田尚義 『高鍋藩史話』 鉱脈社、1998年。ISBN 4860613325
  6. ^ 伝国社 特別展「上杉鷹山~改革への道~” (日本語). 米沢市上杉博物館. 2009年7月20日閲覧。
  7. ^ 三重県立博物館"崇廣堂扁額"
  8. ^ 内村 1995.
  9. ^ a b 奈良本辰也、綱淵謙錠 「藩政を改革した米沢の名君 上杉鷹山」『日本史探訪13 幕藩体制の軌跡』 角川書店、西沢国雄(構成)、角川書店〈角川文庫〉、1984年。ISBN 4041533139
  10. ^ 村田昇. “修身教科書 (pdf)”. 2018年1月25日閲覧。
  11. ^ J.F.ケネディ大統領が就任間もなく、日本人記者とのインタビューで尊敬する人物として、上杉鷹山の名前をあげた。この時の記事を探している。”. レファレンス事例詳細(Detail of reference example). レファレンス協同データベース (2012年8月1日). 2018年1月25日閲覧。
  12. ^ 小野榮 『シリーズ藩物語 米沢藩』 現代書館、2006年、204頁。ISBN 4768471048
  13. ^ 鷹山ゆかりの地…ケネディ大使が米沢市訪問”. 日テレNews24 (2014年9月27日). 2018年1月25日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上杉治憲」の関連用語

上杉治憲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



上杉治憲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上杉治憲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS