望遠鏡とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 望遠鏡の意味・解説 

ぼうえん‐きょう〔バウヱンキヤウ〕【望遠鏡】

読み方:ぼうえんきょう

遠くにある物体拡大して見るため、レンズ反射鏡組み合わせて筒にはめこんだ光学器械屈折望遠鏡反射望遠鏡などがある。


望遠鏡


望遠鏡

作者岡本和明

収載図書江戸小ばなし 3 子どもも、おとなも楽しめる
出版社フレーベル館
刊行年月2005.12


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/20 15:32 UTC 版)

望遠鏡(ぼうえんきょう、: telescope)とは、光学機器の一種で、遠くにある対象物をより近くにあるかのように見せるために設計されたもの[1]。複数のレンズの配置、または曲面とレンズの配置を機器の内部に含んでおり、これによって、光線がまとめられ、焦点に集められることで、拡大された像(image)が得られる[1]。古くは「遠眼鏡(とおめがね)」とも呼ばれた。





望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:50 UTC 版)

スローン・デジタル・スカイサーベイ」の記事における「望遠鏡」の解説

SDSSプロジェクト遂行のために、アメリカ合衆国ニューメキシコ州のアパッチポイント天文台口径2.5メートル反射望遠鏡設置された。効率的に観測進めるため、満月30分という広い視野一度撮影できるように設計されている。精密な測定の邪魔となる大気揺らぎ極力抑えるため、一般的な天文台のようなドーム持たず観測時には格納庫から完全に引き出された状態で運用される

※この「望遠鏡」の解説は、「スローン・デジタル・スカイサーベイ」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「スローン・デジタル・スカイサーベイ」の記事については、「スローン・デジタル・スカイサーベイ」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 07:47 UTC 版)

アフリカミリ波望遠鏡」の記事における「望遠鏡」の解説

アフリカミリ波望遠鏡使用される望遠鏡は、チリヨーロッパ南天天文台(ESO)ラ・シヤ天文台設置されているスウェーデン-ESO サブミリ波望遠鏡(SEST)である。SESTを運用するESOとオンサラ天文台が望遠鏡を寄付し改修ミリ波電波天文学研究所(IRAM)が担当する

※この「望遠鏡」の解説は、「アフリカミリ波望遠鏡」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「アフリカミリ波望遠鏡」の記事については、「アフリカミリ波望遠鏡」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/18 04:48 UTC 版)

岩橋善兵衛」の記事における「望遠鏡」の解説

これまで岩橋善兵衛一門の望遠鏡は18現存しており、18目として2017年平成29年2月に、富山県射水市射水市新湊博物館発見された長さ2m95cm(縮めた態で84cm)、1808年文化5年)作の望遠鏡が国最長である。 これは新湊地区放生津元木材商の子孫が、2016年平成28年5月同博物館に寄贈したもので、木製接眼部と、紙と木を張り合わせた5つの筒6点構成された望遠鏡外部彫り込みには、一門特長である金泥用いた精緻(せいち)な車形模様が、望遠鏡内部に岩橋の銘と文化5年墨書きがある。また内部レンズは4で、これまで発見されているものと違い、光の乱反射を防ぐ目的と思われる筒内部が黒く塗られている。しかし、レンズ等が損傷しており使用できない態である。なお2番目に長いものは2m34cmで、伊能忠敬使用していたものである。

※この「望遠鏡」の解説は、「岩橋善兵衛」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「岩橋善兵衛」の記事については、「岩橋善兵衛」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/15 02:56 UTC 版)

ディスカバリーチャンネル望遠鏡」の記事における「望遠鏡」の解説

DCT様々な観測可能になるような設計なされている第1段階では可視光および近赤外線撮像分光を行う装置搭載される。第2段階である主焦点カメラ完成すれば満月4つ分の視野一度観測することが可能になるその結果として暗い天体まで高い効率掃天観測することができる同時に、リッチー・クレチアン・モードへの切り替え可能にしているため、月の明るい夜でも効率的に観測を行うことができる。

※この「望遠鏡」の解説は、「ディスカバリーチャンネル望遠鏡」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「ディスカバリーチャンネル望遠鏡」の記事については、「ディスカバリーチャンネル望遠鏡」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 06:24 UTC 版)

トゥールーズ天文台」の記事における「望遠鏡」の解説

天文台は、多くの望遠鏡を用いてきた。例えば、83cm口径反射望遠鏡は、1875年設置された。

※この「望遠鏡」の解説は、「トゥールーズ天文台」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「トゥールーズ天文台」の記事については、「トゥールーズ天文台」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 09:20 UTC 版)

スカルナテ・プレソ天文台」の記事における「望遠鏡」の解説

スカルナテ・プレソ天文台口径最大の望遠鏡は、ドイツの望遠鏡メーカーASTELCOが製作した口径1.3mのナスミス-カセグレン式の反射望遠鏡F8)である。2008年計画具体化し欧州地域開発基金英語版)の資金提供を受けて建造され2014年ファーストライト迎えた。1.3m望遠鏡の観測装置としては、高分可視光分光器近赤外線カメラ大判可視光CCDカメラ用意されているスロヴァキア科学アカデミーアシャッフェンブルク大学ドイツ語版)が共同で望遠鏡と観測装置開発するスロヴァキア-バイエルン望遠鏡共同研究(SLOBATCO)の一環で、観測装置開発進められている。 スカルナテ・プレソ天文台第2の望遠鏡は、30cmアストログラフに替わって2000年導入された、61cm反射望遠鏡(F4.2)で、チェコの望遠鏡製作者イルジー・ドルボフラフ(Jiří Drbohlav)によって製作された。ニュートン焦点CCDカメラ据え付け太陽系小天体撮像測光精密位置観測行っている

※この「望遠鏡」の解説は、「スカルナテ・プレソ天文台」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「スカルナテ・プレソ天文台」の記事については、「スカルナテ・プレソ天文台」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 09:20 UTC 版)

カタリナ観測所」の記事における「望遠鏡」の解説

1.54 m (61 in) カイパー望遠鏡 1965年製造カセグレン式反射望遠鏡で、2つ異な副鏡切り替えて使用できるアリゾナ大学のアストロノミー・キャンプで学生使用する望遠鏡の1つである。天文台コードはV06。 0.68 m (27 in) シュミットカメラ 1972年21インチ反射望遠鏡置き換えて設置された。1998年からビグロースカイサーベイ後にカタリナ・スカイサーベイ使用されており、2003年大改修を受けてからは111メガピクセル10,560×10,560ピクセル)のCCD検出器が主焦点に取付けられている。視野は19.4 平方度で、限界等級19.5等、露光時間30秒視野切り替えながら撮像し、一晩に4,000 平方度カバーする天文台コード703

※この「望遠鏡」の解説は、「カタリナ観測所」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「カタリナ観測所」の記事については、「カタリナ観測所」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:09 UTC 版)

ラ・シヤ天文台」の記事における「望遠鏡」の解説

設置されている望遠鏡を以下に示す 名前詳細NTT ESO建設口径 3.58m新技術望遠鏡能動光学によって鏡面補正するVLT開発役立ったESO 3.6m ESO1976年建設実際の口径は3.57mで、NTTより小さい。 MPG/ESO 2.2m ドイツのマックス・プランク研究所MPG)が1983年建設ESO運営ESO 1m ESO1966年建設1994年からDENIS 1m望遠鏡としてDENISサーベイ使用されている。※ ESO 1mシュミット ESO1971年建設シュミット式望遠鏡1998年運用終えたが、改修の上2009年運用再開した。※ デンマーク1.54m デンマーク1978年建設スイス1.2m スイス1998年建設。別名レオンハルト・オイラー望遠鏡マルセイユ 36cm マルセイユ天文台1989年建設。※ REM イタリア2003年建設ガンマ線バースト残光観測目的とした口径0.6mロボット望遠鏡。 TRAPPIST-South ベルギースイス2010年建設太陽系外惑星観測用の口径0.6mロボット望遠鏡TAROT フランス2006年建設ガンマ線バースト残光用の口径0.25mロボット望遠鏡で、高速動作する運用終了した望遠鏡SEST スウェーデンESO1987年建設口径15m電波望遠鏡APEXALMA代替され2003年運用終了ESO 1.52m ESO1968年建設2002年運用終了ESO 0.5m ESO1971年建設1998年運用終了後にチリ・カトリック大学移設された。 ESO CAT ESO1981年建設口径1.5mの補助望遠鏡でESO 3.6m望遠鏡に併設されていた。運用終了MarLy 1m フランス1996年建設2009年運用終了ブルキナファソのDjaogari山へ移設された。 オランダ90cm オランダ1979年建設2006年運用終了スイスT70 スイス1980年建設口径70cm。1.2m望遠鏡に代替され1998年運用終了ボーフム61cm ボーフム大学1968年建設運用終了デンマーク50cm デンマーク1971年建設運用終了スイス0.4m スイス1975年建設T70望遠鏡に代替され1980年運用終了GPO フランス1968年建設大型プリズム備えた分光観測屈折望遠鏡1996年運用終了。 ※印の望遠鏡は国際共同利用観測には使用されていないが、大学研究所などの占有観測には貸し出している。これらの望遠鏡群の一部は、ヨーロッパ本国天体観測施設から移管されてきたものである

※この「望遠鏡」の解説は、「ラ・シヤ天文台」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「ラ・シヤ天文台」の記事については、「ラ・シヤ天文台」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 22:13 UTC 版)

アデン・マイネル」の記事における「望遠鏡」の解説

マイネルは、現役中いくつかの大きな望遠鏡の設計製造携わった36インチ望遠鏡:マクドナルド天文台 36インチ望遠鏡と85インチ望遠鏡:キットピーク国立天文台 94インチ望遠鏡:スチュワード天文台 48インチ望遠鏡:オスマニア大学インド186インチ望遠鏡:MMT 天文台 24インチ望遠鏡:国立中央大学台湾

※この「望遠鏡」の解説は、「アデン・マイネル」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「アデン・マイネル」の記事については、「アデン・マイネル」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/25 06:30 UTC 版)

観測天文学」の記事における「望遠鏡」の解説

詳細は「望遠鏡」を参照 ガリレオ・ガリレイは、空に望遠鏡を向け、観測結果記録した最初の人物として知られているそれ以来観測天文学は、望遠鏡の技術発達により着実に進展してきた。 観測天文学伝統的な分類は、観測用いた電磁波周波数に依る光学天文学は、鏡、レンズ固体検出器等を用いて近赤外線から近紫外線波長の光を観測する天文学一分野である。人間の眼で検出可能400から700nmの波長用い可視光天文学は、この真ん中領域に当たる赤外線天文学は、赤外線ケイ素固体検出器検出限界である1μmを超える放射検出分析を扱う。最も一般的な機器反射望遠鏡であるが、大気からの熱放射問題になる波長では宇宙望遠鏡用いられる電波天文学は、mmから10mの波長放射検出する受信機ラジオ放送用いられるものと似ているが、遙かに感度が良い電波望遠鏡参照高エネルギー天文学には、X線天文学ガンマ線天文学紫外線天文学含まれニュートリノ宇宙線観測する光学天文学電波天文学は、その波長では大気比較透明であるため、地上天文台行われる天文台は、地球の大気による吸収歪み最小限にするため、通常標高高い場所設置される赤外線領域周波数は、水蒸気にかなり吸収されるため、赤外線天文台多く乾燥地標高高い場所、または宇宙設置されるX線天文学ガンマ線天文学紫外線天文学遠赤外線天文学用いられる波長では、いくつかの波長「窓」除き大気不透明であるそのため、観測バルーン用いるか宇宙で行う必要がある。しかし、強力なガンマ線は、大規模な空気シャワーとして検出され宇宙線研究天文学でも急速に発展する分野である。

※この「望遠鏡」の解説は、「観測天文学」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「観測天文学」の記事については、「観測天文学」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 06:10 UTC 版)

成層圏赤外線天文台」の記事における「望遠鏡」の解説

SOFIA直径2.5mの反射型望遠鏡を用いており、直径2.7mの主鏡赤外線用のものとしては最大であるSOFIAの望遠鏡は今まで航空機搭載されたものとしては最大のものであり、地上設置観測装置比較して中規模ものである。 このプロジェクトには主鏡すばやくコートするための、モフェットフィールド(カリフォルニア州サンタクララ)のミラーコーティング施設含まれている。 望遠鏡全体組み立て責任DLRで、航空機に関する責任NASAにある。望遠鏡の製造は、架台ドイツ主鏡フランス副鏡スイスヨーロッパ企業下請けされた。 ミッションごとにひとつの変更可能科学観測装置を望遠鏡に取付けることができる。一般的な観測目的のために2つ装置利用できる。さらに研究者特別な目的のための観測装置設計し組み込むことができる。

※この「望遠鏡」の解説は、「成層圏赤外線天文台」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「成層圏赤外線天文台」の記事については、「成層圏赤外線天文台」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 11:18 UTC 版)

ギラワリ天文台」の記事における「望遠鏡」の解説

ギラワリ天文台主力2m望遠鏡は、光学系リッチー・クレチアン式架台経緯台である。F値は、2m主鏡F3観測使用するカセグレン焦点ではF10となっている。カセグレン焦点直射他に側面の4ヶ所焦点結べるようになっている

※この「望遠鏡」の解説は、「ギラワリ天文台」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「ギラワリ天文台」の記事については、「ギラワリ天文台」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 05:03 UTC 版)

カートン光学」の記事における「望遠鏡」の解説

現在は取り扱っていない。 コメットシーカー - 対物レンズ有効径60mm焦点距離710mmのアクロマート当時としては短焦点小型軽量であった

※この「望遠鏡」の解説は、「カートン光学」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「カートン光学」の記事については、「カートン光学」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 09:04 UTC 版)

ニュートリノ検出器」の記事における「望遠鏡」の解説

ニュートリノ検出器宇宙物理学観測目的とすることが可能である多くの宇宙事象ニュートリノ放出するとされている水中ニュートリノ望遠鏡: DUMANDプロジェクト(1976-1995年、中止バイカル深層水中のニュートリノ望遠鏡1993年ANTARES2006年KM3NeT2013年から建設途上NESTORプロジェクト1998年から開発途上) 氷下のニュートリノ望遠鏡AMANDA (1996-2009年、IceCube移行IceCube2004年) DeepCoreおよびPINGUは、IceCube既存拡張および提案され拡張である 地下ニュートリノ望遠鏡Borexinoグラン・サッソ国立研究所(LNGS)、イタリア Soudan鉱山: Soudan2、MINOSCDMS拠点 その他GALLEX(1991-1997年、終了) Tauwer実験建設時期未定

※この「望遠鏡」の解説は、「ニュートリノ検出器」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「ニュートリノ検出器」の記事については、「ニュートリノ検出器」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 03:26 UTC 版)

マウナケア天文台群」の記事における「望遠鏡」の解説

マウナケア山周辺にある望遠鏡は様々な国の政府機関予算建設されている。ハワイ大学自身は2つの望遠鏡を直接運営している。山自体標高は4,205mだが、望遠鏡は100mほど下った4,100m付近中心に合計12基が存在するカルテクサブミリ波天文台 (Caltech Submillimeter Observatory, CSO) - カリフォルニア工科大学 カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡 (Canada-France-Hawaii Telescope, CFHT) - カナダフランスハワイ大学 ジェミニ北望遠鏡 - アメリカ、イギリスカナダチリオーストラリアアルゼンチンブラジル 赤外線望遠鏡施設 (Infrared Telescope Facility, IRTF) - NASA ジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡 (James Clerk Maxwell Telescope, JCMT) - イギリスカナダオランダ 国天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡 - 国立天文台 サブミリ波干渉計 (Submillimeter Array, SMA) - 台湾アメリカ イギリス赤外線望遠鏡 (United Kingdom Infra-Red Telescope, UKIRT) - イギリス ハワイ大学88インチ望遠鏡 (University of Hawai'i 88-inch Telescope, UH88) - ハワイ大学 ハワイ大学24インチ望遠鏡 (University of Hawai'i 24-inch telescope, UH24) - ハワイ大学ヒロ校 超長基線アレイ (Very Long Baseline Array, VLBA) 受信機 - アメリカ W・M・ケック天文台 (W. M. Keck Observatory) - California Association for Research in Astronomy すばる望遠鏡(左)と Keck I 望遠鏡 カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡 Keck I/II 望遠鏡

※この「望遠鏡」の解説は、「マウナケア天文台群」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「マウナケア天文台群」の記事については、「マウナケア天文台群」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 14:57 UTC 版)

アレシボ・メッセージ」の記事における「望遠鏡」の解説

アレシボ・メッセージ最後の図形アレシボ電波望遠鏡の姿を表している。望遠鏡の絵の下にはこのパラボラアンテナ口径を表す2,430という数字書かれている。2,430にこのメッセージ電波の波長である126ミリメートル乗じるアンテナ口径である 306.18メートル という値が得られる。ここでは数字最下位マーカーは2行からなる符号列の下の列の右端にあり、ここを起点右から左へ続けて上の行へビット続いている数字両側にある4ドット直線はこの数字アンテナ口径を表すものであることを示している

※この「望遠鏡」の解説は、「アレシボ・メッセージ」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「アレシボ・メッセージ」の記事については、「アレシボ・メッセージ」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 15:40 UTC 版)

SPICA」の記事における「望遠鏡」の解説

望遠鏡の製作はESA担当する。望遠鏡の口径2.5 mで、リッチー・クレチアン式光学系採用視野満月ほぼ同じ30 分となる。検討当初、望遠鏡の口径3.2 mを予定していたが、2014年11月から12月にかけて設計見直し2.5 mに変更された。「あかり」やハーシェルでも実績のある軽量素材シリコンカーバイド (SiC) を採用することで、望遠鏡の重量を約600 抑えるまた、望遠鏡に太陽サービスモジュール発生する熱が伝わらないよう、サービスモジュールと望遠鏡の間にESA天文衛星プランク実績のあるV-groove式の熱シールド3層設置する。 望遠鏡の冷却には、日本開発する1 Kクラス4 Kクラス2種類ジュールトムソン冷凍機2段スターリング冷凍機機械式冷凍機用いる。これまでの天文衛星では、液体ヘリウム寒剤として用いたため、機器大型化、短い運用期間(1年程度)などの弱点があった。SPICAでは機械式冷却技術用いることで、口径2.5 mの大型望遠鏡全体冷却すると共に3年という長い設計寿命確保する

※この「望遠鏡」の解説は、「SPICA」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「SPICA」の記事については、「SPICA」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 05:58 UTC 版)

スカイガンナー」の記事における「望遠鏡」の解説

リーヴ市のシンボル一つである巨大な望遠鏡。ファムシーン3ではヴァントルがこれを狙って機械兵ヴァンクール・サージュ差し向ける。そこで望遠鏡を奪われるシーン5のグランマガザンに取付けられてしまう。

※この「望遠鏡」の解説は、「スカイガンナー」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「スカイガンナー」の記事については、「スカイガンナー」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 01:48 UTC 版)

アクシオン」の記事における「望遠鏡」の解説

太陽中心では原子核電子黒体放射光子相互作用により、平均エネルギー 4KeV のアクシオン作られている可能性がある。このアクシオン直接観測するため太陽アクシオン望遠鏡(東京アクシオンヘリオスコープ)が作られ観測が行われている。この望遠鏡は、磁場中でアクシオンX線変換することにより観測試みている。

※この「望遠鏡」の解説は、「アクシオン」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「アクシオン」の記事については、「アクシオン」の概要を参照ください。


望遠鏡 (Telescope)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 02:33 UTC 版)

ゼルダの伝説 風のタクト」の記事における「望遠鏡 (Telescope)」の解説

遠くにあるものはっきりと見ることができる

※この「望遠鏡 (Telescope)」の解説は、「ゼルダの伝説 風のタクト」の解説の一部です。
「望遠鏡 (Telescope)」を含む「ゼルダの伝説 風のタクト」の記事については、「ゼルダの伝説 風のタクト」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 04:10 UTC 版)

NGC 253」の記事における「望遠鏡」の解説

NGC 253は、口径300mmかそれ以上の望遠鏡で良い観測ターゲットとなる。このような望遠鏡では、まだらの円盤持った長い楕円銀河バルジとして観測されるバルジ周り部分よりも若干明るいが、円盤よりも拡がって見える。口径400mmかそれ以上の望遠鏡では、銀河核北西側に暗い塵の吸収帯バルジ重なった10数個恒星観測できる

※この「望遠鏡」の解説は、「NGC 253」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「NGC 253」の記事については、「NGC 253」の概要を参照ください。


望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/31 06:31 UTC 版)

高橋製作所」の記事における「望遠鏡」の解説

高橋喜一郎時代天文機器の製造をはじめている。1977年世界ではじめて螢石フローライトレンズを望遠鏡に採用し、また東京都産業労働局は、モータードライブ極軸望遠鏡等をいち早く採用した、と評している。個人向け天体望遠鏡赤道儀式架台以外にも天文台用の大型赤道儀大型望遠鏡製造もしている。東京都産業労働局では、天文マニア向け天体望遠鏡では日本でのシェアを6割から7割程度報じている。 詳細は「高橋製作所の望遠鏡製品一覧を参照

※この「望遠鏡」の解説は、「高橋製作所」の解説の一部です。
「望遠鏡」を含む「高橋製作所」の記事については、「高橋製作所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「望遠鏡」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

望遠鏡

出典:『Wiktionary』 (2021/12/09 22:44 UTC 版)

この単語漢字
ぼう
第四学年
えん
第二学年
きょう
第四学年
漢音 呉音

発音

名詞

望遠 (ぼうえんきょう)

  1. 遠方のものを拡大して見るための光学的な器械広義には可視光以外を観測するためのものも含める。対物レンズ接眼レンズ用いたのが屈折望遠鏡対物レンズ代わりに反射鏡用いたのが反射望遠鏡である。古く遠眼鏡とも表記

派生語

関連語

翻訳


「望遠鏡」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



望遠鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「望遠鏡」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



望遠鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの望遠鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスローン・デジタル・スカイサーベイ (改訂履歴)、アフリカミリ波望遠鏡 (改訂履歴)、岩橋善兵衛 (改訂履歴)、ディスカバリーチャンネル望遠鏡 (改訂履歴)、トゥールーズ天文台 (改訂履歴)、スカルナテ・プレソ天文台 (改訂履歴)、カタリナ観測所 (改訂履歴)、ラ・シヤ天文台 (改訂履歴)、アデン・マイネル (改訂履歴)、観測天文学 (改訂履歴)、成層圏赤外線天文台 (改訂履歴)、ギラワリ天文台 (改訂履歴)、カートン光学 (改訂履歴)、ニュートリノ検出器 (改訂履歴)、マウナケア天文台群 (改訂履歴)、アレシボ・メッセージ (改訂履歴)、SPICA (改訂履歴)、スカイガンナー (改訂履歴)、アクシオン (改訂履歴)、ゼルダの伝説 風のタクト (改訂履歴)、NGC 253 (改訂履歴)、高橋製作所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの望遠鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS