加入とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 加入 > 加入の意味・解説 

か‐にゅう〔‐ニフ〕【加入】

読み方:かにゅう

[名](スル)団体組織などの仲間に加わること。「国連に—する」「保険に—する」


加入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/25 08:02 UTC 版)

加入(かにゅう、: accede: adhérer[1])とは、組織・団体・または枠組などに参加し、その一員となること。


  1. ^ 名詞形は: accession, : adhésion
  2. ^ 条約法に関するウィーン条約』より引用


「加入」の続きの解説一覧

加入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:04 UTC 版)

クラブ活動」の記事における「加入」の解説

2007年度栃木県中学校および高校における入部率は90.8%で、運動部が73.6%、文化部が17.2%となっている。統計では文化部入部が年上昇しており、昔と比べて男子生徒選択肢広がったことが増加繋がったとされる2013年現在情報として、長野県では運動部の加入率自体全国平均より7.7%低いという。逆に大部分学校において年間を通して朝練が行われている状況は、全国比で同県突出しているという。部の練習時間確保するめ早朝から登校して行われる練習いわゆる朝練”)が行われ、一部生徒正課授業仮眠充てるなどして部活動練習競技演目消化する。 本来、部活動入部は「強制ではなく自主的任意で参加前提とされているが、ほとんどの中学高校文科省指針従わず、(保護者同意もないまま)何らかの部活動への所属推奨している。部活動所属せず、当日正課終わり次第下校する生徒帰宅部と呼ぶ俗習がある。 また、在籍しているが部に参加していない」という部員をよく、幽霊部員と呼ぶ幽霊部員が出る背景には、たとえば希望する部がなく、体裁上を鑑み調査書内申書)・履歴書記入」の実績部活参加という事実)を確保するなどの目的から、実質的には部活動参加せず、すぐ下校する」という、いわゆる帰宅部呼ばれるスタイルである。 クラブ活動によっては、優秀な生徒引き抜き防止などの理由から、転学転校)者に対し一定期間活動禁止ないし制限大会への出場禁止など)する場合もある(元の学校通学続けられない理由がある場合や、元の学校でその部に入部していなかった場合などは、特例参加認められることもある)。同様に過年度生に対しても、体格などの理由から活動できる期間がその学校最短修業年限より短い期間制限される場合があるまた、部活動負担感じている顧問生徒は多い。森永製菓株式会社部活顧問教師など対象実施した調査によると、教師の7割以上が部活動負担感じている」と回答した部活動による負担教師のみならず生徒にものしかかるスポーツ庁運動部活動に関する実態調査集計状況によると、運動部所属する公立中学校に通う生徒に「部活動学校生活に関する悩み」を聞くと、「部活動時間日数長い」(19.9%)が最多次いで、「学業との両立」(16.3%)、「体がだるい」(16.0%)といった回答が票を集めた

※この「加入」の解説は、「クラブ活動」の解説の一部です。
「加入」を含む「クラブ活動」の記事については、「クラブ活動」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「加入」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

加入

出典:『Wiktionary』 (2021/09/01 11:48 UTC 版)

名詞

かにゅう

  1. 組織団体入ること。構成加わること。

発音(?)

か↗にゅー

類義語

対義語

翻訳

動詞

  1. 組織や団体に入る。構成員加わる。

活用

サ行変格活用
加入-する

翻訳


「加入」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



加入と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「加入」に関係したコラム

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

加入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクラブ活動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの加入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS