クラブとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > クラブ > クラブの意味・解説 

クラブ【crab】

読み方:くらぶ

(かに)のこと。「―ミートサラダ」


クラブ【club】

読み方:くらぶ

政治社交文芸スポーツ娯楽などで、共通の目的をもつ人々によって組織された会。また、その集会所

会員制建て前とする酒場

ゴルフで、ボールを打つための棒状用具

新体操ジャグリング使用するこん棒。または、先太の棒。

トランプで、三つ葉模様。♣。また、その模様のついた

DJ選曲するダンスミュージックに合わせて客が踊り楽しむ店。

クラブチーム」の略。

[補説] 12は「倶楽部」とも書く。


くら・ぶ【比ぶ/較ぶ/競ぶ】

読み方:くらぶ

[動バ下二「くらべる」の文語形


倶楽部

読み方:クラブ(kurabu)

共通の目的利益追求するための団体


クラブ

昔、ディスコ今やクラブである。クにアクセントで、サッカー陸上学校クラブ活動のそれとなる。ラブを同じトーンにし、クより少々上げ目に発音するのが、ここで言うクラブである。DJターンテーブルレコード・プレーヤー)でビニル盤アナログ盤LP)を回し、それに合わせ客が踊るというのが基本DJは、新し時代象徴するアーティストである。選曲センス問われスクラッチなどのDJテクニック(2台のターンテーブルサンプラーエフェクターなどを駆使してオリジナルサウンドを彼ら流に再構築していく)が問われる

クラブ

作者吉本由美

収載図書コンビニエンス・ストア
出版社新潮社
刊行年月1991.4


名門 コース (クラブ)


クラブ

読み方:くらぶ
【英】:Club

クラブとはこん棒の意味サーカスなどでよく見かけるボーリングピンさかさまにたようなジャグリング道具である。もちろん基本的にボールと同じようにジャグリングする事可能なのであるが、最大の違いはクラブは持つ場所が決まっているためスピン考慮しなければならないところ。スピン回数に応じてシングル1回転)、ダブル(2回転)、トリプル(3回転)などという。また重心位置持っている所から離れているためボールできない投げ方可能になる

技のバリエーションは非常に広く見栄えもするため、ショーの中で好んで使われる。特に数人でクラブを受け渡しあうパッシングというトリックジャグリングの中の1分野を形成するほど多くのバリエーションが考えられている。またクラブを投げるのではなく手に持って振り回すクラブスウィンギングという分野もある。

クラブを使ったジャグリングゲームもあり、数人カスケードをし、お互いのクラブを落としあうコンバットというゲームは有名。その他、冠落としロングディスタンスパッシングクラブホールディングなどがある。

クラブにも多くの種類があるが大きく分けて細身ヨーロピアンタイプクラブと、太身のアメリカンタイプクラブ分かれるようであるメーカーによって微妙に重心位置異なようである

余談だが練習を始め当初はすぐに手が痛くなってしまうものだが、不思議なもので慣れるとなぜか痛くなくなる。一説手の皮が厚くなっているという話であるが。



クラブ挿絵
クラブ

クラブ

名前 ClubbCrabbCrabbeGrabbe

クラブ〔英〕(Club)

読み方:くらぶ

  1. 共通の目的によつて結合され集り、又は集会場
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/25 00:15 UTC 版)

クラブ: club当て字: 倶楽部)とは、会員制の集まり、社交・親睦団体などを指す。共通の趣味・興味を持つ仲間が定期的に集まって形成する団体をいう。18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパで成立した。その歴史的過程の中で、社交クラブ、政治クラブ、文芸クラブ、歴史クラブ、スポーツクラブカントリークラブなど様々な類型のクラブが生まれ、21世紀においても世界各地で多数のクラブが人々の生活の中に根付いている。




「クラブ」の続きの解説一覧

クラブ(Krab)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 19:23 UTC 版)

CODE リョーコ」の記事における「クラブ(Krab)」の解説

カニ型のモンスター攻撃は顔と腹部からのレーザーと、鋭い足での突き刺し。鋭い足は地面突き刺すことで壁の移動可能にする弱点頭部のザナマークだが、それ以外の場所攻撃してライフ減らすことができる。足の耐久度高くなく、簡単に切り落とせる。レーザー連射力高く発射時には上下反転のザナマークが浮き上がる

※この「クラブ(Krab)」の解説は、「CODE リョーコ」の解説の一部です。
「クラブ(Krab)」を含む「CODE リョーコ」の記事については、「CODE リョーコ」の概要を参照ください。


クラブ(ギルド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 06:39 UTC 版)

スカッとゴルフ パンヤ」の記事における「クラブ(ギルド)」の解説

他のオンラインゲームいうところのギルド」に相当するもの仲の良いプレイヤー達が集まりクラブマスターがクラブを作ったメンバーを8人以集め申請し後日運営側より規定抵触してなければ正式にクラブとして承認される。 名前の前にクラブのアイコン表示されるようになり、クラブの懇親を深める大会対戦・クラブマッチなどが各所催されている。また、クラブチャット機能もありクラブに所属しているとクラブメンバー全員チャットをすることも可能。

※この「クラブ(ギルド)」の解説は、「スカッとゴルフ パンヤ」の解説の一部です。
「クラブ(ギルド)」を含む「スカッとゴルフ パンヤ」の記事については、「スカッとゴルフ パンヤ」の概要を参照ください。


クラブ(2021年時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 01:13 UTC 版)

延岡市立緑ヶ丘小学校」の記事における「クラブ(2021年時点)」の解説

ここにおけるクラブとは、4、56年生が主に火曜日6時目に行う部活動のようなものである。 テーブルゲームクラブ パソコンクラブ 屋外運動クラブ 屋内運動クラブ 図工クラブ

※この「クラブ(2021年時点)」の解説は、「延岡市立緑ヶ丘小学校」の解説の一部です。
「クラブ(2021年時点)」を含む「延岡市立緑ヶ丘小学校」の記事については、「延岡市立緑ヶ丘小学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クラブ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

クラブ

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 15:43 UTC 版)

語源1

発音

名詞

クラブ【倶当て字)】

  1. 政治社交娯楽学校課外活動などで、共通目的持った人々によって結成されたまた、その会の集合する場所
  2. 音楽ダンス、あるいは酒を楽しむための店。

語源2

発音

名詞

クラブ

  1. (ゴルフ) ゴルフなどで用いるボールを打つための状の用具
  2. (カードゲーム) トランプ名称一つ記号「♣」。クローバー図案化したもの。
関連語

「クラブ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クラブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラブ」の関連用語

クラブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラブのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2023 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCODE リョーコ (改訂履歴)、スカッとゴルフ パンヤ (改訂履歴)、延岡市立緑ヶ丘小学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS