重心とは? わかりやすく解説

じゅう‐しん〔ヂユウ‐〕【重心】

物事中心となる点。均衡を保つはたらきをするもの。「—を置く」

物体各部に働く重力をただ一つの力で代表させるとき、それが作用する点。質量中心。「—が低い」

数学で、図形上に一様に質量分布させたときの質量中心三角形では頂点と各対辺との中点を結ぶ3本の線分交点

重心の画像

重心(点)

英語 center of gravity

クルマ各部分に働いている重力が、見かけ上、その一点に集まって作用する点をいう。各部に働く重力による重心まわりのそーメントの合計ゼロになり、クルマ運動は重心の運動と重心まわりの回転運動からなる考えることができる。重心の位置は、クルマ運動特性大きな影響があり、重心の前後位置ステア特性影響し、前方寄りにあればアンダーステアの、後方寄りにあればオーバーステア要因となる。また、横風安定性おいても横力力点との位置関係前寄りにあれば空力的に安定となる。重心高さは、ローリングモーメントピッチングモーメントの主要因となる。横方位置比較対象であるが、乗員積載左右差があれば、旋回特性左右差につながる。

重心(点)

参照 ステア特性重心高さピッチングモーメントローリングモーメント
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

(三角形の)重心

三角形3つの三角形の)中線1点で交わり、その交点を重心といい、中線を2:1の比に分ける。


重心

作者ヴィクトリヤ・トーカレワ

収載図書魔女たちの饗宴現代ロシア女性作家
出版社新潮社
刊行年月1998.3


重心 (Center of Gravity)

物体重さ中心ゴルフクラブではヘッドの重心がそのクラブ性能大きく左右する。重心に関連した概念には、重心距離、重心深度、重心角などがある。
 
» 重心 (ゴルフクラブ選びの知識)
重心


重心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 22:46 UTC 版)

重心(じゅうしん、center of gravity[1])は、力学において、空間的広がりをもって質量が分布するようなにおいて、その質量に対して他の物体から働く万有引力(重力)の合力作用点であると定義される点のことである。重力が一様であれば、質量中心(しつりょうちゅうしん、center of mass)と同じであるためしばしば混同されており、本来は異なるのだが、当記事でも基本的には用語を混同したまま説明する(人工衛星の安定に関してなど、これらを区別して行う必要がある議論を除いて、一般にはほぼ100%混同されているためである)。


  1. ^ 文部省編『学術用語集 地理学編』日本学術振興会、1981年。ISBN 4-8181-8155-2
  2. ^ 遠心力は「見掛けの力」であるため


「重心」の続きの解説一覧

重心

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:44 UTC 版)

名詞

じゅうしん

  1. 物理学物体働く重力慣性力作用点。この点を支持する物体はつりあう。
  2. 数学
    1. 三角形頂点対辺中点とを結ぶ3線分交点三角形をした物体物理学的な重心は、この重心と一致する。
    2. ベクトル加重平均人口重心など。
  3. 比喩的用法
    1. 重要なポイント
    2. 議論などについて)主たる関心の方向。
    3. 調整注意偏り

発音(?)

じゅ↗ーしん

関連語


「重心」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



重心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

重心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



重心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2022 数理検定協会 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの重心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS