徳川家斉とは?

とくがわいえなり とくがはいへなり 【徳川家斉】 ○

(1773~1841) 江戸幕府第一一代将軍1787~1837)。一橋治斉の長男家治養子幼名千代田沼意次を排して,松平定信老中主座とし,学問奨励寛政の改革を行わせた。定信退任後家親政になると,幕政はゆるみ,爛熟した化政文化現出隠居後も大御所称して実権を握った。側室四〇人,子女五五人を数えた。

徳川家斉

読み方とくがわ いえなり

江戸幕府十一代将軍。一橋治済長男幼名は豊千代院号は文恭院。田沼意次を排して松平定信老中とし、寛政の改革断行させた。定信失脚後、右大臣左大臣太政大臣となり、隠居後も大御所称して政治実権を握った。天保12年(1841)歿、69才。

徳川 家斉 (とくがわ いえなり)

1773〜1841 (安永2年天保12年)
十一代将軍】 十一代将軍。自身実権を握った大御所時代には最も華麗化政文化を生んだ。
十一代将軍(在職1787〜1837)。寛政改革断行した老中松平定信退陣後、ゆるやかな文治政策のもとで、役人賄賂横行治安悪化など、社会問題続出した。将軍引退後も、家斉は大御所として権勢ふるったが、彼自身側室40人に子供55人生ませるなど、政治弛みは続いた。しかし、寛政以後停滞していた江戸文化一気爛熟化し、享楽的退廃的な化政文化を生んだ。

 年(和暦)
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 10
1789年 (寛政元年) 棄捐令 16才
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 17才
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 18
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 24
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 30
1806年 (文化3年) 大火 33才
1808年 (文化5年) フェートン号事件 35
1825年 (文政8年) 異国船打払令 52
1828年 (文政11年) シーボルト事件 55
1829年 (文政12年) 江戸大火 56
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 57
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 64
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 66


 人物
滝沢 馬琴 1767年1848年 (明和4年嘉永元年) +6
雷電 為衛門 1767年1825年 (明和4年文政8年) +6
佐藤 信淵 1769年1850年 (明和6年嘉永3年) +4
近藤 重蔵 1771年1829年 (明和8年文政12年) +2
間宮 林蔵 1775年1844年 (安永4年弘化元年) -2
式亭 三馬 1776年1822年 (安永5年文政5年) -3

徳川家斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/22 07:05 UTC 版)

徳川 家斉(とくがわ いえなり)は、江戸幕府の第11代征夷大将軍(在任:1787年 - 1837年)。




  1. ^ 藤田覚「一九世紀前半の日本 -国民国家形成の前提-」(初出:『岩波講座日本通史 15』(岩波書店、1995年) ISBN 978-4-00-010565-1/改題「近世後期政治史と朝幕関係」所収:藤田『近世政治史と天皇』(吉川弘文館、1999年) ISBN 978-4-642-03353-4 序章
  2. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』(新潮新書2005年5月ISBN 978-4106101199)より。また、謎解き!江戸のススメBS-TBS2015年3月9日放送)でも紹介された。







徳川家斉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「徳川家斉」の関連用語

徳川家斉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



徳川家斉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2018 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川家斉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS