組合とは?

くみ‐あい〔‐あひ〕【組合】

組み合い互いに組みついて争うこと。組み打ち。「取っ組み合い

共通の目的のために何人かが寄り合って仲間作ること。また、その人々。組。

「まさか一人じゃあるまい。—か」〈鴎外普請中

民法上、二人上の者が出資し合って共同事業を営むことを約束する契約によって成立する団体で、法人となる資格がないもの。

特別法によって、特定の共同目的を果たすために、一定の資格のある者で組織することを認められている団体協同組合共済組合など。

労働組合」の略。「組合運動


くみ‐あい ‥あひ 【組合】

〔名〕

互いに組み合って争うこと。組み打ち取り組み格闘

② ある目的で、何人かが仲間をつくること。また、その人々。組。

洒落本売花新駅(1777)発端定会のくずれより近頃組合(クミアイ)となりし嵐興といふ息子〈略〉をそそのかして」

民法上、二人以上が出資して共同事業を営むことを約束する契約によって成立する団体消費組合など。

民法明治二九年)(1896)六七〇条「組合の業務執行組合員過半数を以て之を決す

特別法によって、特定の共同目的遂行のために、一定の資格のある人々組織することを認められている団体公共組合協同組合共済組合など。

農商務省第三七号‐明治七年(1885)一一二九日・三条同業組合規約掲ぐべき事項は左の如し 第一項 組合を組織する業名及組合の名称」

(5)ろうどうくみあい労働組合)」の略。

若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉下「沖仲仕の組合の書記かなんかしてるんだって

(6) 地方公共団体その事務の全部または一部共同理するために設ける組合。特別地方公共団体一つ

地方自治法(1947)二八四条普通地方公共団体及び特別区は、〈略〉地方公共団体の組合設けることができる」


くみ‐あ・う ‥あふ 【組合】

〔自ワ五(ハ四)〕

互いに交差させて離れないようにする。

四河入海(17C前)二「蓬莱より一峯が浮び来て浮山羅山とが合して、山の根互に連絡してくみやうて一の山となるぞ」

互いに取り組む組み打ちをする。とっくみあう格闘する。〔日葡辞書(1603‐04)〕

浮世草子けいせい伝受紙子(1710)四「是は正しく今の組(クミ)あいしぬす人が、取おとして行しものならん」

③ 組んで仲間となる。いっしょになる一群となる。

七十一番職人歌合1500頃か)六三番「左右ともに、心詞くみあひたるけいばすまふなれば」


くみ‐あわ・す ‥あはす 【組合】

1 〔他サ五(四)〕 =くみあわせる(組合)

めぐりあひ188889)〈二葉亭四迷訳〉二「スラリとした体をすこし屈(こご)めて、手を組合はしながらゆく」

2 〔他サ下二〕 ⇒くみあわせる(組合)


くみ‐あわせ ‥あはせ 【組合】

〔名〕

いろいろなものを適当にとり合わせて一まとめにすること。

春潮(1903)〈田山花袋一一明朝六時此処を立って西那須野三番乗ることに決めたらしく、行李やら鞄やらの組合せに忙はしい様子

二つ上のものを、あわせて一そろいものとすること。また、そのもの

蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「帯だけをちょっと巻きかへて見たり、あるひは羽織着物組み合はせを変へてみたり」

スポーツなどで勝負を争う組を作ること。

数学で、いくつかの互いに区別することのできるものの中から、一定の個数のものを取り出して作った組。取り出し順序問題にしない。コンビネーション。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書1889)〕


くみ‐あわ・せる ‥あはせる 【組合】

〔他サ下一〕 [文]くみあは・す 〔他サ下二

① からみ合わせたり交差させたりしてつなぎ合わせる

平家13C前)八「千余艘がとも綱、へづなをくみあはせ

二つ上のものを合わせて一そろいものとする取り合わせる

甲陽軍鑑(17C初)品二七一手様にそなへをたて、くみあはせて、一戦のすべを執行たまふ」

スポーツなどで勝負を争う相手決める。


組合

民法上の任意組合商法上の匿名組合とに分類される。民法上の組合契約とは、複数当事者出資行ない共同事業を営むことを約束する契約のこと。この共同事業から生じた権利義務は、直接当事者帰属するため当事者レベルでの課税しかなされない。一方匿名組合契約は、契約片方当事者相手方営業のために出資をして、その営業から生じる利益分配することを約束する契約のこと。この場合、特に定めがない限りは、当初出資額を超える負担を負うことはない。ただし、三者上の当事者契約することはできない

組合

読み方:クミアイ(kumiai)

共同生活上の組織


組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 09:42 UTC 版)

組合(くみあい)とは、民法上は、複数の当事者が出資をして共同事業を営む契約、また、それによって設立された団体。その他、「組合」の語を含む制度がさまざまな特別法によって設けられている。


  1. ^ 大島ほか、pp.146-147
  2. ^ 内田、p.310
  3. ^ 平成17年法律第87号(会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律)による削除前の商法第68条。
  4. ^ 川井、p.332
  5. ^ 内田、p.309
  6. ^ 遠藤ほか、p.232
  7. ^ 近江、p.276
  8. ^ 遠藤ほか、p.261
  9. ^ 川井、p.332
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 改正債権法の要点解説(12) (PDF)”. LM法律事務所. 2020年3月16日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j 荒井俊行. “民法(債権関係)改正案に関するノート(V)組合契約 (PDF)”. 土地総合研究 2015年秋号. 2020年3月16日閲覧。
  12. ^ 遠藤ほか、p.261
  13. ^ 川井、p.332
  14. ^ 遠藤ほか、p.261
  15. ^ 川井、p.332
  16. ^ 遠藤ほか、p.262
  17. ^ 川井、p.332
  18. ^ 遠藤ほか、p.258
  19. ^ 大島ほか、p.148
  20. ^ 大島ほか、p.148
  21. ^ 遠藤ほか、p.259
  22. ^ 大島ほか、pp.147-148
  23. ^ 遠藤ほか、p.259
  24. ^ 大島ほか、p.148
  25. ^ 大島ほか、p.148
  26. ^ 大島ほか、p.148
  27. ^ 民法(債権関係)改正がリース契約等に及ぼす影響 (PDF)”. 公益社団法人リース事業協会. 2020年4月1日閲覧。
  28. ^ 内田、p.315
  29. ^ 内田、p.315
  30. ^ 大島ほか、p.152
  31. ^ 内田、p.314
  32. ^ 大島ほか、pp.152-153


「組合」の続きの解説一覧

組合

出典:『Wiktionary』 (2017/08/01 10:53 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. くみあい 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「組合」の関連用語

組合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



組合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2021 Sanko-estate,All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS