死とは?

[1] 【死】

死ぬこと。生物生命活動終止すること。 ⇔ 「父の-」 「 -に臨む」 「 -に瀕(ひん)す」
死罪

【し】[漢字]

【士】 [音]
立派な男子。 「隠士義士高士居士こじ)・紳士壮士名士
将校。 「士官士卒下士官
戦場で活躍する人。 「戦士兵士勇士
【子】 [音] シ ・ス
生まれ出たもの。
こども。 「子孫子弟義子孝子妻子庶子赤子母子養子嫡出子
むすこ。 「子女子息王子おうじ)・世子太子嫡子長子
動植物種子性細胞。 「子囊しのう)・子房子葉種子精子胞子卵子
もとから生じたもの。 「利子
人。 「才子女子男子遊子
男子対す敬称。特に学問などで一家をなした人。 「君子孔子荀子じゆんし)・孫子孟子老子韓非子かんぴし)・諸子百家
小さいもの。 「原子黒子電子粒子中間子
漢字一字添え二字漢語作る。特に意味はない。 「《シ》格子骨子冊子障子しようじ)・調子拍子帽子楊子ようじ)」 「《ス》椅子いす)・金子扇子払子ほつす)・様子
十二支第一。ね。 「甲子かつし)・子午線
〔「仔」に同じ〕 こまかい。 「子細
五等爵第四位。 「子爵
【 尸 】 [音]
しかばね死体。 「尸解尸諫しかん)」
職責を果たさない。 「尸禄しろく)・尸位素餐しいそさん)」
【 巳 】 [音]
十二支第六。み。 「己巳元巳上巳
【支】 [音]
ささえる。 「支援支持支柱
分かち与える。 「支給支出収支
暦法などに用いる、えと。 「干支十二支
さしつかえる。つかえ。 「支障
支那しな)」の略。 「日支」 〔「支那」は、外国人中国を呼んだ称。インドでの呼称音訳
【止】 [音]
ふみとどまる。動かない。 「止宿挙止静止停止明鏡止水
運動変化さまたげる。行動やめさせる。 「止血諫止かんし)・禁止制止阻止抑止
やめる。おわる。 「休止終止中止廃止
【氏】 [音]
うじ。同一血族集団。 「氏姓氏族源氏げんじ)・姓氏平氏
姓。名字。 「氏名
人を表す。 「諸氏両氏
【 仔 】 [音]
こまかい。 「仔細
こ。動物の子。 「仔虫
【仕】 [音] シ ・ジ
官職につく。 「仕官・仕進・仕途出仕致仕
目上の人につかえる。 「給仕きゆうじ)・奉仕
【司】 [音] シ ・ス
つかさどる。 「司会司教司祭司書司直司法司令宮司ぐうじ)・殿司でんし)((でんす))
【史】 [音]
記録係の役人。 「史生ししよう)・侍史女史
【四】 [音]
よっつ。よん。 「四角四季四肢しし)・四時しじ)((しいじ))四徳
四回。また、多数。 「四苦八苦四分五裂
【市】 [音]
物を売買するところ。いち。 「市価市況市場市販互市
人が多く集まるところ。まち。 「市街市井城市都市
【矢】 [音]
武器一種。や。 「矢刃矢石一矢嚆矢こうし)」
【示】
⇒ じ〔示〕 [漢]
【 弛 】 [音] シ ・チ
ゆるめる。ゆるむ。 「弛緩しかん)((ちかん))弛張弛廃」 〔「チ」の音は慣用
【旨】 [音]
美味である。うまい。 「旨酒
考え内容。むね。 「旨意旨趣趣旨聖旨宣旨せんじ)・勅旨本旨密旨要旨令旨りようじ)((れいし))
【 此 】 [音]
この。これ。 「此岸此君彼此
【死】 [音]
命が絶える。しぬ。 「死活死刑死傷死生死体死人死別死亡死滅横死客死餓死枯死情死必死病死安楽死半死半生酔生夢死
役に立たない。活動ていない。 「死角死語死蔵死物死文死火山
きわめて危険なさま。 「死線死地死中
命がけ。 「死守死闘死力決死必死
野球で、アウト。 「二死満塁
【糸(絲)】 [音]
いと。 「金糸絹糸蚕糸製糸撚糸ねんし)・紡糸綿糸
いとのように細いもの。 「菌糸遊糸柳糸
弦楽器。 「糸管糸竹
1の1万分の1。転じてきわめて少ない。 「糸毫しごう)」 〔本来、「糸」の音は「ベキ」で、細いいとの意。より糸の意の「絲()」とは別字
【至】 [音]
行きつく。いたる。 「乃至ないし)・必至
この上ない。 「至急至近至言至高至極しごく)・至上至情至人至誠至尊至大至徳至難至宝至要
太陽南北達すること。 「夏至冬至とうじ)」
【伺】 [音]
様子をみる。安否をたずねる。また、そばにいて世話をする。 「伺候奉伺
【 址 】 [音]
建造物などのあったあと。 「遺址旧址城址
建物土台。 「基址
【志】 [音]
主義信念。 「志士志節志操同志
書きしるす。記録。 「三国志
志摩しま)国」の略。 「志州
【私】 [音]
個人の。おおやけでない。わたくし。 「私営私行私事私塾私人私設私邸私鉄公私
ひそかな公認されない。 「私刑私語私淑私通私生児
【使】 [音]
つかう。 「使役使丁使途使用駆使行使酷使
つかい。つかわす。 「使者使臣使節使徒急使公使正使大使勅使天使特使密使遣唐使
使用者」の略。 「労使
【 侈 】 [音]
おごりたかぶる。ぜいたく。 「驕侈きようし)・奢侈しやし)」
【刺】 [音] シ ・セキ
突きさす。さす。さし殺す。 「刺客しかく)((しきやく)・ (せつかく))刺戟しげき)・刺激刺殺しさつ)・刺繡ししゆう)・刺青
とげ。針。 「有刺鉄線
そしる。 「風刺
名ふだ。 「名刺
【始】 [音]
はじめ。物事はじまり。 「始終始末元始原始終始年始
はじめる。はじまる。 「始業始動始発開始創始
【姉】 [音]
あね。 「姉弟姉妹義姉長姉
婦人対す親称または敬称。 「貴姉諸姉大姉
】 [音]
木のえだ。 「枝幹枝葉剪枝せんし)」
中心から分かれ出たもの。 「枝族連枝
【 祀 】 [音]
まつる。神としてまつる。 「祀典祭祀宗祀
【祉( 祉 )】 [音]
神からさずかる、さいわい。 「福祉
【肢】 [音]
てあし。 「肢骨肢体四肢
わかれた部分。 「選択肢
【姿】 [音]
すがた。 「姿勢姿体姿態英姿艶姿風姿雄姿容姿
【 屍 】 [音]
しかばね死体。 「屍骸しがい)・屍柩しきゆう)・屍体死屍
【思】 [音]
考える。おもう。 「思案思惟しい)((しゆい))思考思索思想思念思弁思慮意思三思熟思静思沈思・不思議
愛する。したう。 「思慕相思
【指】 [音]
ゆび。 「指圧指弾指紋屈指食指無名指
さし示す。 「指揮指呼指示指事指針指数指定指摘指導指南指標指名指令
【施】 [音] シ ・セ
実際に行う。 「施工しこう)((せこう))施行施策施政施設実施
めぐみ与える。ほどこす。 「《セ》施行せぎよう)・施主施肥施米施薬施療布施施餓鬼せがき)」
【師】 [音]
おしえる人。先生。 「師事師匠師弟師伝師範師表師風恩師教師先師
宗教上の先生。 「国師禅師ぜんじ)・祖師大師導師法師牧師律師宣教師
技術者専門家。 「医師経師きようじ)・仏師講釈師薬剤師理髪師
軍隊。 「師団王師水師出師すいし)」
人の集まるところ。 「京師けいし)」
【恣】 [音]
ほしいまま。勝手気まま。 「恣意恣行驕恣きようし)・放恣
【 疵 】 [音]
きず。きずあと欠点。 「疵瑕しか)・瑕疵かし)・小疵
【 祠 】 [音]
まつる。神や祖先の霊をまつる。 「祠官
ほこら。やしろ。 「祠宇祠堂淫祠いんし)」
【紙】 [音]
かみ。 「紙幣原紙色紙白紙半紙筆紙用紙洋紙和紙
書物文書。 「紙背紙幅
新聞紙」の略。 「紙上紙面機関紙業界紙日刊紙
【 翅 】 [音]
のはね。 「前翅展翅
【脂】 [音]
樹木のやに。 「脂燭しそく)((ししよく))樹脂
化粧用のべに。 「脂粉臙脂えんじ)」
】 [音]
アズサの木。 「桑梓
版木はんぎ)。転じて印刷。 「上梓
【紫】 [音]
むらさきいろ。 「紫衣しえ)((しい))紫雲紫煙紫紺紫綬しじゆ)・紫檀したん)・紅紫紫外線
帝や仙人などに関するものを示す語。 「紫禁城紫宸殿ししんでん)」
【視( 視 )】 [音]
見ること。 「視覚視線視野視力遠視近視乱視視神経
注意して見る。 「視察監視凝視検視注視直視
考える。…とみなす。 「軽視重視敵視重大視
【 趾 】 [音]
あし。踝(くるぶし)から下。 「趾骨
建物などがあったあと。「址」に同じ。 「城趾
【 弑 】 [音] シ ・シイ
君主・父を殺す。 「弑逆しぎやく)((しいぎやく))簒弑さんし)」
【 斯 】 [音]
これ。この。 「斯界斯学斯業斯道
【詞】 [音]
言葉文章詩文。 「詞華詞章詞宗詞藻詞林祝詞賞詞誓詞通詞つうじ)」
【歯(齒)】 [音]
動物の、は。 「歯牙しが)・歯齦しぎん)・歯根歯槽歯列臼歯きゆうし)・犬歯乳歯抜歯門歯永久歯明眸皓歯めいぼうこうし)」
年齢。よわい。 「歯序歯徳年歯
【 嗜 】 [音]
たしなむたしなみ。このむ。このみ。 「嗜好嗜癖嗜眠嗜欲
【嗣】 [音]
相続する。つぐ。あとつぎ。 「嗣君嗣子継嗣後嗣嫡嗣法嗣令嗣
【 滓 】 [音]
かす。 「渣滓さし)・残滓
【 肆 】 [音]
ほしいまま。 「驕肆きようし)・放肆
品物を並べた店。 「肆店酒肆書肆
数字「四」の大字金銭証書などに用いる。 「金肆参阡円」
【詩】 [音]
韻文。 「詩歌しいか)・詩稿詩材詩情詩人詩聖詩壇詩文漢詩唐詩律詩散文詩叙事詩抒情詩新体詩
五経の一。 「詩経詩書毛詩
【試】 [音]
試験」の略。 「再試・追試入試
【資】 [音]
もと。材料また、もとで。 「資金資源資材資財資産資本資料資力学資投資物資軍資金
たすける。 「資益師資
資本家」の略。 「労資
【雌】 [音]
生物のめす。 「雌蕊しずい)・雌伏雌雄
【飼】 [音]
えさをやる。やしなう。かう。 「飼育・飼養飼料
【誌】 [音]
記録文章また、それらを収録した冊子。 「雑誌地誌日誌墓誌
雑誌」の略。 「誌上誌面会誌機関誌月刊誌週刊誌
【 嘴 】 [音]
くちばしくちばしのように突出した所。 「砂嘴断嘴
【 幟 】 [音]
のぼり。はた。しるし。 「旗幟旌幟せいし)」
【摯】 [音]
まごころがある。 「摯実真摯
【賜】 [音]
たまわる。くださる。 「賜暇賜金賜与恩賜下賜恵賜賞賜特賜
【 熾 】 [音]
さかん。勢いがよい。また、火をおこす。 「熾盛しじよう)((しせい))熾烈
【 諡 】 [音]
【諮】 [音]
上の者が下の者の意見をきく。はかる。 「諮詢しじゆん)・諮問


死, 死亡

【英】:Death

生物本来の代謝機転機能永久停止した状態をいう。呼吸循環及び中枢神経機能停止をもって死と見なされる臨床的には心拍動停止あるいは呼吸停止をもって死とみなす。
死亡個体発見死亡、瀕拍屠殺瀕死屠殺計画屠殺カニバリズム(Cannibalism)、自己融解(Autolysis)について記録する。
マウスラットウサギイヌサル

コルンゴルト:死

英語表記/番号出版情報
コルンゴルト:死"Der Tod"作曲年: 1907年 

作者アルチバシエツフ

収載図書鴎外全集 第7巻 小説 戯曲 7
出版社岩波書店
刊行年月1987.6


作者ザイツエフ

収載図書編年体大正文学全集 第1巻 大正元年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.5


作者島崎藤村

収載図書島崎藤村短編集 第2巻 藤村集・散
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


作者イタロ・カルヴィーノ

収載図書柔かい月
出版社河出書房新社
刊行年月2003.9
シリーズ名河出文庫


作者平澤計七

収載図書創作勞働問題
出版社西田勝平和研究
刊行年月2003.10
シリーズ名復刻版社会文学叢書

収載図書平澤計七作品集
出版社論創社
刊行年月2003.12


作者国木田独歩

収載図書牛肉と馬鈴薯 酒中日記 36改版
出版社新潮社
刊行年月2005.12
シリーズ名新潮文庫



作者吉江孤雁

収載図書明治大正小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4


作者椰月美智子

収載図書みきわめ検定―超短編を含む短編集
出版社講談社
刊行年月2008.10


作者武者小路実篤

収載図書武者小路実篤全集 第3巻
出版社小学館
刊行年月1988.4


作者北杜夫

収載図書昭和文学全集 22
出版社小学館
刊行年月1988.7


作者アルツィバーシェフ

収載図書諸国物語
出版社筑摩書房
刊行年月1991.12
シリーズ名ちくま文庫


作者松谷みよ子

収載図書小説捨てていく話
出版社筑摩書房
刊行年月1992.11


作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集 第3巻 〔復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.6



作者安部公房

収載図書安部公房全集 1 1942.12-1948.5
出版社新潮社
刊行年月1997.7


作者中村星湖

収載図書精選 中村星湖
出版社早稲田大学出版部
刊行年月1998.11


読み方:おめでたい

  1. 死ぬること。往生。(一)めでたからねば戯れ逆さごとをいふ。「親分は-くなッたよ」。(二)年に不足なき高齢者の死。

分類 東京


読み方:くたばる

  1. 死スコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・大阪府
  2. 倒死、往生に同じ、死を卑しみていふ語。「-つた」。「-りそくない」。

分類 大阪府東京


読み方:ごねる

  1. 死亡-〔関東阪神地方〕。〔第四類 言語動作
  2. 死ぬと云ふことの下等語。「〓屋のおやぢもとうとう-た」。
  3. 死ぬることをいふ。

分類 東京下等語、関東阪神地方


読み方:しぬ

  1. 人品賎くして、金策覚束なき客をいふ。附馬仲間隠語

分類 東京附馬仲間

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 09:42 UTC 版)

(し、英語: death)とは、




  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1127
  2. ^ a b 大辞泉
  3. ^ a b Aubrey D.N.J, de Grey (2007). “Life Span Extension Research and Public Debate: Societal Considerations” (PDF). Studies in Ethics, Law, and Technology 1 (1, Article 5). doi:10.2202/1941-6008.1011. http://www.sens.org/files/pdf/ENHANCE-PP.pdf 2011年8月7日閲覧。. 
  4. ^ 養老孟司 2004, p. 55.
  5. ^ a b 養老孟司 2004.
  6. ^ a b 養老孟司 2004, p. 69.
  7. ^ a b c d 養老孟司 2004, p. 57.
  8. ^ 養老孟司 2004, p. 67.
  9. ^ 養老孟司 2004, p. 59.
  10. ^ a b 養老孟司 2004, p. 58.
  11. ^ a b c d 養老孟司 2004, p. 70.
  12. ^ 村上陽一郎『生と死への眼差し』青土社 2000、ISBN 4791758625
  13. ^ 養老孟司 2004, p. 68.
  14. ^ 関西医科大学大学院法医学生命倫理学研究室サイト掲載情報関西医科大学法医学講座
  15. ^ エドガー・アラン・ポー早すぎた埋葬』:青空文庫
  16. ^ http://www.stat.go.jp/data/chouki/02.htm
  17. ^ http://www.stat.go.jp/data/chouki/zuhyou/02-28.xls
  18. ^ a b c d e f g 関西医科大学法医学講座 - 死亡診断書
  19. ^ 「自然死」には老衰による死などが含まれる。
  20. ^ 病死か外因死か不詳の場合には「不詳の死」となる。
  21. ^ 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル - 厚生労働省
  22. ^ 日本人の死因3位に浮上した「肺炎」
  23. ^ a b c マイクル・B・セイボム 「日本版のCarl Beckerによる序文」『「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究』 日本教文社、1986年、i, ii, iii。ISBN 978-4531080427
  24. ^ a b マイクル・B・セイボム 「セイボムによる はしがき」『「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究』 日本教文社、1986年、xiii-xv。ISBN 978-4531080427
  25. ^ Michael B. Sabom, Recollections of Death, 1982
  26. ^ 注:セイボム、キューブラー=ロスらは医学者・科学者である。
  27. ^ マイクル・B・セイボム 「第十一章」『「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究』 日本教文社、1986年、pp.303-315。ISBN 978-4531080427
  28. ^ 『実存主義』松浪信三郎/岩波新書p102-
  29. ^ ハイパー・テキスト版論理哲学論考[1]
  30. ^ この箇所の説くところは、原始仏典である箭喩経[2]に似る。
  31. ^ 樫山欽四郎 『哲学概説』 (初版1964年) 創文社 ISBN 4-423-10004-5ISBN 978-4-423-10004-2)。樫山は、序説部分で、哲学の意義として、人間における実存の諸問題を例示して、このような言葉を述べている。
  32. ^ いいかえると、未来を考えることができる動物は人間だけであるという。
  33. ^ 『論理哲学論考』[3]6.5-6.522を参照
  34. ^ 養老孟司『死の壁』などにも類似の死体分類がある。
  35. ^ エリザベス・ロス 2011.
  36. ^ ビル・グッゲンハイム『生きがいのメッセージ』p.347-348
  37. ^ a b ナンシー・ウッド『今日は死ぬのにもってこいの日』めるくまーる、1995、ISBN 4839700850
  38. ^ a b c d スナイダー 2015, p. 267.
  39. ^ なお、古代ギリシャの悲劇は、作者の死と共に演じられなくなる慣習があったが、唯一アイスキュロスの作品はあまりの人気のために死後も上演された。アリストパネスの喜劇『蛙』に、それについて言及したくだりがある。



出典:『Wiktionary』 (2012/04/04 03:09 UTC 版)

読み

名詞・造語成分

  1. 死ぬこと。生物生命活動止まること。
  2. 死ぬほどの覚悟死に物狂いで何かをすること。
  3. 役に立たない、無意味となる、無力化する

対義語

ことわざ

熟語

関連語句

訳語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



死のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2019 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS