分かれるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 分かれるの意味・解説 

わか・れる【分(か)れる】

[動ラ下一][文]わか・る[ラ下二

一つのもの二つ以上になる。べつべつになる。「道が四方に—・れる」「二手に—・れて敵を追う」

一つのものいくつか区分される。「三章節に—・れる」

区別がつく。差異を生じる。「意見が—・れる」


わか・れる【分・別】

〔自ラ下一〕 [文]わか・る 〔自ラ下二

一つのものが別々になる。分離する。また、区分される。

万葉(8C後)三・三一七「天地の 分(わかれ)し時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 富士高嶺を」

古今(905‐914)恋二・六〇一「風ふけば峯にわかるる白雲のたえてつれなき君が心か〈壬生忠岑〉」

② 道や流れなどが、ある所かいくつか分岐する。

新撰字鏡(898‐901頃)「派 水出流也 美奈太和加留也」

古今(905‐914)離別・四〇五「したのおびの道はかたがたわかるともゆきめぐりてもあはんとぞ思ふ紀友則〉」

離れ去る

(イ) ある人やある場所か離れ立ち去る別離する。また、縁を切る

万葉(8C後)二〇・四三四八たらちねの母を和加例(ワカレ)てまことわれ旅の仮廬(かりほ)に安く寝むかも」

平家13C前)一「けふより後、弓箭の道にわかれ候ひなむず」

(ロ) 死んで会えなくなる。死に別れをする。

万葉(8C後)五・八九一一世にはふたたび見えぬ父母をおきてや長く吾(あ)が和加礼(ワカレ)なむ」

源氏100114頃)須磨わが身かくてはかなき世をわかれなば、いかなるさまにさすらへ給はむ」

区別がつく。差別ができる。差異が生じる。

古今(905‐914)雑上・八六八むらさきの色こき時はめもはるに野なるくさ木ぞわかれざりける〈在原業平〉」

源氏100114頃)帚木中の品になん、人の心々おのがじし立てたるおもむき見えて、わかるべきことかたがた多かるべき」


分かれる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 09:15 UTC 版)

和語の漢字表記

かれる 

  1. わかれる 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「分かれる」に関係したコラム

  • FXでフィボナッチを使うには

    FX(外国為替証拠金取引)のフィボナッチ(Fibonacci)とは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチが発見した法則をFXに応用したテクニカル指標の1つです。フィボナッチは、チャート画面に複数...

  • FXのpipsの計算方法は

    FX(外国為替証拠金取引)のpips(ピップス)とは、為替レートの値動きの最小単位のことです。為替レートは、pips単位で変動し、FX業者では、pipsごとに刻んだ数字を為替レートとして表示します。p...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分かれる」の関連用語

分かれるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分かれるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの分かれる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS