シェイクスピアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > シェイクスピアの意味・解説 

シェークスピア【William Shakespeare】


シェイクスピア

名前 Shakespeare

ウィリアム・シェイクスピア

(シェイクスピア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 03:48 UTC 版)

ウィリアム・シェイクスピア英語: William Shakespeare, 1564年4月26日洗礼日) - 1616年4月23日[2]グレゴリオ暦5月3日))は、イングランド劇作家詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知るうえでの貴重な言語学的資料ともなっている[3]


注釈

  1. ^ 実際にはショッタリー出身。
  2. ^ グリーンはシェイクスピアを名指しで批判しているわけではないが、下線部が『ヘンリー六世 第3部』第1幕第4場のヨーク公のセリフ “O tiger's heart wrapt in a woman's hide!”(「女の皮を被っていても、心は虎も同然だ!」)をもじって引用していることや、「舞台を揺るがす者」 ("Shake-scene") がいかにもシェイクスピアを連想させる名であることから、シェイクスピアに対する非難であることはほぼ間違いないとされる。一方で「成り上がりのカラス」はシェイクスピアではないと解釈する研究者もある。河合祥一郎はその著書『シェイクスピアの正体』(新潮文庫、2016年)で一章を割いて、通説のシェイクスピアとする解釈を批判し、グリーンが批判した対象は同時代の俳優エドワード・アレン英語版だと結論づけている。
  3. ^ 当時、俳優はいかがわしい職業とされていた。
  4. ^ 17世紀の詩人、劇作家。『マクベス』の改作などを執筆している。
  5. ^ シェイクスピアと同年の生まれだが早くから才能を現していた。

出典

  1. ^ 1606年3月3日生 - 1668年4月7日没。享年62。17世紀の詩人、劇作家。オックスフォードシャー州オックスフォード生まれ。シェイクスピアが名付け親となった。父親はクラウン亭という宿屋を経営していて,シェイクスピアはロンドンとストラトフォードを往復する途中でよく立ち寄っていた.そのため,彼はシェイクスピアの私生児だという噂が広まった。1628年に舞台用の戯曲を書く仕事を始め、「知恵者」(1636年)が代表作。1638年に桂冠詩人となり、後にドルリー・レーン劇場の支配人となった。1643年清教徒革命で国王側について戦った功績により、ナイト爵を授けられている。1656年になると、オリバー・クロムウェル政権下で禁じられていた演劇を再上演するのに尽力し、イギリスで初めて大衆向けオペラを上演。『マクベス』の改作などを執筆した。
  2. ^ William Shakespeare English author Encyclopædia Britannica
  3. ^ 例えば、 Fausto Cercignani, Shakespeare's Works and Elizabethan Pronunciation, Oxford, University Press (Clarendon Press), 1981. ISBN 978-0198119371.
  4. ^ シェークスピアの四つ折判のデジタルコレクションが公開
  5. ^ 横山六輔『世界的現代訓』p.149
  6. ^ 穂積陳重『法窓夜話』[1]
  7. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%98%96%E5%98%96-509579
  8. ^ http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/854566.html
  9. ^ 早稲田大学演劇博物館 シェイクスピア没後400年記念特別展 沙翁復興 ― 逍遙からNINAGAWAまで Shakespeare Renaissance – from Shoyo to NINAGAWA早稲田大学演劇博物館(2019年4月15日閲覧)。
  10. ^ A Shakespeare Genealogy
  11. ^ a b c d Stephen Greenblatt, "Will in the World" Quebecor World, Fairfield; United States, 2004, pp. 25 - 28
  12. ^ Honan, Park. Shakespeare: A Life. Oxford: Oxford University Press, 1999, p. 43.
  13. ^ E. A. J. Honigmann, "Shakespeare: The Lost Years" Manchester University Press; 2nd edition, 1999, p. 1.
  14. ^ a b c "The Lost Years", Shakespeare Timeline.
  15. ^ David Aaron Murray, "In Search of Shakespeare", Crisis Magazine
  16. ^ バグリー、P147 - P148、結城、P36 - P37、河合、P21 - P23。
  17. ^ Michael Wood, "In Search of Shakespeare" BBC Books, 2003, ISBN 0-563-52141-4 p.80
  18. ^ バグリー、P148 - P151、結城、P37 - P40、P57 - P58、P62 - P64、河合、P23、P31 - P34。
  19. ^ バグリー、P146 - P147、結城、P111 - P122、河合、P35 - P36。
  20. ^ 結城、P194、P197 - P200、河合、P65 - P66。
  21. ^ William Allan Neilson and Ashley Horace Thorndike, "The Facts About Shakespeare", The Macmillan Company, 1913.
  22. ^ Stephen Greenblatt, "Will in the World", Quebecor World, Fairfield, United States, 2004.
  23. ^ 1598年刊の『恋の骨折り損』において、初めて著者名が明記された。それ以前の作品は著者名が記されていなかったか、もしくは1623年ファースト・フォリオ(作品集)に収録されるまで未刊のままだった。
  24. ^ e-notes.com on Shakespeare's Globe Theatre, Shakespeare at e-notes.
  25. ^ Article on Shakespeare's Globe Theater Zee News on Shakespeare, accessed Jan. 23, 2007.
  26. ^ Jonnie Patricia Mobley, William Shakespeare, "Manual for Hamlet: Access to Shakespeare", Lorenz Educational Publishers, 1996, p. 5.
  27. ^ Graham Holderness, "Cultural Shakespeare: Essays in the Shakespeare Myth" University of Hertfordshire Press, 2001, pp. 152-54.
  28. ^ Jones, Ernest (1961). The life and work of Sigmund Freud vol. 1. Basic Books. p16
  29. ^ Shapiro (2), James (26 March 2010). "Forgery on Forgery". Times Literary Supplement (5581). pp. 14–15.英語版 p185
  30. ^ Leon Harold Craig, Of Philosophers and Kings: Political Philosophy in Shakespeare's "Macbeth" and "King Lear" University of Toronto Press, 2003, p. 3.
  31. ^ G. K. Hunter, "English Drama 1586-1642: The Age of Shakespeare". Oxford: Clarendon Press, 1997, 494-496.
  32. ^ Plutarch's Parallel Lives
  33. ^ Richard Dutton, Jean Howard ed., "A Companion to Shakespeare's Works: The Histories", Blackwell Publishing, 2003, p. 147.)
  34. ^ Brian Robert Morris, "Christopher Marlowe". 1968, pp. 65-94. ハロルド・ブロークスのエッセイにおいて、マーロウの『エドワード二世』がシェイクスピアの『リチャード三世』に影響を与えたと述べている。しかしゲイリー・テイラーは "William Shakespeare: A Textual Companion" p. 116. において、2人の文体が類似しているように見えるのはありふれた決まり文句ばかりであると反論している。
  35. ^ Patrick Murphy, "The Tempest: Critical Essays", Routledge, 2001.
  36. ^ Richard Dutton, "The Birth of the Author," in Cedric Brown and Arthur Marotti, eds, "Texts and Cultural Change in Early Modern England" (London: Macmillan, 1997): p. 161.
  37. ^ Fredson Bowers, "On Editing Shakespeare and the Elizabethan Dramatists". Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 1955, p.8-10.
  38. ^ Alfred W. Pollard, "Shakespeare Quartos and Folios". London: Metheun, 1909, xi.
  39. ^ Gary Taylor and Michael Warren, "The Division of the Kingdoms". Oxford: Clarendon Press. 1983.
  40. ^ a b c 【シェイクスピアをたどって】(7)全部訳す 全部やる『朝日新聞』夕刊2018年1月15日(2面)。
  41. ^ 『シェイクスピアの正体』(新潮文庫、2016年)p264-282。
  42. ^ 『小田島雄志のシェイクスピア遊学』(白水uブックス、1991年)p26-28、p35-36。
  43. ^ シェークスピア17作品は共著、ビッグデータで判明 AFPBB 2016-10-25
  44. ^ 東京新聞2021年4月8日
  45. ^ 日本における『ロミオとジュリエット』 佐野昭子、『帝京大学文学部紀要― 米英言語文化』第37号、平成18年度



シェイクスピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 07:30 UTC 版)

Thou」の記事における「シェイクスピア」の解説

同時代作家と同様に、ウィリアム・シェイクスピアthouを(フランス式に)親しみ表わすためと地位違い強調するために使用するが、この単語使用決し一貫してはおらず友人恋人達は互いにthou呼び合うのと同じくらい、時々互いにyeあるいはyouと呼び合う。これらは意味を汲み取れることもあるが、大抵は一見したところ無作為である例えば、『ヘンリー四世』からの以下の一節において、シェイクスピアはヘンリーに対して両方表現を使うフォルスタッフ登場させている。最初寝起き混乱して「you」使いその後にくつろいで親しみのあるthou」に切り替える王子: Thou art so fat-witted with drinking of old sack, and unbuttoning thee after supper, and sleeping upon benches after noon, that thou hast forgotten to demand that truly which thou wouldest truly know. What a devil hast thou to do with the time of the day? ...フォルスタッフ: Indeed, you come near me now, Hal ... And, I prithee, sweet wag, when thou art a king, as God save thy GraceMajesty, I should say; for grace thou wilt have none – 一方『ハムレット』では、シェイクスピアは母親に対するハムレット敵意表現するために一致しない二人称代名詞使用するガートルード王妃: Hamlet, thou hast thy father much offended..(おまえは父君大層怒らせましたね)ハムレット: Mother, you have my father much offended.(母上あなたさまこそ我が父上大層怒らせました

※この「シェイクスピア」の解説は、「Thou」の解説の一部です。
「シェイクスピア」を含む「Thou」の記事については、「Thou」の概要を参照ください。


シェイクスピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:20 UTC 版)

バレンタインデー」の記事における「シェイクスピア」の解説

ウィリアム・シェイクスピア戯曲ジュリアス・シーザー』の冒頭第1幕第2場)にルペルカリア祭の場面がある。ここでシーザー占い師から「3月15日気を付けろ」という不吉な警告を受けることになる。

※この「シェイクスピア」の解説は、「バレンタインデー」の解説の一部です。
「シェイクスピア」を含む「バレンタインデー」の記事については、「バレンタインデー」の概要を参照ください。


シェイクスピア(HMSShakespeare,P221)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 01:04 UTC 版)

S級潜水艦 (イギリス海軍・2代)」の記事における「シェイクスピア(HMSShakespeare,P221)」の解説

1942年に就役。1945年1月3日ドイツ空軍機の攻撃を受け大破し自力で帰投するが修復不能判断され1946年除籍解体

※この「シェイクスピア(HMSShakespeare,P221)」の解説は、「S級潜水艦 (イギリス海軍・2代)」の解説の一部です。
「シェイクスピア(HMSShakespeare,P221)」を含む「S級潜水艦 (イギリス海軍・2代)」の記事については、「S級潜水艦 (イギリス海軍・2代)」の概要を参照ください。


シェイクスピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 09:18 UTC 版)

言葉の魔術師」の記事における「シェイクスピア」の解説

エピソードは"失われた"シェイクスピアの戯曲恋の骨折り甲斐に関するものである。『恋の骨折り甲斐』は複数歴史学文献言及されているが、単に実存する戯曲代替名である可能性もある。歴史的に、『恋の骨折り甲斐』への言及1599年グローブ座建設先駆け1598年にあったFrancis Meres の Palladis Tamia, Wits Treasury, 1598年)。 ドクターマーサ何度もシェイクスピアの外見触れた。彼が肖像画に似ていないことに気付いたマーサは何故彼が禿げていないのかを不思議がり、ドクターは彼が頭をこすれば禿げて襞襟付けるようになる説明した。シェイクスピア自身は顕著なミッドランズアクセント話しており、これは彼がストラトフォード=アポン=エイヴォン出身であることを反映している本作ではシェイクスピアの性的関心についても数多く議論言及されている。シェイクスピアは劇中何度もマーサ戯れ最終的に彼女のためにソネット18番作曲し、彼女をダーク・レディとまで呼んだ。これはシェイクスピアのソネット登場する謎めいた女性登場人物反映している。ただし、ソネット18番実際に歌われているのは男性登場人物への愛である。シェイクスピアはその後ドクターとも触れ合っており、ドクターソネット57番を題材にした台詞発した劇中では、ドクターがシェイクスピアの戯曲から引用したフレーズにシェイクスピアがインスパイアされるという、因果のループ扱ったジョーク繰り返し用いられた。例としてドクター『テンペスト』よりシコラックスの名前を口にしただけでなく、「全てこの世舞台」(『お気に召すまま』より)や「劇こそまさにうってつけ」(『ハムレット』より)とシェイクスピアに告げた。しかし、シェイクスピア自身が「生きるべきか、死ぬべきか」と口にした際には、ドクター彼にそれをメモしておくべきだと勧めたが、彼自身大げさすぎると判断したまた、ドクターが「もう一度突破口へ」と主張した際には、シェイクスピアもその台詞気に入ったが、おそらく1599年初頭執筆された『ヘンリー五世』でのフレーズであることに気付いた。シェイクスピアが魔女について尋ねた際には、彼が魔女についての作品『マクベス』)を執筆したことをマーサ指摘するが、彼は否定した劇中時代では、シェイクスピアはまだ魔女幽霊といった超常現象を扱う『マクベス』『ハムレット』執筆していなかった。 シェイクスピアの戯曲暗示する台詞他にもある。ドクターターディスら出る直前には彼は『テンペスト』第5幕第1場題材にして「大いなる新世界」("Brave new world") と発言した序盤シーンでは、"The Elephant" という名前の宿屋看板確認でき、これは喜劇十二夜』で勧められる宿の名前である。三人のキャリオナイトは劇中数年後にシェイクスピアが執筆する『マクベス』登場する3人の魔女彷彿とさせ、同様に強弱四歩格韻を踏んだ二行連使って呪文唱えた。ベドラムシェイクスピアを退場させる際、ドクターは『冬物語』というフレーズ使用しており、シェイクスピア自身はリア王』のエドガーと同じように貧しトム」というフレーズ使用したリリスエターナル新しく明る言葉への追放からキャリオナイトが逃げた説明した。シェイクスピアは2,000から3,000新語当時の英語にもたらしたとされており、その中には'assassination'(「暗殺」)、'eyeball'(「眼球」)、'leapfrog'(「馬跳び」)、'gloomy'(「憂鬱な」)などがあった。 登場人物ケンプはウィリアム・ケンプ(英語版)であり、シェイクスピアやリチャード・バーベッジと同じ宮内大臣一座英語版)のメンバーで、当時コミック俳優であると広くみなされている。 ウィギンズは、エリザベス朝ヤコビアン文学の分野著名な学者であり、この時代有力な劇のいくつかの版の編集者である、ドクター・マーティン・ウィギンズにちなん名付けられた。また、マーティン・ウィギンズは『ドクター・フー』ファンでもあり、ギャレス・ロバーツの友人でもあるロバーツは「放送後に私を転ばせるならそれは彼だろうから、私は彼にへつらうのが良いだろう」とコメントした

※この「シェイクスピア」の解説は、「言葉の魔術師」の解説の一部です。
「シェイクスピア」を含む「言葉の魔術師」の記事については、「言葉の魔術師」の概要を参照ください。


シェイクスピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:18 UTC 版)

土井美加」の記事における「シェイクスピア」の解説

演じ事へ興味懐かせたウィリアム・シェイクスピアとの出会いは、ロマンス劇『テンペスト』観劇始まり実際に学び演じ機会に恵まれた。 昴においては、シェイクスピアの翻訳演出手掛けていた福田恆存師事し悲劇『ハムレット』ではオフィーリアに、喜劇夏の夜の夢』ではハーミア選ばれている。前者福田演出でのシェイクスピア初公演際に文野朋子演じた役でもあり、後者は昴の前身たる旗揚げ公演際に岸田今日子演じた役でもあった。継承のみならず、海外演出家招聘して上演され喜劇お気に召すまま』ではシーリア選ばれている。 また、新潮社制作したオーディオドラマ『ハムレット』でもオフィーリア演じている。共演者江守徹は、土井憧れである太地喜和子同役演じた公演でのハムレット役でもあった。この音源は、同社編纂した日本語訳全集『シェイクスピア大全』にも収録されている。

※この「シェイクスピア」の解説は、「土井美加」の解説の一部です。
「シェイクスピア」を含む「土井美加」の記事については、「土井美加」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シェイクスピア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シェイクスピア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

シェイクスピアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シェイクスピアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィリアム・シェイクスピア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのThou (改訂履歴)、バレンタインデー (改訂履歴)、S級潜水艦 (イギリス海軍・2代) (改訂履歴)、言葉の魔術師 (改訂履歴)、土井美加 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS