宗教哲学とは?

しゅうきょう‐てつがく〔シユウケウ‐〕【宗教哲学】

広義宗教学領域の一。人間理性直観精神のうえに立つ哲学的思弁によって、宗教一般本質意義を探る学問信仰立場から研究する神学とは区別される。


しゅうきょうてつがく 【宗教哲学】

宗教普遍的本質価値哲学方法研究する学問経験科学としての宗教学や、特定宗教信仰論理組織する神学とは異なる。宗教哲学(Religionsphilosophie独)という用語は、カント近代最初に用いた。

宗教哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 20:56 UTC 版)

宗教哲学(しゅうきょうてつがく、英語:philosophy of religion)とは、宗教の存在意義や本質を究明する哲学の一分野である。18世紀末ごろにヨーロッパにおいて成立した。特定宗教の信仰内容を学問的に基礎づけることを目的とする神学や、もろもろの宗教現象を学際的な方法によって実証的に研究する宗教学とも異なり、宗教一般の本質ないし、あるべき姿を探求するとともに、宗教を理性にとって納得のゆくものとして理解することを目的とする。






「宗教哲学」の続きの解説一覧



宗教哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宗教哲学」の関連用語

宗教哲学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宗教哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗教哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS