科学哲学とは? わかりやすく解説

かがく‐てつがく〔クワガク‐〕【科学哲学】


科学哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 14:38 UTC 版)

科学哲学(かがくてつがく、英語: philosophy of science)とは、科学を対象とする哲学的な考察のことである[1][2][3][4]


注釈

  1. ^ それでも、ドイツ観念論と電磁気学の間に関わりがあったことなどが知られている。
  2. ^ ハーシェルもまた高名な天文学者であった。

出典

  1. ^ a b c d Yahoo!百科事典【科学哲学】黒崎宏 執筆
  2. ^ a b c d e 『岩波 哲学・思想事典』【科学哲学】野家啓一 執筆
  3. ^ britannica.comthe study, from a philosophical perspective, of the elements of scientific inquiry.
  4. ^ a b 『世界大百科事典』【科学哲学】坂本百大 執筆
  5. ^ Atkin, Emily (2017年3月1日). “Is the March for Science Bad for Scientists?”. The New Republic. ISSN 0028-6583. https://newrepublic.com/article/140944/march-science-bad-scientists 2022年7月16日閲覧。 
  6. ^ 中山、2008、pp1
  7. ^ : causation
  8. ^ : nature of experimentation
  9. ^ : free will and determinism
  10. ^ : induction and probability
  11. ^ : nature of (scientific, natural) laws
  12. ^ : philosophy of mathematics
  13. ^ : the reality of theoretical entities
  14. ^ : the reality of unobservables
  15. ^ : technology and science
  16. ^ : validity of the social sciences


「科学哲学」の続きの解説一覧

科学哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 16:01 UTC 版)

カール・ポパー」の記事における「科学哲学」の解説

科学哲学におけるポパー貢献としては以下のようなものが挙げられる疑似科学科学間の境界設定を科学哲学の中心課題として認識したこと科学とは何であるか考えるうえで、従来論理実証主義的な立場では、形而上学的でない言説特徴に、また、命題の意味検証するための理論に、主眼置かれていた。しかしポパーは、問題の所在が、意味性にではなく科学性と非科学性分け隔てるところの方法性にこそある、と主張した反証可能性基軸とする科学的方法提唱したこと反証されえない理論科学的ではない、というのがポパー考えである(cf. 反証主義)。自らを反証する論理命題内蔵しないという場合はあるわけで、このような命題基づ理論とその支持者が自らに対する反定立存在無視ないしアドホック回避するところではその一連の理論体系実質的に反証不可能となり、そこに大きな危険があるのだとポパー指摘した(この指摘立場自体を、ポパー自身は識別しなかったが、ラカトシュ省みて方法論的反証主義呼んだ)。 蓄積主義的でない科学観を提案したこと反証主義背景にはヒューム的な見解、すなわち、或る理論肯定する事例その理論立証することにはならない、という考え方がある。科学の進歩は、或る理論にたいする肯定的な事例蓄積してこれを反証不可たらしめゆくところ起こるのではなく否定的な事例反証した或る理論別の新し理論がとって代えるところで起こる、というのがポパー科学観の背景的な見解としてある。 知識あり方進化論的論じたこと適者生存法則重きを置く進化論観点から知識はいかに発展するものであるかを説明した確率にまつわる新しい説を打ち出したこと確率客観的に説く立場新しいものとして、「或る事象特定的にもたらす傾向内在するシステム」が確率実体であるとポパー考えた

※この「科学哲学」の解説は、「カール・ポパー」の解説の一部です。
「科学哲学」を含む「カール・ポパー」の記事については、「カール・ポパー」の概要を参照ください。


科学哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 15:22 UTC 版)

新しい種類の科学」の記事における「科学哲学」の解説

NKS」で提案されているのは、システム単純であればあるほど、その変形したものさまざまな種類のより複雑なコンテキスト繰り返される可能性高くなるということである。このためNKS」では、組織的に単純なプログラム探究することによって、再利用できる知識到達する論議する。しかし多くの科学者たちは、すべてのパラメータの中でその一部だけが実際に起るものだと考える。例えば、方程式形作る記号可能な置換の殆どは基本的に意味をなさないまた、単純なシステムすべてのシステム何らかの形で表しているという「NKS」の意見に対して反対する人もいる。

※この「科学哲学」の解説は、「新しい種類の科学」の解説の一部です。
「科学哲学」を含む「新しい種類の科学」の記事については、「新しい種類の科学」の概要を参照ください。


科学哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 19:32 UTC 版)

ジェグォン・キム」の記事における「科学哲学」の解説

科学哲学におけるキム批判対象は、20世紀後半クワインによって広められた「自然化された」認識論である。キム論文「『自然化された認識論』とは何か」は大きな反響得たが、この論文において、「自然化された」認識論とは厳密な意味における認識論ということではない。つまりこの認識論目的は単に記述的なものであるが、一般に認識論と言えば認識について規範的要請をすることが期待されているからであるキムによれば認識論には規範的性質欠かせないので、(人はこのように認識しているというような)単なる記述ではある信念がどうして正当とみなされるのかを説明できない自然化された認識論はいかに正当化が可能かという問題を解くことができず、それゆえ認識論についての伝統的アプローチ持ってたような野心共有しない。記述的信念の地位どこまでも信念なのであり、認識とは言えない。自然化された認識論以上の点で、認識論という言葉から期待される問題の解決役立たない

※この「科学哲学」の解説は、「ジェグォン・キム」の解説の一部です。
「科学哲学」を含む「ジェグォン・キム」の記事については、「ジェグォン・キム」の概要を参照ください。


科学哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 23:56 UTC 版)

真実らしさ」の記事における「科学哲学」の解説

科学疑似科学との間の線引き問題は、現在でも解決されてない問題であり、科学哲学者のカール・ポパー反証テストなどを使って人文科学分野で「理論確からしさ」を証明しよう試みた

※この「科学哲学」の解説は、「真実らしさ」の解説の一部です。
「科学哲学」を含む「真実らしさ」の記事については、「真実らしさ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「科学哲学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「科学哲学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



科学哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

科学哲学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



科学哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの科学哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカール・ポパー (改訂履歴)、新しい種類の科学 (改訂履歴)、ジェグォン・キム (改訂履歴)、真実らしさ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS