審判とは?

しんぱん【審判】

原題、(ドイツ)Der Prozeß》カフカ長編小説未完1925年遺稿として刊行された。銀行員ヨーゼフ=Kが、理由わからないまま逮捕起訴され、死刑になるまでを描いた不条理小説題名は、編者マックス=ブロート生前著者との会話に基いてつけたもの


しん‐ぱん【審判】

[名](スル)《「しんばん」とも》

物事の是非・適否優劣などを判定すること。「国民の審判を受ける」

ある事件審理し、その正否判断裁決をすること。

訴訟における審理裁判

家庭裁判所家事事件または少年事件について行う手続き

㋒「行政審判」の略。「審判請求

運動競技などで、技の優劣反則有無勝敗などを判定すること。また、その役。

キリスト教で、神がこの世を裁くこと。「最後の審判

[補説] 書名別項。→審判


審判

拒絶査定等の審査における行政処分に対して不服がある者が準司法機関に対して不服申し立て場合に、準司法機関が行判断、又は、特許又は登録処分無効とすべきことや取り消すべきことを準司法機関に対して求め場合に、準司法機関が行判断。または、それらの判断求めることを可能とする制度自体総称


審判(しんぱん)


”審判”とは、審査官による最終処分等について、これが正当なものであったかどうかを、3名または5名の審判官合議により審理を行うものである拒絶査定対する審判、無効審判取消審判などがある。

審判を請求する場合には、特許庁審判請求書提出する。審判官判断は、審決として出される。それぞれの審判についての詳しい内容は、関連用語の解説参照のこと。

執筆弁理士 古谷栄男)

審判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 18:52 UTC 版)

審判(しんぱん)




「審判」の続きの解説一覧

審判

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 15:38 UTC 版)

名詞

しんぱん

  1. 物事正誤善悪優劣などを決めること。
  2. 法廷事件物事を、調査して裁決をすること。
  3. スポーツ規定に従い判定をすること。また、それを行う人。審判員
  4. キリスト教終末の日行われる裁き最後の審判

語源

マテオ・リッチ造語[1]

類義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
審判-する

類義語

翻訳

参考文献




審判と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「審判」の関連用語

審判のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



審判のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2021 FURUTANI PATENT OFFICE
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの審判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの審判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS