善悪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > 連声 > 善悪の意味・解説 

ぜん‐まく〔‐アク〕【善悪】


ぜん‐あく【善悪】

連声(れんじょう)で「ぜんなく」「ぜんまく」とも》

【一】[名]善と悪。よいこととわるいことまた、善人悪人。「善悪の区別

【二】[副]《「善であろうが悪であろうが」の意から》いずれにせよまた、とにもかくにも是が非でも。

これからは、否でも応でもよい所ありつくるほどに、—お供申すぞ」〈虎清狂猿座頭


ぜん‐なく〔‐アク〕【善悪】


ぜん‐あく【善悪】

1 〔名〕 よいこととわるいことよしあし邪正また、善人悪人

十七箇条憲法604)「九曰、信是義本。毎事有信。其善悪成敗、要在于信

仮名草子浮世物語(1665頃)五「善悪(ゼンアク)を分たず、めた物に只可愛がるばかりにして」〔史記夏本紀

2 〔副〕 よかれあしかれとにもかくにも。どうあろうとも。ぜひとも。

*金刀比羅本保元(1220頃か)中「さては善悪(ゼンアク)為義まづ命を捨ててさう有るべきなり」

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「それは何より御心ざしで御座らう。善悪頼み入候」

[語誌](1)古く(一)のように名詞として使われることが一般的であったが、鎌倉時代初期から(二)のように副詞として使用される例が見られるようになる。この用法は、「付于善悪(善悪に付けて)」という慣用的表現の「付于」を省略することによって生じたもので、「是非」の副詞用法同様に考えられる。なお、(二)用法は、「是非」の副詞用法押されるようになり、中世末から近世前半期には衰退する。
(2)連声(れんじょう)で「ぜんなく」「ぜんまく」とも発音される。→ぜんなくぜんまく


ぜん‐なく ‥アク 【善悪】

(「ぜんあく」の連声

1 〔名〕 善と悪また、善人悪人

洒落本両国栞(1771)「まち人とうやうぜんなくのうらなひ」

二日物語(1892‐1901)〈幸田露伴此一日「善悪(ゼンナク)も邪正これ迄なりと入ったる此道」

2 〔副〕 よいにせよわるいにせよ。ぜひ。ぜひとも。

風姿花伝140002頃)六「ぜんなくに、すまじき能あるべし」


ぜん‐まく ‥アク 【善悪】

〔名〕 (「ぜんあく」の連声(れんじょう))ぜんあく(善悪)(一)

歎異抄13C後)一一「善悪(ぜんまく)の二につきて、往生のたすけ、さはり、二様におもへば」


よかれ‐あしかれ【善悪】

〔副〕 よいにしろ悪いにしろ。よかろう悪かろうと。善悪にかかわらずどっちにしても

浄瑠璃心中二枚絵草紙(1706頃)上「よかれあしかれおのれが冷にも熱気にもなる事か」


よし‐あし【善悪・良悪】

〔名〕

① よいことと悪いことまた、いかわるいかということ。善悪(ぜんあく)、吉凶良否など。

能因本(10C終)三一一「品(しな)こそ男も女もあらまほしき事なめれ。家の君にてあるにもたれかはよしあし定むる」

よい点も悪い点もあって、どちらか一方にと急に決められない状態。また、よいか悪いかを簡単に判断できないが、どちらかといえば悪い状態。

評判記吉原すずめ(1667)上「五三人の一座のうち、しょたいめんの男の、はなす女郎に、つれの近づき有は、よしあし也」

*こゝろ(1914)〈夏目漱石〉中「小供学問をさせるのも、好(ヨ)し悪(ア)しだね」


よし‐わるし【善悪】

〔名〕 (形動善いこと、または悪いこと一得一失あること。善いか悪いかいずれともわからないこと。また、善いようでその実悪いことまた、そのさま。

雑俳替狂言(1702)「気の若ひ親を持てもよし悪し


ぜんあく 【善悪】

かつて宗教自然的宗教倫理的宗教とに分ける説があり、倫理的宗教は、廃悪修善説の仏教や、山上の垂訓を示すキリスト教などがそれだとされた。確かに宗教教義中には倫理道徳強く説くものもあるが、しかし、宗教の名のもとに大量殺人戦争が行われることもあるから、宗教倫理問題は同一次元とは言い切れない面をもつ。だが現今では善悪という場合、その概念は、だれでもある程度経験によって直観的判断されると見てよいのであって、その標準思弁などよりは、行為論によって明瞭なものをもつ。仏教旧約聖書説く十戒は、その代表的ものといってよいであろう。そこでは少なくとも、他者への迷惑行為が悪であるとの意味が示唆されているのであり、その反対が善となる。→ 十戒

善悪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:09 UTC 版)

本項目は倫理的なについて述べる。




「善悪」の続きの解説一覧

善悪

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:38 UTC 版)

動詞

(ぜんあく, ぜんなく, ぜんまく)

  1. 善人悪人

翻訳

善と悪
善人悪人

関連語




善悪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「善悪」の関連用語

善悪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



善悪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの善悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの善悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS