ジェームズ・ワットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > イギリスの技術者 > ジェームズ・ワットの意味・解説 

ジェームズ・ワット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 13:29 UTC 版)

ジェームズ・ワットJames Watt FRS FRSE, 1736年1月19日 - 1819年8月25日)は、スコットランド出身の発明家、機械技術者。ニューコメン型蒸気機関へ施した改良を通じて、イギリスのみならず全世界の産業革命の進展に寄与した人物である。


注釈

  1. ^ 当時の記録では没日を8月25日、埋葬日を9月2日としているが、信頼できる情報の中にはワットの逝去を8月19日としているものもある。19日の根拠は、ジェームズ・パトリック・ミューアヘッドが著した伝記『The Life of James Watt』(1858年、p521)にある。ミューアヘッドはワットの甥に当たるため、きちんと情報が入る情報提供者の立場にいた事が19日説の根拠となっている。しかしその一方、ミューアヘッドの著作には別記にて8月25日死去とも書かれている。当時の新聞記事も要約と遺書の補足とともに25日死去と載せており、例えばタイムズ1819年8月28日付け3ページでも見られる。(ワットが埋葬されたバーミンガム、ハンズワースの聖マリア教会には、没日の記録は無い)

出典

  1. ^ Thurston, Robert Henry (1878). A history of the growth of the steam-engine. The International Scientif Series. New York: D. Appleton & Company. p. 80. https://books.google.ca/books?id=HguRSvxVtuAC&printsec=frontcover&hl=en#v=onepage&q&f=false 
  2. ^ a b c 田村光三「イギリスの工業化と企業家活動」『政経論叢』第48巻第1号、明治大学政治経済研究所、1979年6月、 33頁、 ISSN 03873285NAID 120001970065
  3. ^ Muirhead, James Patrick (1859). The life of James Watt: with selections from his correspondence (2 ed.). John Murray. p. 10. https://books.google.ca/books?id=aA5VAAAAMAAJ&printsec=frontcover&hl=en#v=onepage&q&f=false 
  4. ^ Klooster, John W. (2009). Icons of invention: the makers of the modern world from Gutenberg to Gates. Icons of invention. 1. ABC-CLIO. p. 30. ISBN 9780313347436. https://books.google.ca/books?id=WKuG-VIwID8C&printsec=frontcover&hl=en#v=onepage&q&f=false 
  5. ^ Muirhead, James Patrick (1859). The life of James Watt: with selections from his correspondence (2 ed.). John Murray. p. 4,7. https://books.google.ca/books?id=aA5VAAAAMAAJ&printsec=frontcover&hl=en#v=onepage&q&f=false 
  6. ^ Tann, Jennifer (2004). “James Watt (1736–1819)”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford, England: Oxford University Press 
  7. ^ a b c d e f g h i j 横山孝男. “B編 社会における技術史 第4章 動力の誕生からエンジンへ (PDF)” (日本語). 山形大学工学部. 2010年6月25日閲覧。
  8. ^ a b 鈴木久男. “科学・技術の世界 ゼロからはじめる「科学力」養成講座1(2009年度) 第4章 エネルギー (PDF)” (日本語). 北海道大学. 2010年6月25日閲覧。
  9. ^ Marshall (1925) Chapter 3
  10. ^ 馬越佑吉. “第三期科学技術基礎計画と大学の研究動向” (日本語). 大阪大学大学院経済学研究科・経済学部 第23回OFC講演会. 2010年6月25日閲覧。
  11. ^ Hills, vol I, pages 180-293
  12. ^ James Watt's Fire Engines Patent Act, 1775 (15 Geo 3 c. 61), which in those days required an Act of Parliament.
  13. ^ 吉賀憲夫. “ウェールズ諸都市 レクサム(Wrexham)” (日本語). 愛知工業大学. 2010年6月25日閲覧。
  14. ^ Brown, Richard (1991). Society and Economy in Modern Britain 1700-1850. London: Routledge. p. 60. ISBN 9780203402528 
  15. ^ 末松良一. “蒸気機関” (日本語). 豊田工業高等専門学校. 2010年6月25日閲覧。
  16. ^ Rolls, Erich (1930), An Early Experiment in Industrial Organisation: Being a History of the Firm of Boulton & Watt, 1775-1805, London: Longman's Green and Co. 
  17. ^ Carnegie, p 195
  18. ^ Hills, vol 3, ch 5 and 6
  19. ^ 三輪誠. “船のエンジンと海洋汚染防止の取組み (PDF)” (日本語). 神戸大学海事科学部. 2010年6月25日閲覧。
  20. ^ Hills, Vol, 2, pp 190-211
  21. ^ Hills vol 3 p 116.
  22. ^ Hills, vol 3, ch 4
  23. ^ Making the Modern World - The Heroic Age”. webarchive.nationalarchives.gov.uk. 2020年8月30日閲覧。
  24. ^ James Watt's legendary 'magical retreat' to be revealed at Science Museum”. (Press Release). Science Museum (London) (2011年3月1日). 2011年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月25日閲覧。
  25. ^ Carnegie, Andrew (1905). “10”. James Watt. Doubleday, Page and Company. オリジナルの2009年7月8日時点におけるアーカイブ。. http://arquivo.pt/wayback/20090708035219/http://www.history.rochester.edu/steam/carnegie/ch10.html 
  26. ^ Carnegie, Ch. XI: Watt, the Man
  27. ^ Hills, vol I, pages 42-43
  28. ^ Smiles, Samuel (1865), Lives of Boulton and Watt:A History of the Invention and Introduction of the Steam Engine, London: John Murray, p. 286 
  29. ^ a b 齋藤晃(日本語) 『蒸気機関車200年史』(初版)NTT出版、2007年4月2日、pp.16 - 18頁。ISBN 978-4-7571-4151-3 
  30. ^ "Watt; James (1736 - 1819)". Record (英語). The Royal Society. 2011年12月11日閲覧
  31. ^ Steam giants on new £50 banknote”. BBC (2009年5月30日). 2010年6月25日閲覧。
  32. ^ Hills, vol 3, p 13


「ジェームズ・ワット」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェームズ・ワット」の関連用語

ジェームズ・ワットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジェームズ・ワットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェームズ・ワット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS