政治哲学とは?

せいじ‐てつがく〔セイヂ‐〕【政治哲学】


政治哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 15:40 UTC 版)

政治哲学(せいじてつがく、英語: Political philosophy)は、政治に関する哲学である。政治思想ともいう。現代では政治理論と言い換えられることが多い[1]




  1. ^ 犬塚元 (2014年). “政治理論研究の現在──「規範を論じるエッセイ」からの脱却──井上彰・田村哲樹編『政治理論とは何か』に寄せて”. www.fuko.co.jp. 風行社. 2020年10月18日閲覧。
  2. ^ 梅本克己 『唯物論入門』 清水弘文堂書房 pp.139 - 140.pp.148 - 150において、観念論が否定された経緯が記されている。


「政治哲学」の続きの解説一覧



政治哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「政治哲学」の関連用語

政治哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



政治哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政治哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS