音読みとは? わかりやすく解説

おん‐よみ【音読み】

読み方:おんよみ

[名](スル)漢字字音で読むこと。おんどく。⇔訓読み


音読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/10 08:37 UTC 版)

音読み(おんよみ)とは、日本語における漢字の字音による読み方である[注釈 1]


  1. ^ 近年に中国語から入ってきた読み方については外来語のページ、または中国語版のページ
  2. ^ ただし呉音と漢音とが一致する字も多い。
  3. ^ 「行」字は多音字である。ここでは表を見やすくするため読み方の一部を示した。詳しくは行部#部首字を参照。
  4. ^ 「提灯」は「吊灯」の書き間違いで「提」を「チョウ(チャウ)」と読むわけではない、とする辞書(『漢字源』)と、「提」の唐音が「チョウ(チャウ)」であるとする辞書(『大辞泉』など)とがある。
  5. ^ 「暖」字の唐音は「ノン」であり、「暖簾」は日本に伝わった当初「ノンレン」と読まれていたが、時代が下るにつれて「ノウレン」→「ノレン」に変化した。
  6. ^ 現在の固有名詞については中国語における外国固有名詞の表記#日本語側からの呼称
  7. ^ 「悪」の読み方は、前者は呉音漢音ともに「アク」、後者は呉音で「ウ」、漢音で「オ(ヲ)」。
  8. ^ 「重」については、最近「重い」という意味では「ジュウ(ヂュウ)」と、「重ねる」という意味では「チョウ」と読むべきだという主張があるようであるが、「ジュウ(ヂュウ)」と「チョウ」との違いが前者が呉音で後者が漢音であるにすぎない以上、主張に根拠がない。どちらの意味についても「チョウ」「ジュウ(ヂュウ)」の二通りの読み方が伝わったのである。ほかに「省」についても意味により読み方が変わるとする主張があり、これによれば「反省」の意味では「セイ」と、「省略」や「省庁」の意味では「ショウ(シャウ)」と読み方が変わっているとするようだが、これについても同様のことがいえる。「省庁」の「省」を「ショウ(シャウ)」と読むのはそれがもともと律令用語だからにすぎず「セイ」の読み方も伝わっている(ただし前者での読み方中のサ行音「シ」「セ」と後者のそれとが異なる子音であったかはここでは言及しない)。これに対して、普通話では前者をxĭng、後者をshĕngと読んで区別している。ちなみに朝鮮語では성、생という複数の読み方があるが、これについては朝鮮漢字音を参照。
  9. ^ 普通話では順にlěi、lèi、léiとなる。「累」の平声が普通話では陽平に変化したわけである。
  10. ^ 反対に、日本語で一音で読まれる字で一つの意味に対して、中国語では複数の読み方をするものがあるが、これについてはzh:破音字を参照。
  11. ^ a b 語中でパ行に変化することがある。
  12. ^ ただし呉音ではさまざまである。詳しくは呉音を参照。
  13. ^ 詳しくはハ行転呼#漢字音への影響
  14. ^ 慣用音として分類される。これについては慣用音#入声「フ」の変化音を参照。
  15. ^ そのうえ日本語は声調言語でないので入声しか音写できなかった。ただし声明など日本における文献のなかには四声を示すものがあったという。詳しくは日本漢字音の声調を参照。


「音読み」の続きの解説一覧

音読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 21:27 UTC 版)

日本における漢字」の記事における「音読み」の解説

音読みは、中国語起源読み方である。呉音漢音唐音慣用音がある。 呉音は、5-6世紀頃に伝わった漢字音である。通説では、中国六朝時代南部呉地方から直接あるいは朝鮮半島経由して日本伝わったとされるが、これを実証できる証拠はない。実際には、仏典などに基づく漢音以前伝統的な読み方が、時代地域などを考慮せず纏めて呉音とされてきた経緯がある。漢音は、奈良時代から平安時代にかけて盛んに送られ遣唐使主な渡航先西北部長安)や留学僧が、唐の首都長安学んだ読み方輸入された。更に鎌倉時代から室町時代にかけて、禅僧留学関連書伝来民間貿易により「唐音」と呼ばれる読み方伝わったこのうち最も体系的なのは漢音で@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}『広韻』や『集韻』と対応関係見られる[要出典]。慣用音間違って定着した分かったものや体系合わないものなどを大正時代以降こう呼んでいる。

※この「音読み」の解説は、「日本における漢字」の解説の一部です。
「音読み」を含む「日本における漢字」の記事については、「日本における漢字」の概要を参照ください。


音読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 14:23 UTC 版)

和製漢字」の記事における「音読み」の解説

和製漢字作成方法は、漢字の「六書」の造字ルールのうち「会意」または「形声」によっており、ほとんどは会意文字であり音読みは持たないことが多い。しかし、音読みが全く無い訳ではなく、音読みしかない字もある。音読みが無いと熟語をつくるときに不便な場合は、漢字から部首除いた部分読み方を音読みとしている。「働」では、右側の動という字を「どう」と読むため、「働」の音読みを「どう」としたり、「搾」では、右側の窄という字を「さく」と読むため、「搾」の音読みを「さく」としている。

※この「音読み」の解説は、「和製漢字」の解説の一部です。
「音読み」を含む「和製漢字」の記事については、「和製漢字」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「音読み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

音読み

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:49 UTC 版)

この単語漢字
おん
第一学年

第二学年
音読み 訓読み

名詞

(おんよみ)

  1. 漢字日本語における発音一つ漢字伝わった当時中国語発音に基く読み方。その発音伝わった時期により、呉音漢音唐音宋音区分、さらに、それらが変化した慣用音があり、同一漢字用いても、使用する音によっては意味が異な場合がある。

使用する音により意味が異なる例

類義語

関連語

翻訳


「音読み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音読み」の関連用語

音読みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音読みのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音読み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本における漢字 (改訂履歴)、和製漢字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの音読み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS