エルンスト・マッハとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > エルンスト・マッハの意味・解説 

マッハ【Ernst Mach】

【一】[1838〜1916]オーストリア物理学者哲学者波動超音速について研究し、マッハ数概念導入ニュートン力学時間空間などの概念批判的検討。また実証主義経験批判論を展開してその先駆者となった。著「力学の展開」「感覚の分析」「認識誤謬(ごびゅう)」など。

【二】マッハ数


エルンスト・マッハ

相対性理論に影響を与えたオーストリアの物理学者

実証主義哲学論客として有名なエルンスト・マッハ(1838~1916)は、オーストリア物理学者ウィーン大学物理学専攻物理学学位取りましたが、彼の学問的功績は、18世紀ニュートン提唱した絶対空間概念アルバート・アインシュタインに先がけて否定し、相対性理論構築大きな影響をおよぼしたことです。


超音速飛行機が飛ぶ現代に、その名が生き続ける

空気流の実験をおこなったマッハは、空気中を動く物体速さ音速を超えたとき、その物体に対す空気性質が急激に変化することに気づきました。現在、与えられた温度での空気中での音の速さマッハ1と呼ばれ、音速の2倍がマッハ2、3倍がマッハ3呼ばれています。現代超音速飛行機が飛ぶ時代に、マッハの名前は脈々と生き続けているのです。


エルンスト・マッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 14:10 UTC 版)

エルンスト・ヴァルトフリート・ヨーゼフ・ヴェンツェル・マッハErnst Waldfried Josef Wenzel Mach1838年2月18日 - 1916年2月19日)は、オーストリア物理学者科学史家哲学者。日本ではマッハ数の由来でも知られる。チェコモラヴィアブルノ=フルリツェ(当時、オーストリア帝国モラヴィア州ヒルリッツ)出身である。


注釈

  1. ^ 尚、当時、分子なるものが存在するかどうかについて、科学者たちの見解は一致を見ず、科学界の大御所のマッハの見解は大きな影響力を持ち、それを支持する科学者が多数であった。ただし、[要出典]ボルツマン流の世界観を支持する科学者もおり、科学界は混乱していた。だが、20世紀初頭にアインシュタインがブラウン運動の研究で分子の存在を示したことで、一旦、当時の科学者の間では見解が落ち着き、1916年にマッハが死去したので、収束した形になった。その後、一応「原子」と呼ぶことができる存在があるようだ、と科学者たちから認識されたが、だがその後、当時原子と呼ばれ分割不可能なように信じられた存在も内部構造があるということがわかり、、《直接知覚できない最小単位》を前提にして組み立てる仮説(=原子論素粒子論)のような方法で知識を構築することが果たして妥当かどうか、という認識論上の懐疑は、数十年を経て、再認識されるようになっており、認識論上はマッハの考え方の価値は現在でも(肯定的に)評価されている[要出典][誰によって?]。物理学的には、形而上学的概念であろうとなんだろうと測定値は事実であり、また、《直接知覚できない単位》といったようなものについて「モデル」として捉える、という手法で問題は起きておらず、形而上学的概念だというレッテルがあったとしてもそれは物理学の問題ではない。また「原子より小さい素粒子が見つかったから」といって以前と同じ議題を持ち出すといったような論法は、ある種の無限退行とも言える。

出典

  1. ^ 谷徹「現象学と経験の可能性の条件」
  2. ^ 『日本大百科全書』(小学館)の「唯物論と経験批判論」の項目を参照。
  3. ^ 『日本大百科全書』(小学館)の「観念論」の項目も参照。
  4. ^ レーニン 『唯物論と経験批判論 上』 新日本出版社〈新日本文庫〉、1979年、48頁。


「エルンスト・マッハ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エルンスト・マッハ」の関連用語

エルンスト・マッハのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エルンスト・マッハのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエルンスト・マッハ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS