是非とは? わかりやすく解説

是非

読み方:ぜひ

正しいことや道理かなっている事と、そうではない事とを、並置して述べた言い方

是非の2字が含む意味合い幅広く、可能・不可、有利・不利、 正・不正、善・悪適・否当・否等々さまざまな意味合い込めて用いられる

是非に及ばず」「是非に及ばず」といった言い回しは、「是非を論じまでもない」「そうするより他ない」「やむを得ずそうするという意味合い用いられるこの場合の「是非」は「是か非か(を論じる)」といった意味と解釈できる

「是非」の語は文意強調する副詞として用いられることも多い。たとえば「ぜひお願いします」という場合の「是非」は、「お願いします」という希望依頼の意向を、「ぜひ自分の目で見たい」という文では「見たい」という願望を、「ぜひ挑戦しなさい」という文では「しなさい」という推奨勧告を、それぞれ強調している。副詞的な用法における「是非」はしばし平仮名で「ぜひ」と表記される

是非

読み方:ぜひ

「是非」とは・「是非」の意味

「是非」とは、良い善・正しいなどの意味を持つ「是」、悪い・悪・間違いなどの意味を持つ「非」を組み合わせた良いことと悪いこと」を意味する名詞として使う場合と、行動意志強調する正しくて間違いでも、どうしても」を意味する副詞として使う場合、という2種類用法がある言だが、否定のときでも使える名詞に対し副詞の場合は否定用法がないため悪い意味では使えない、という特徴がある

「是非」の読み方

「是非」の読み方は「ぜひ」である。

「是非」の熟語・言い回し

「是非」には、名詞副詞用法2種類あり、熟語言い回し豊富だ名詞副詞では意味がまったく変わるため、どちらの用法使われているかに注意して読み取る必要がある

是非お願いしますとは


是非お願いします」とは、是非を副詞形で使用し相手に何かを依頼するときに協力強く要請する言い回しである。依頼相手都合が「良くて悪くても=どうであっても、必ず」お願いしますという意味言葉だ。

是非ともとは


「是非とも」とは、是非を副詞形で用いて行動意志強調する言い回しである。是と非のどちらとも、つまり「正しいか間違いかに関係なく、どちらであってもという意味で「是非」を強調する意味になる言だ。他人に対して使用する場合は、相手に何かを推奨するときや、誘いかけるときに使う。自分の行動に対して使用する場合は、「きっと・必ず、そうしたい」という強い意志を表す。目上相手に対して使用して問題ない表現だが、「強く願う」という意味があるため、使いすぎる厚かましく感じられる場合もある点に注意が必要だ。

是非を問うとは


是非を問う」とは、是非を名詞として用いて、「良いこと悪いことかを訊ねる意味の言い回しである。一般的に物事正しいとわかっているときには使用されず、「適切かどうか」「間違っていないか」を問いただすために、否定的な意味を持って使われることが多い。

開催の是非とは


開催の是非」とは、是非を名詞として用いる言い回しで、2つの意味がある。1つめは一般的な「是非」と同じくイベントなど開催が「良いことか、悪いことか」「道理に適うか、適わないか」という意味だ。2つめは、イベントの開催自体を「行うか、行わないか」という意味である。

たとえば、2020年開催予定2021年延期開催された「東京2020オリンピック・パラリンピック」では、1つの意味で「コロナ禍の中で大規模イベント開催することが、良いか悪いか(是非)」と、2つの意味で「開催するかどうか(是非)」という議論があった。2つめの用い方例として衆議院第201回国会提出された「新型コロナウイルスの感染拡大を受け東京オリンピック開催の是非を判断する期限に関する質問主意書」がある。

物事の是非とは


物事の是非」とは、是非を名詞として用いて、「物事正しいか、間違っているか」という意味を持つ言い回しである。「物事の是非」という場合には、「正しい」「間違い」という判断までは含まれない

是非するとは


「是非する」とは、名詞の是非を動詞形で使用する言い回しだ。意味は、「是非する」の対象となる物事の「善し悪し可否判断する」となる。「是非~する」という副詞勘違いしやすいため、注意しよう

是非 いらしてくださいとは


「是非 いらしてください」とは、是非を副詞として用いてお願い気持ち強調する言い回しだ。「是非」は、「都合良くて悪くても」「他の事情があっても」という意味で、あとに続く依頼の意味強調する。「いらしてください」は、「来る」の尊敬語である「いらっしゃる」の依頼文「いらっしゃってください」の省略形で、「来てください」の敬語表現だ。「是非 いらしてください」とは、目上相手お客様など、敬語を使う必要がある相手に対して、「来てほしいと強くお願いする誘いかける」ときの言い回しである。

「是非」の使い方・例文

名詞副詞として、用法と意味を使い分ける「是非」は、使い方さまざまだ名詞副詞形で使用する場合それぞれの例文と、副詞の「是非」の間違いやすい使い方あわせて解説する

例文1:「会議他部署から提案があった営業新ルールを、自分の部署持ち帰って是非について議論した
「是非」を名詞として用い使い方である。新ルールが「良いか、悪いか」「適切かどうか」を、自分の部署仲間議論したという意味だ。「是非について議論する」という場合は、ただ新ルールの是(良い点)と非(悪い点)を考えるだけではなく議論参加する各自が是(良い賛成)と非(悪い・反対)を判断するという意味含まれる

例文2:「来年度施行される予定増税案を是非する」
名詞の「是非」を動詞形で用い使い方であり、意味は増税案善し悪し可否判断する」となる。副詞の「是非~する」と間違えやすい表現だが、例文間違って副詞として読み取ると「増税案何が何でも施行したい」という、まったく別の意味になるため注意が必要だ。

例文3:「今夜会合中止連絡があったが、参加者10人のうち7人欠席では、是非もない
名詞の「是非」を「~もない」の形で打ち消使い方である。「是非もない」は、「良いも悪いもない」という意味から転じて良い悪いなどと言っていられない状況である」「仕方ない」、という意味として使われる熟語だ。例文では、「過半数欠席するため、会合中止になって仕方ないという意味で、選択の余地がないこととして、あきらめ気持ちを含む表現になっている

例文4:「是非も知らず夜通し読書没頭した
是非も知らず」は、「是非」を名詞として用いて「~も知らず」と否定する使い方で、意味は良いも悪いもわからないくらい夢中になっていること」である。たとえば、翌朝早く起床する必要があるにもかかわらず朝まで夢中になって読書をした場合などに使える表現だ。

例文5:「是非に及ばず
是非に及ばず」とは、名詞の「是非」に「そこまで達しないできないという意味の「~に及ばず」を続けて否定する使い方だ。意味は、「良い悪い判断するところまで達しないできないことからあきらめ気持ちを表す仕方ない」「どうしようもない」となる。「是非に及ばず」のみで終わ例文は、歴史上の人物である織田信長が、部下明智光秀謀反を受けて本能寺攻めこまれたとき発したとされる言葉だ。攻め込まれている状況における「是非(戦う・戦わない)」を「及ばず」と否定する言葉であるため、「(あきらめるしか)仕方がない」と「(戦うよりほかに)どうしようもない」という、正反対のあきらめる」「戦う」2種類の説が存在する

例文6:「以前得意先には、独立開店した店舗に是非と来てもらえるよう、メール送った
副詞の「是非」を「とも」で強めて相手を誘う気持ち表現する使い方だ。相手向かって使用する副詞の「是非とも」には、お願いしたい気持ち強調する作用がある。メールは、「都合良くて悪くても、どうか来てほしい」として来店強く促す内容である。

例文7:「友人遠くへ引っ越際に、『君が困ったときには非と駆け付ける』、と約束した
副詞の「是非」を「とも」で強める言方だが、相手向けた依頼文ではない。友人のもとへ「是非とも」駆け付けるのは自分自身であるから自分の行動強く約束するという意味を持つ表現になるのだ。例文内の発言は、「友人困ったときには自分の都合良くて悪くても、どうにかして必ず駆け付けるという意味である。

例文8:「恩義ある人から、『ぜひぜひよろしく』、と頼まれては断り切れなかった
副詞としての「是非」を2つ重ねてぜひぜひ」とし、相手向かって用い場合は、お願い気持ち二重に強調する意味となる。「ぜひぜひ」は比較くだけた言い方のため、目上の人相手には使わず親しい間柄用いるほうが良い改まった言い方をしたい場合は、意味を強める「とも」を加えること似た意味を持つ「是非とも」を使用したほうが良いだろう。

例文9:「展示品は是非お手にとってご覧ください、と説明書きがついていたのに、実際に触った店員怒られてしまった。私が間違っていたのだろうか
副詞の「是非」を相手向かった呼びかけとして使用する場合あとに続く動詞行動強く推奨する意味を持つ。例文説明書きの場合、「良い悪いはない(=悪いことではない)ため、どうぞ商品手に取って見てくださいという意味となる。商品手に取ったことで店員怒られ、客は自分間違えたのかと心配した状況だが、副詞の「是非」の場合に否定の意味はないため、怒った店員ではなく客が正しい。

例文10:「私の苦手な上司には、来週飲み会に是非来ないほしいものだ」
最後に副詞の「是非」の間違った使い方例文だ。副詞の「是非」は否定の意味では使えないため、強く勧誘する意味のある「是非」に「来ないでほしい」という否定続けることはできない。「是非来てほしい」という形で上司が来ることを望む意味で使用するのが、本来の正しい使方だ否定の意味持たせたい場合は、「是非」ではなく絶対に」という否定文続けることができる強調副詞用いて、「絶対に来ないほしいものだ」とするのが良い

ぜ‐ひ【是非】

読み方:ぜひ

【一】[名](スル)

是と非。正しいことと正しくないこと。また、正しかどうかということ。「―を論じる」「―を問う

物事よしあし議論し判断すること。批評すること。

新聞全紙面埋めて是れを―する位じゃないか」〈荷風ふらんす物語

【二】[副]

どんな困難も乗り越えて実行しようとするさま。どうあっても。きっと。「計画を―やり遂げたい」

心をこめて強く願うさま。なにとぞ。「―おいでください

ある条件のもとでは必ずそうなる判断できるさま。必ず。きまって

尾端所から喰ふ様にすると、―跡へよい所が残る」〈松翁道話・一〉


是非

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 06:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「是非」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「是非」を含むページの一覧/「是非」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「是非」が役に立つかも知れません。

関連項目



是非

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 02:19 UTC 版)

身体拘束」の記事における「是非」の解説

前述のように、身体拘束は、精神保健指定医診察受けた上で指示を受け上で実施する必要があるが、実際は指示を受けないまま、身体拘束過剰に実施されとされる事例もある。 1990年代イギリスでは、患者鎮静させる目的で拘束され患者抗精神病薬大量投与筋肉注射行われたため、死亡する可能性発覚し全ての集中治療室 (ICU) において、緊急時鎮静のためのプロトコル作成された。第一選択薬傾向ロラゼパムであり、鎮静作用のある非定型抗精神病薬は、循環器副作用のため適さない考えられている。 大阪府貝塚市精神科病院自宅前で倒れていたアルコール依存症男性がで2008年1月17日から入院していた。しかし、看護師らが見ていない間に男性患者動いたことと、ベルト一部拘束緩かったために身体左横ずり落ちていて、腹部拘束帯だけで宙づりになっていた状態で死亡しているのが、同年1月21日明け方に発見される事故起きたその際に当該病院勤務する複数看護師が、指示を受けないまま身体拘束が行われ、厚生労働省提出する資料改竄されていたとの証言もでていた。今回直接的な逮捕容疑としては、担当医師の指示看護師患者拘束した際に拘束ベルト締め方ゆるかったことで死亡させたことへの過失容疑であった死亡患者遺族は、医師看護師巡回怠った注意義務違反死亡事故原因として、病院相手に約1億1000万円の損害賠償求め訴訟大阪地裁起こした厚生労働省調査した統計によれば日本の精神病院で、身体ベッドくくりつけられたり拘束具縛ったり、保護室収容される身体拘束をされた患者数は、2014年平成26年6月30日時点で1万682人である。そのうち医療保護入院は8,977人、都道府県知事らが決め措置入院232人だった。都道府県別では北海道1,067人、東京都1,035人、千葉県888人である。施錠され保護室への隔離は、1万94人で、医療保護入院患者8,377人、措置入院患者549人である。2017年4月30日朝、神奈川県横浜市住んでいる兄のマンション遊び来ていたニュージーランド国籍男性が、突然大声出して患っていた双極性障害症状外に飛び出そうとした。男性の兄は、バスケットボール鍛えた大柄の体を押さえられなかったため、110番通報した。神奈川県警察警察官8人が弟を押さえ精神科病院搬送された。翌日活動的になる躁病として入院し手首足首、腰を拘束され10日後に心臓発作起こし、その7日後に死亡した彼の兄は、暴力的でなく強制的な拘束が必要となるような症状ではなかったとし、心臓内科医は静脈血栓塞栓症典型的な兆候示していたことと、強いへの反応死因なりえる主張した遺族は、日本の精神病院における、長期的な身体拘束止める活動を行うようになり、ニュージーランド政府を通じて日本国政府働きかけ行っている2021年10月には精神科病院入院中男性統合失調症患者精神保健指定医判断のもとで行われた身体拘束によるエコノミー症候群死亡した際に家族病院損害賠償求めた訴訟で、1審金沢地裁判決医師裁量認めて違法ではないと病院側の主張認めたが、2審判決は、身体的拘束命じた精神保健指定医判断は裁量逸脱していたとして、患者死亡結果に対して全責任を負うとして慰謝料等の支払い命じた最高裁病院の上告を退け、約3500万円支払い認めた2審名古屋高裁金沢支部判決確定した精神保健指定医による身体拘束判断違法とされたのは初めてのことだったため、民間の1186の精神科病院つくられる公益社団法人日本精神科病院協会」は2021年11月26日記者会見開催し、「判決は到底容認できない」「患者の安全を確保しつつ、適切な治療のために必要」などとする声明発表した加盟する精神科病院からは「身体拘束ためらってしまうことで、拘束必要な患者今後は受け入れられない」とする声が上がった日精協山﨑學会長は、「身体拘束精神保健福祉法規定もとづき厳格に管理されています。」「現場患者さんの状態もわからない裁判長に、こんな判断出されてしまうと、身体拘束必要な患者さんを受け入れられないことになります」「判決は、看護師を8人揃えておけば合法になるとしていますが、1人患者さんのために8人を常に用意することはできません」「判決下した裁判官たちは精神科病院見学しているんでしょうか? 拘束現場見て、どんな拘束行動が行われているのか基本知識得て判決出したのか。非常に疑問感じます」「人員揃わなければ拘束必要な患者さんは全部お断りすることになると思いますそうしたとき、患者さんをたらい回しにしたとか、入院拒否したとして、病院叩かれるわけです。判決には断固抗議姿勢示します」と判決の影響大きさ実態無視だと糾弾している。2審判決賠償判決根拠が「身体拘束開始日に看護師8人で対応した結果暴力等が見られなかったことなどから、身体的拘束要件当たらない。」であったことに「夜間休日はおろか通常の勤務体制でも、こうした手厚い人員体制を常にとることは到底不可能で精神科医療の現場実態かけ離れた判断と言ざるをえない。」と指摘している。

※この「是非」の解説は、「身体拘束」の解説の一部です。
「是非」を含む「身体拘束」の記事については、「身体拘束」の概要を参照ください。


是非

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 20:55 UTC 版)

微罪逮捕」の記事における「是非」の解説

オウム信者微罪逮捕に対してマスコミ批判的な報道を行うことはあまりなかったが、マスコミ権力チェック機能をきちんと果たしていれば警察でもここまで露骨なことはできなかったはずだという指摘がある。

※この「是非」の解説は、「微罪逮捕」の解説の一部です。
「是非」を含む「微罪逮捕」の記事については、「微罪逮捕」の概要を参照ください。


是非

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:26 UTC 版)

PK戦」の記事における「是非」の解説

実力以上に運が勝敗左右するため、欧州では「ルーレットだ」とさえ言われており、PK戦を嫌う傾向がある廃止を望む声も多く様々な代案議論され時期もあったが、「クジ引きよりはサッカーらしい」「PK戦以上の良案がない」として続けられている。なおゴールデンゴールアウェイゴールなどのルールも、「PK戦まで縺れ込むケースそのもの減らすため」と言うのが導入された理由のひとつであった

※この「是非」の解説は、「PK戦」の解説の一部です。
「是非」を含む「PK戦」の記事については、「PK戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「是非」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

是非

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 02:03 UTC 版)

名詞

 (ぜひ)

  1. 正しいことと正しくないこと。
  2. 物事良し悪しじること。

発音(?)

ぜ↘ひ

動詞

活用

サ行変格活用
非-す

副詞

是 非(ぜひ)

  1. 物事実現実行強く希望するさま。

「是非」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「是非」の関連用語

是非のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



是非のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの是非 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの身体拘束 (改訂履歴)、微罪逮捕 (改訂履歴)、PK戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの是非 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS