アウトサイダーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > アウトサイダーの意味・解説 

アウトサイダー【outsider】

読み方:あうとさいだー

集団組織外部の人。部外者。⇔インサイダー

社会常識はまらない独自の思想持ち主。⇔インサイダー

《「アウトサイダー組合」の略》法律上労働組合とは認められない組合法外組合。⇔インサイダー


アウトサイダー

作者H.P.ラヴクラフト

収載図書ラヴクラフト 恐怖宇宙史
出版社角川書店
刊行年月1993.7
シリーズ名角川ホラー文庫


アウトサイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/26 08:37 UTC 版)

アウトサイダー: outsider)、アウトサイダーズ(outsiders)




「アウトサイダー」の続きの解説一覧

アウトサイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 01:40 UTC 版)

四人称」の記事における「アウトサイダー」の解説

外山滋比古は『第四人称』という単行本纏めている。通常のコミュニケーション一人称と二人称の間で行われ話題三人称登場するが、それらに対してアウトサイダーの立場関わる存在を「第四人称」と呼んだ。これは他人文章引用したり、読者として読んだり一人称者から話しかけられているように感じたり観客として観たりするような存在である。 例え演劇舞台において、演者たちの間で繰り広げられるコミュニケーションは、一応完結した世界である。そこでは一人称二人称三人称演者たちの世界繰り広げられており、観客局外者として覗き見立ち聞きする存在である。この観客たち(第四人称者)は演者たちのコンテクストとは独立した独自のコンテクスト形成し解釈という積極的な行為行っている。これは文学作品を読む場合読者同様である。 また翻訳者や、童話民話聞き手歴史家新聞記者裁判の傍聴者も一種の第四人称者である。みな当事者ではなくアウトサイダーであり、アウトサイダーであるからこそ冷静な観察可能である

※この「アウトサイダー」の解説は、「四人称」の解説の一部です。
「アウトサイダー」を含む「四人称」の記事については、「四人称」の概要を参照ください。


アウトサイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:31 UTC 版)

Nice To Meet You??」の記事における「アウトサイダー」の解説

タイトル先に決めて作られた楽曲で、長屋曰く電車の中で5分くらいでできてしまった曲」。長屋は、歌詞とメロディもすぐに思いついことから、すぐにボイスレコーダー録音し1度家に帰ってイントロ鍵盤リフ付けた語っている。 楽曲について、長屋は「嫌われたくなくて、周り同調して生きてきたから、ずっと自分の意見言えずに生きてきた。でも、自分の意見大事にしたいし、ちゃんと自分出していきたい思って書いたのがこの曲」と語っている。

※この「アウトサイダー」の解説は、「Nice To Meet You??」の解説の一部です。
「アウトサイダー」を含む「Nice To Meet You??」の記事については、「Nice To Meet You??」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アウトサイダー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アウトサイダー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アウトサイダーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アウトサイダー」の関連用語

アウトサイダーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アウトサイダーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウトサイダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの四人称 (改訂履歴)、Nice To Meet You?? (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS