運動とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > 運動の意味・解説 

うん‐どう【運動】

[名](スル)

物が動くこと。物体時間経過とともに空間的位置変えること。「振り子の運動」「天体運動」⇔静止

からだを鍛え、健康を保つために身体を動かすこと。スポーツ。「肥満防止のために運動する」「運動競技

ある目的達するために活動したり、各方面働きかけること。「選挙運動」「労働運動」「委員になるため運動する」

物事の状態が、時とともに変わること。

彼の西洋文明も今正(まさ)に—の中に在て日に月に改進するものなれば」〈福沢文明論之概略

生物体が能動的起こす動き動物筋肉運動鞭毛(べんもう)運動、植物の膨圧運動など。


うん‐どう【運動】

〔名〕

① 物があちこち巡り動くこと。物体時間経過とともにその位置変えること。

禅竹伝書六輪一露之記注(1456)「天輪日夜に運動して、〈略〉しばしも止まず巡り動ずる心なり」

*それから(1909)〈夏目漱石〉五「独楽(こま)の運動(ウンドウ)を吟味する為に」〔董仲舒対〕

物事の状態が、時とともに変わって行くこと。

文明論之概略1875)〈福沢諭吉緒言彼の西洋文明も今正に運動の中に在て日に月に改進するものなれば」

③ 健康保持などの目的で、体を動かすこと。

(イ) 手足など身体を動かすこと。「運動する」の形で他動詞としても用いた。

養生訓(1713)三「時にしたがひ、身を運動し」

(ロ) 散歩すること。ぶらぶら歩くこと。

歌舞伎川中島東都錦絵(1876)二幕「『満腹いたした』『どれ運動(ウンドウ)を』『いたさうか』」

(ハ) 体操競技などで、継続的手足を動かすこと。運動競技スポーツ

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「鬼ごっこでもはじめやうか。〈略〉運動(ウンドウ)になっていいぜ」

④ ある目的達するために、いろいろな方面働きかけること。「政治運動」「学生運動」「就職運動

経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「乱民の運動を支配する中心は」

(5) 地形、敵の陣地、敵の動きに応じ、我が有利になるよう、軍隊や兵が移動すること。〔五国対兵語字書(1881)〕

(6) 機械などを動かすこと。

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「当府新発明の消防器械を運動し示せり」

[語誌](1)③の意味は衛生思想普及とともに一般的に用いられるようになったものと考えられる
(2)④については、「明治東京逸聞史〈森銑三〉」に、明治二七年(一八九四)三月一七日の「東京経済新聞」の記事として「運動という言葉は、体を動かすこととして、明治七、八年から行なわれ始めたのが、近ごろでは一変して運動費だの示威運動だの、猛運動だのと用いられる」が引かれている


運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 16:02 UTC 版)

運動(うんどう)




「運動」の続きの解説一覧

運動

出典:『Wiktionary』 (2020/02/29 23:28 UTC 版)

名詞

うんどう

  1. 健康趣味のために動かすこと。スポーツ
  2. 政治社会的、文化的な目的人々働きかけ行動すること。
  3. 物理学物体時間につれて位置変えること。

発音

う↗んどー

動詞

活用

運動-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
運動

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 運動しない 未然形 + ない
否定 運動せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
運動される 未然形 + れる
丁寧 運動します 連用形 + ます
過去・完了・状態 運動した 連用形 + た
言い切り 運動する 終止形のみ
名詞化 運動すること 連体形 + こと
仮定条件 運動すれば 仮定形 + ば
命令 運動せよ
運動しろ
命令形のみ



運動と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「運動」の関連用語

運動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



運動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの運動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS