組合とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 不動産用語 > 組合の意味・解説 

くみ あい -あひ [0]組合

互いに組みあって争うこと。とっくみあい
民法上、二人以上が出資をして共同事業を営むことを約束する契約により成立する団体社団異なり民法上の組合法人格をもたない。
特別法上、各種共同目的遂行のために、一定の資格のある人が組織する団体で、法人認められているもの。公共組合協同組合同業組合労働組合共済組合など。
特に、労働組合をいう。 専従


組合

民法上の任意組合商法上の匿名組合とに分類される。民法上の組合契約とは、複数当事者出資行ない共同事業を営むことを約束する契約のこと。この共同事業から生じた権利義務は、直接当事者帰属するため当事者レベルでの課税しかなされない。一方匿名組合契約は、契約片方当事者相手方営業のために出資をして、その営業から生じる利益分配することを約束する契約のこと。この場合、特に定めがない限りは、当初出資額を超える負担を負うことはない。ただし、三者上の当事者契約することはできない

組合

読み方:クミアイ(kumiai)

共同生活上の組織


組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 10:23 UTC 版)

組合(くみあい)とは、民法上は、複数の当事者が出資をして共同事業を営む契約、また、それによって設立された団体。その他、「組合」の語を含む制度がさまざまな特別法によって設けられている。




  1. ^ 大島ほか、pp.146-147
  2. ^ 内田、p.310
  3. ^ 平成17年法律第87号(会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律)による削除前の商法第68条。
  4. ^ 川井、p.332
  5. ^ 内田、p.309
  6. ^ 遠藤ほか、p.232
  7. ^ 近江、p.276
  8. ^ 遠藤ほか、p.261
  9. ^ 川井、p.332
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 改正債権法の要点解説(12) (PDF)”. LM法律事務所. 2020年3月16日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j 荒井俊行. “民法(債権関係)改正案に関するノート(V)組合契約 (PDF)”. 土地総合研究 2015年秋号. 2020年3月16日閲覧。
  12. ^ 遠藤ほか、p.261
  13. ^ 川井、p.332
  14. ^ 遠藤ほか、p.261
  15. ^ 川井、p.332
  16. ^ 遠藤ほか、p.262
  17. ^ 川井、p.332
  18. ^ 遠藤ほか、p.258
  19. ^ 大島ほか、p.148
  20. ^ 大島ほか、p.148
  21. ^ 遠藤ほか、p.259
  22. ^ 大島ほか、pp.147-148
  23. ^ 遠藤ほか、p.259
  24. ^ 大島ほか、p.148
  25. ^ 大島ほか、p.148
  26. ^ 大島ほか、p.148
  27. ^ 民法(債権関係)改正がリース契約等に及ぼす影響 (PDF)”. 公益社団法人リース事業協会. 2020年4月1日閲覧。
  28. ^ 内田、p.315
  29. ^ 内田、p.315
  30. ^ 大島ほか、p.152
  31. ^ 内田、p.314
  32. ^ 大島ほか、pp.152-153


「組合」の続きの解説一覧

組合

出典:『Wiktionary』 (2017/08/01 10:53 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. くみあい 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「組合」の関連用語

組合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



組合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2020 Sanko-estate,All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS