mediaとは? わかりやすく解説

メディア

読み方:media

メディア(media)とは、主に「情報伝達媒介する手段」あるいは「情報伝達媒介者という意味合い用いられる語である。単に「メディア」とだけ呼ぶ場合は「マスメディアの意味用いられている場合比較的多い。

「メディア」の語源

メディアは英語の media をカタカナ表記した外来語である。英語の media は、medium複数形である。

medium は、日本語においてはミディアム」とカナ表記される場合もあれば、「メディウム」と表記される場合もある。前者ミディアム)は「中間の意味強く後者メディウム)は「媒介の意味合いが強い。

英語では the media といえばマスメディア」を指す。

「マス-メディア」とは

マスメディアmass media)は不特定多数大衆(=massに向けて情報発信するメディアの総称である。一般的には新聞テレビ・雑誌ラジオの4媒体を指す。これを総称して四大メディア」と表現する場合もある。

近年台頭著しオンラインメディアインターネットメディア)は、「四大メディア」を念頭に置いて第五のメディア」と呼ばれることがあるオンラインメディアは、四大メディアの(基本的に一方向的な情報伝達であるという)特性とは異なり双方向的な情報発信実現しやすい、という意味において「双方向メディア」と呼ばれることもある。

マスメディアとマスコミの違い

マスメディア」と混同しがちな言葉に「マスコミ」が挙げられる

マスコミは「マスコミュニケーション」の略であり、マスメディアを通じて行われる不特定多数大衆への情報伝達という(一方向的なコミュニケーション」を指す語である。

マスコミに対してマスメディアは「マスコミュニケーション実現する媒介となる)伝達手段または機関」を指す語である。

ただし、日常会話脈絡では、新聞社雑誌社といったマスメディア指してマスコミ嗅ぎつけられる」と表現するような塩梅で、特に意味の違い意識することなく用いられる場合も多い。

「メディア」の語を含む各種の語

「メディア」は「マスメディア」のように、さまざまな語を接頭辞的に付け加えて用いられることが多い。付け加えられる語は大抵の場合情報伝達仲介者種類手段、あるいは特徴を示す語である。

「ソーシャルメディア」「市民メディア」

ソーシャルメディア」や「市民メディア」は、情報伝達仲立ちする機関マスメディアではなくSNSであり市井一般市民である、という意味合い用いられる語である。

「映像メディア」

映像メディア」は、主に映像を通じて情報伝えられるという特徴焦点当てた言い方である。テレビ番組映画DVDなど映像メディア該当する映像メディアに対し新聞・雑誌・書籍などのような文字中心とするメディアは「活字メディア」と呼ばれるラジオは「音声メディア」と呼ばれ得る。

「情報メディア」「伝達メディア」「表現メディア」

情報メディア」や「伝達メディア」ならびに表現メディア」といった表現は、メディアの主目的主眼とする部分焦点当てた言い方といえる。ただし、その用法文脈によってまちまちであり、一括り定義しかねる部分もある。

たとえば、「伝達メディア」は「情報受け手伝える」ことを旨とするメディアのことであり、すなわち記憶媒体記録メディア)のこと、「表現メディア」は「情報伝え方法」であり、すなわち映像メディア活字メディアかといった区分のこと、という風に解釈して区分する見解がある。

他方、単に「伝達メディア」は「伝達方法という観点におけるメディア(の区分)」を指し、「表現メディア」は「表現方法という観点におけるメディア(の区分)」を指す、という意味合い用いられている場合もある。

「記録メディア」

記録メディア」(または記憶メディア)は情報中長期的に保持できる手段としてのメディア(媒体)を指す語として用いられる記憶メディア具体例としては、HDDSSDCD-ROMDVD-ROMいわゆるUSBメモリ、などが挙げられる

ふつう「記録メディアといえばデジタルデータ記録・保存する媒体電子媒体光学メディア等)を指す。概念上は紙・木簡・竹簡石碑パピルス甲骨なども「記録メディア」の一種として扱われ得るが、これらを「記録メディア」として顧慮する場面はほぼない。

「マルチメディア」

マルチメディア」は、複数種類情報形式を扱う、または、扱うことができる、という意味合い用いられる表現である。大ざっぱに言えば音声映像文字テキスト)などを併用できる」ことを指す。いわば映像メディア音声メディアなど複合的に扱って表現できるメディア形式のことである。

メディア【media】

読み方:めでぃあ

medium複数形

媒体手段。特に、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどの媒体。「マス―」「マルチ―」

記憶媒体

「メディア」に似た言葉

メディア【Media】

読み方:めでぃあ

8世紀初めイラン高原北西部アーリア系のメディア人が建てた王国。前7世紀イラン中心にカッパドキア・アッシリアなどを領有する大国となったが、前550年ごろ、ペルシア帝国併合された。メディア王国


media


media

【英】media

情報の伝達を行う中間的(meduim)存在のこと。情報の伝達紙面によって行う新聞や雑誌同じく電波によるテレビラジオ、あるいは通信によるインターネットなどがこれに当たり、特に大量の情報大衆一般に向けて伝達するものがマスメディア呼ばれる


メディア王国

(media から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/16 02:56 UTC 版)

メディア王国(メディアおうこく、Media古代ギリシャ語: Μῆδοι, Mêdoi古代ペルシア語: 𐎶𐎠𐎭, Māda[1]アッカド語Mādāya[1])はかつて存在した古代イランの王国である。


注釈

  1. ^ Tavernier, Jan (2007), Iranica in the Achaemenid Period (ca. 550-330 B.C.): Linguistic Study of Old Iranian Proper Names and Loanwords, Attested in Non-Iranian Texts, p. 27
  2. ^ PartakkaParitakkaParitakānuとも。後のパラエタケネ、現在のイスファハーン近郊[24]
  3. ^ ディアコノフは「パルティア(Parthia)か?」としている[24]
  4. ^ 古イラン語:*Zanaxšāna か?[24]
  5. ^ 対応する地名は不明。間接的な情報から、他の2つの土地からある程度離れた距離にあったものと思われる[24]
  6. ^ 古イラン語:*Rāmatavya[24]
  7. ^ 古イラン語:Xšaθrita(フシャスリタ)[25]
  8. ^ 古イラン語:Vabmyataršiか?[25]
  9. ^ 日食の発生はEncyclopedia Iranicaによれば前585年5月29日[1]、杉 1969によれば前585年5月26日である[44]
  10. ^ ディアコノフは一応(tentatively)アリビという名称はエラム語*ari-pe(the Arya)から来たものとしている[62]
  11. ^ 伊藤の訳文ではプラオルテス。記事内の表記を一定とするためここではフラオルテスに変更している。
  12. ^ 伊藤の訳文ではウワクシュトラ。記事内の表記を一定とするためここではウワフシュトラに変更している。
  13. ^ Xšaθrita、伊藤の訳文ではクシャスリタ。記事内の表記を一定とするためここではフシャスリタに変更している。
  14. ^ 日本の学者阿部拓児によれば、アスティパラスという王名はこの引用を行ったビザンツ時代の学者の不注意による誤りである可能性が高い[81]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc Dandamayev, Medvedskaya 2002
  2. ^ 西洋古典学辞典 2010, pp. 1266-1267 「メーディアー」の項目より
  3. ^ Tavernier 2007, p. 27
  4. ^ Diakonoff 1985, p. 57
  5. ^ ヘロドトス, 巻7§62
  6. ^ 松平訳, 下巻注釈51-4 , p. 320
  7. ^ 松平訳, 下巻注釈51-5 , p. 321
  8. ^ a b c Levine 1974, p. 119
  9. ^ a b c フィネガン 1983, p. 155
  10. ^ a b c d e f Levine 1974, p. 120
  11. ^ Medvedskaya 2003
  12. ^ Diakonoff 1985, p. 36
  13. ^ Diakonoff 1985, pp. 36-41
  14. ^ Diakonoff 1985, p. 41
  15. ^ 杉 1969, p. 274
  16. ^ a b c 杉 1969, p. 275
  17. ^ a b c d e ギルシュマン 1970, p. 79
  18. ^ Diakonoff 1985, p. 68
  19. ^ a b ギルシュマン 1970, p. 84
  20. ^ a b Diakonoff 1985, p. 83
  21. ^ a b ギルシュマン 1970, p. 85
  22. ^ ヘロドトス, 巻1§97-98
  23. ^ ヘロドトス, 巻1§97-100
  24. ^ a b c d e Diakonoff 1985, p. 104
  25. ^ a b c d e f Diakonoff 1985, p. 105
  26. ^ 杉 1969, p. 276
  27. ^ a b c d Diakonoff 1985, p. 110
  28. ^ a b c ヘロドトス, 巻1§102
  29. ^ Diakonoff 1985, p. 106
  30. ^ a b c d Diakonoff 1985, p. 114
  31. ^ Diakonoff 1985, p. 115
  32. ^ ヘロドトス, 巻1§99
  33. ^ a b c d e f g h Diakonoff 1985, p. 117
  34. ^ ヘロドトス, 巻1§102-104
  35. ^ a b c d Diakonoff 1985, p. 118
  36. ^ a b ヘロドトス, 巻1§106
  37. ^ Diakonoff 1985, p. 119
  38. ^ a b Diakonoff 1985, p. 122
  39. ^ a b c Diakonoff 1985, p. 123
  40. ^ 杉 1969, p. 277
  41. ^ a b c Diakonoff 1985, p. 125
  42. ^ ヘロドトス, 巻1§134
  43. ^ 杉 1969, p. 273
  44. ^ a b c 杉 1969, p. 283
  45. ^ ヘロドトス, 巻1§74
  46. ^ a b c Diakonoff 1985, p. 127
  47. ^ 山本 1997a, p. 108
  48. ^ a b ヘロドトス, 巻1§107
  49. ^ ヘロドトス, 巻1§108
  50. ^ a b ヘロドトス, 巻1§113
  51. ^ ヘロドトス, 巻1§119
  52. ^ ヘロドトス, 巻1§120-121
  53. ^ ヘロドトス, 巻1§125-126
  54. ^ ヘロドトス, 巻1§127-130
  55. ^ ヘロドトス, 巻1§131
  56. ^ 山本 1997b, p. 118
  57. ^ フィネガン 1983, p. 157
  58. ^ a b 阿倍 2021, p. 40
  59. ^ a b 阿倍 2021, p. 41
  60. ^ ヘロドトス, 巻1§101
  61. ^ Diakonoff 1985, p. 74
  62. ^ a b c d e f Diakonoff 1985, p. 75
  63. ^ a b ボイス 2010, p. 107
  64. ^ 黒柳 1984, pp. 28-29
  65. ^ 黒柳 1984, p. 53
  66. ^ 伊藤 1974, p. ix まえがき
  67. ^ a b c 黒柳 1984, p. 33
  68. ^ 黒柳 1984, p. 34
  69. ^ a b c 伊藤 1974, p. 54
  70. ^ a b c 伊藤 1974, p. 173
  71. ^ a b c 伊藤 1974, p. 174
  72. ^ a b c d e f g h i j k l m Stronach 1986
  73. ^ ギルシュマン 1970, p. 66
  74. ^ ヘロドトス, 巻1§130
  75. ^ 山本 1997a, p. 110
  76. ^ a b c Schmitt 1994
  77. ^ Diakonoff 1985, p. 90
  78. ^ 伊藤 1974, pp. 29-30
  79. ^ Diakonoff 1985, p. 117
  80. ^ a b c d e f クテシアス, pp. 101-102, 断片4-5, 第32章
  81. ^ クテシアス, p. 105, 訳注3
  82. ^ クテシアス, pp. 104-105, 断片5, 第34章
  83. ^ クテシアス, pp. 138-139, 断片8d



Media

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/05 07:59 UTC 版)

ユニコーン・ダーツ」の記事における「Media」の解説

頂点審判解説者グループラス・ブレイ ゴルドン・シュムヴァイ

※この「Media」の解説は、「ユニコーン・ダーツ」の解説の一部です。
「Media」を含む「ユニコーン・ダーツ」の記事については、「ユニコーン・ダーツ」の概要を参照ください。


Media

ウィキペディア小見出し辞書の「media」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Media」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「media」の関連用語

mediaのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



mediaのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリmediamediaの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメディア王国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユニコーン・ダーツ (改訂履歴)、メディア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS