第2巻とは? わかりやすく解説

第2巻(第7話 - 第14話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第2巻(第7話 - 第14話)」の解説

UW日本支部首脳陣は、UW世界本部極秘で「メイティング計画」を進める。絵理沙の残した映像からMKウイルス人工ウイルスであることを知った怜人は、日本支部にて技術長官に監禁されたところを救出される

※この「第2巻(第7話 - 第14話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第2巻(第7話 - 第14話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第2巻(自然学の対象と四原因)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第2巻(自然学対象四原因)」の解説

第2巻 - 自然学対象四原因。全9章第1章 - 自然・自然的とは何か。自然と技術第2章 - 自然学対象と「自然学研究者」の任務。彼らと「数学研究者」及び「第一哲学研究者」との相違第3章 - 転化四原因自体原因付帯的原因第4章 - 偶運と自己偶発。これらについての他の人々の見解第5章 - 偶運とか自己偶発とかは存在するか。またどのように存在するか。偶運の定義。 第6章 - 自己偶発と偶運の相違。これらは転化自体原因ではない。 第7章 - 自然学研究者その四原因の全てから考察し把握せなばならない第8章 - 自然の合目的性エンペドクレス等の機械的必然論への批判第9章 - 自然の世界における必然性意義

※この「第2巻(自然学の対象と四原因)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第2巻(自然学の対象と四原因)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第2巻(疾るワン・ナイト・スタンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:32 UTC 版)

フルメタル・パニック!」の記事における「第2巻(疾るワン・ナイト・スタンド)」の解説

ハイジャック事件から約2か月ミスリル内での様々な思惑絡み名目上は護衛という形で相良宗介千鳥かなめ護衛任務全うしていた。そんな中成田空港税関で、奇妙な行動繰り返して職員襲いかかった少年が逮捕された。タクマ名乗る少年謁見したテレサ・テスタロッサは、彼にラムダ・ドライバ搭載ASを操縦する資質感じ取るが、直後テロリストによる爆破事故巻き込まれるタクマ確保したテッサ宗介助けを求めるが、かなめを巻き込んでしまい、陣代高校へと避難をする。しかし、タクマ策略により居場所テロリスト達に突き止められテッサとかなめは捕虜となっていまう。テロ組織A21』に捕まった2人救出すべく、宗介らは有明停泊する大型コンテナ船侵入し、かなめ達を救出したものの、全長40メートルを超える巨大AS「ベヘモス」の起動許してしまう。 圧倒的な質量ラムダ・ドライバ障壁を持つベヘモスに、通常のASはまったくの無力で宗介たちは軽トラック逃走試みる。無敵のベヘモスを倒すべく、テッサ国際展示場ビッグサイト」にアーバレスト投下するよう指示アーバレスト射撃により、ベヘモス弱点であるラムダ・ドライバ冷却装置破壊され自重支えきれなくなったベヘモス崩壊操縦していたタクマは、姉と思い込んだテッサ抱かれたまま息を引き取った

※この「第2巻(疾るワン・ナイト・スタンド)」の解説は、「フルメタル・パニック!」の解説の一部です。
「第2巻(疾るワン・ナイト・スタンド)」を含む「フルメタル・パニック!」の記事については、「フルメタル・パニック!」の概要を参照ください。


第2巻(アウトサイダー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:59 UTC 版)

テラフォーマーズ」の記事における「第2巻(アウトサイダー)」の解説

卵鞘盗難事件から1か月後、ヤマバ内通していたU-NASA科学者ジャニス・リーテラフォーマーらしき存在に連れ去られる事態発生する。「スカベンジャーズ」というコンビ名与えられたトーヘイとリジーは、ドイツ南米第五班から派遣されアネックス1号正規クルー陸軍協力してジャニス身柄確保しようとするが、訪れた旧陸軍基地赤い眼テラフォーマー襲撃される多くの犠牲払いながら、スカベンジャーズ自分たちに復讐心を抱くヤマバの娘レイナ・ヤマバ対峙する

※この「第2巻(アウトサイダー)」の解説は、「テラフォーマーズ」の解説の一部です。
「第2巻(アウトサイダー)」を含む「テラフォーマーズ」の記事については、「テラフォーマーズ」の概要を参照ください。


第2巻(付帯性の述語付けに関する諸々の「トポス」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第2巻(付帯性の述語付けに関する諸々のトポス」)」の解説

第2巻 - 付帯性の述語付けに関する諸々のトポス」。全11章第1章 - 一般的問題と特殊的問題属性立脚した問題特殊な困難さ2つ共通した誤り第2章 - 付帯に関するトポス」 -1.付帯性の証明。 2. 基体主語)についての吟味。 3. 付帯性とその基体の定義。 4. 問題命題への転換。 5. 一般的命名に従っての定義とそうでない定義。 第3章 - 多義性取り扱うための「トポス」 -1. 一つ言葉の多義性相手気付かなければ自分に都合のいい意味を用いていい。 2. 相手気付いている場合は意味を区別して都合のいいものを選択目的手段自体的と付帯的第4章 - その他のトポス」 -1. よく知られた名への転換。 2. 反対なものは類において検討類と種。 3. 現前事象基体)の定義吟味とそれに立脚した論議。 4. 目下の立論依拠する命題検討。 5. 時間要因考慮第5章 - 代替命題提示によって議論広げるための「トポス」 -1. 攻撃容易な主張相手から導く際のソフィスト論法有用性。 2. 一つ主張に続くものが否定されることでその主張否定される。 第6章 - その他のトポス」 -1. 二つ述語の内で一方だけが必然的に帰属することを示す場合。 2. 相手攻撃する際に名の意味屈折させた方がいい。 3. 一般的「真」と必然的「真」の区別。 4. 名称と事物区別第7章 - 相反するものとその組み合わせに関するトポス」 -1. 一つ命題に関するいくらかの相反する語の中から適切なものを選択。 2. 同じ基体主語)に相反する付帯性の一方述語となれば他方はなれない。 3. あるもの述語付けられるものは、その反対の述語含み得ない。 4. ある付帯性を受け入れうるものは、その付帯性を受け入れない第8章 - 4種類対立立脚したトポス」 -1. 矛盾的な対立。 2. 反対的な対立。 3. 欠如所持。 4. 総体的な関係にあるもの。 第9章 - 同列語と屈折語用いる「トポス」 -1. 一つ同列語について真なることは、他の同列語についても真である。 2. 反対なもの(主語)には反対なもの(述語)が述語付けられるかの検討。 3. ある事物生成消滅は、それが属す善悪を示す第10章 - 事物類似性程度の差基づく「トポス」 -1. 類似のものどもにおいて、一方のものに真であるなら他方のものにも真である。 2.「より多く」「より少なく」の観点から引き出される4つ論議。 3.「同じ程度」から引き出される3つの論議第11章 - その他のトポス」 -1. 付加結果から論議する仕方。 2.「より多く」「より少なくの程度のにおいて述語付けされるものは、無条件に帰属する。 3. 条件付き述語付けされるものは、無条件に述語付けされ得る。

※この「第2巻(付帯性の述語付けに関する諸々の「トポス」)」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第2巻(付帯性の述語付けに関する諸々の「トポス」)」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第2巻(既成の国家論・優良国家の検討)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第2巻(既成国家論優良国家検討)」の解説

第2巻 - 全12章理論上最善の国】第1章 - 共同体としての国家共有対象妻子財産の共有主張するプラトン『国家』第2章 - プラトン説の目的である「単一化批判国家構成員多様性第3章 - プラトン説に見られる「子に対する無関心」「人間の自然感情破壊懸念第4章 - プラトン説に見られる不道徳行為横行」「国民友愛欠如」「国民階層入れ替え困難」懸念第5章 - 財産に関する可能な3つの組織組織的共有に伴う分配の困難。共有自体の困難と利点無さ教育による国の統一必要性。 第6章 - プラトン『法律』における説検討共有放棄した点以外は『国家』変わらない各種の欠点第7章 - カルケドンのパレアスの説の検討財産教育平等化各種の欠点第8章 - ミレトスのヒッポダモスの説の検討国民国土・法律の三分各種の欠点。 【最善の国制に近いとされる現実国々第9章 - 治国のための閑暇と、農奴制問題スパルタヘイロータイと、諸問題第10章 - クレテ国制共同食事・コスモイと、諸問題第11章 - カルケドン国制貴族制と、諸問題第12章 - ソロン等の立法と、アテナイ国制

※この「第2巻(既成の国家論・優良国家の検討)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第2巻(既成の国家論・優良国家の検討)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第2巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第2巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第2巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、フルメタル・パニック! (改訂履歴)、テラフォーマーズ (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS