眼鏡とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 眼鏡 > 眼鏡の意味・解説 

がん‐きょう〔‐キヤウ〕【眼鏡】

読み方:がんきょう

めがね。「—店」

「眼鏡」に似た言葉

め‐がね【眼鏡】

読み方:めがね

近視遠視乱視などの視力調整したり、強い光線から目を保護したするために用いる、凹レンズ凸レンズ着色ガラスなどを使った器具がんきょう

物の善悪可否見きわめること。また、その能力。めきき。「人を見る—が曇る」→御眼鏡(おめがね)

遠眼鏡(とおめがね)のこと。望遠鏡双眼鏡の類。

「—は紅毛(おらんだ)の十里見」〈滑・浮世床・初〉

[下接語] 色眼鏡絡繰(からく)り眼鏡・金縁眼鏡・銀縁眼鏡・黒眼鏡水中眼鏡伊達(だて)眼鏡・遠眼鏡・錦(にしき)眼鏡・覗(のぞ)き眼鏡・箱眼鏡鼻眼鏡百色(ひゃくいろ)眼鏡・星眼鏡・股(また)眼鏡・水眼鏡虫眼鏡ロイド眼鏡

眼鏡の画像
眼鏡(1)

眼鏡

作者水上勉

収載図書母一夜
出版社新潮社
刊行年月1989.6
シリーズ名新潮文庫


眼鏡

作者小沼丹

収載図書黒いハンカチ
出版社東京創元社
刊行年月2003.7
シリーズ名創元推理文庫

収載図書小沼丹全集 第1巻
出版社未知谷
刊行年月2004.6

収載図書小沼丹全集 第3巻
出版社未知谷
刊行年月2004.8

収載図書黒と白の猫
出版社未知谷
刊行年月2005.9


眼鏡

作者布田竜一

収載図書怪奇堂 2
出版社文芸社
刊行年月2004.6


眼鏡

作者吉尾健太郎

収載図書記憶のない街
出版社文芸社
刊行年月2005.12


眼鏡

作者太田忠司

収載図書忌品
出版社徳間書店
刊行年月2006.8
シリーズ名トクマ・ノベルズ


眼鏡

作者峯岸可弥

収載図書短編世界
出版社創英社
刊行年月2008.6


眼鏡

作者テス・ギャラガー

収載図書馬を愛した男
出版社中央公論社
刊行年月1990.11


眼鏡

作者勝目梓

収載図書禁断の宴
出版社講談社
刊行年月1996.11
シリーズ名講談社文庫


眼鏡

作者E.A.ポー

収載図書ポオ小説全集 4 探美小説 新装版
出版社春秋社
刊行年月1998.9


眼鏡

作者青木信夫

収載図書短編集 眼鏡
出版社足立区コミュニティ文化スポーツ公社
刊行年月2000.3
シリーズ名足立区民の本


眼鏡

作者島崎藤村

収載図書編年体大正文学全集 第2巻 大正二年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.7

収載図書島崎藤村北村透谷
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名明治文学


眼鏡

作者村山勇三

収載図書編年体大正文学全集 第3巻 大正三年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.9


眼鏡

作者山谷一也

収載図書八月のつっけんどん
出版社文芸社
刊行年月2001.2


眼鏡

作者武田麟太郎

収載図書武田麟太郎全集 第10巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1


眼鏡(がんきょう)

めがねのことも言うが、多くの場合双眼鏡スコープといった的面上の矢の的中位置を見るための道具を指す。知らない方が良い場合もあるが、やはり自分の結果正確に知った方が上達には有効である

眼鏡

読み方:メガネmegane

作者 井伏鱒二

初出 昭和26年

ジャンル 小説


眼鏡

読み方:メガネmegane

作者 織田作之助

初出 昭和18年

ジャンル 小説


眼鏡

読み方:メガネmegane

作者 島崎藤村

初出 大正2年

ジャンル 小説


眼鏡

読み方:メガネmegane

作者 壷井栄

初出 昭和16年

ジャンル 小説


眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 03:46 UTC 版)

眼鏡(めがね、メガネ)とは、屈折異常の補正や目の保護のため、あるいは装身具として、目の周辺に装着する器具。


注釈

  1. ^ 高級腕時計の風防に用いられるものと同じ。
  2. ^ 現在ではスポーツフレームと呼ぶのは稀であり、スポーツフレームと呼ばれない傾向であり、「スポーツフレーム」で調べると、一般的な半掛けの形状記憶合金又は特殊樹脂製フレームの事を示す。

出典

  1. ^ a b Kriss, Timothy C.; Kriss, Vesna Martich (April 1998), “History of the Operating Microscope: From Magnifying Glass to Microneurosurgery”, Neurosurgery 42 (4): 899–907, doi:10.1097/00006123-199804000-00116 
  2. ^ Pliny the Elder. “Natural History”. 2008年4月27日閲覧。
  3. ^ Dr. Kasem Ajram (1992). Miracle of Islamic Science, Appendix B. Knowledge House Publishers. ISBN 0911119434
  4. ^ 眼鏡の歴史(アサヒオプティカル)
  5. ^ 眼鏡の歴史(東京眼鏡)
  6. ^ ....Optics Highlights: II. Spectacles”. University of Maryland, Department of Electrical & Computer Engineering. 2007年9月1日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Ament, Phil (2006年12月4日). “Sunglasses History - The Invention of Sunglasses”. The Great Idea Finder. Vaunt Design Group. 2007年6月28日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ a b c Ilardi, Vincent (2007). “1. The invention of spectacles revisited” (英語). Renaissance Vision from Spectacles to Telescopes. Philadelphia: American Philosophical Society. pp. 3-49. https://books.google.co.jp/books?id=peIL7hVQUmwC&lpg=PP1&pg=PA3#v=onepage 2021年2月1日閲覧。  (URLはGoogle books)
  9. ^ a b c d e f g h i Rosen, Edward (1956-01-01). “The Invention of Eyeglasses : Part I” (英語). Journal of the History of Medicine and Allied Sciences (Oxford University Press) 11 (1): 13-46. doi:10.1093/jhmas/XI.1.13. JSTOR 24619190. (著者:Edward Rosen英語版)(p46抄訳:発明者は...スピナではない)
  10. ^ a b c d e f Rosen, Edward (1956-04-01). “The Invention of Eyeglasses : Part II” (英語). Journal of the History of Medicine and Allied Sciences (Oxford University Press) 11 (2): 183-218. doi:10.1093/jhmas/XI.2.183. JSTOR 24619648.  (著者Edward Rosen英語版)
  11. ^ a b 邱韻如「明清眼鏡之文本溯源與時空背景探查」『中華科技史學會學刊』第20号、2015年、 55-71頁。
  12. ^ 田藝蘅 『留青日札』 巻23・靉靆https://archive.org/details/02095741.cn/page/n30 
  13. ^ 「叆叇」 『汉语外来词词典』上海辞書出版社、1982年、17頁。 
  14. ^ 眼鏡の歴史”. 東京メガネミュージアム. 2012年7月14日閲覧。
  15. ^ http://www.city.sabae.fukui.jp/users/monodukuri/sabaemegane/point/01.html
  16. ^ a b Bellis, Mary. “The Inventions and Scientific Achievements of Benjamin Franklin”. 2007年9月1日閲覧。
  17. ^ Eyeglass Lenses and Visual Aids from Industrial Production”. Zeiss.com. 2007年9月2日閲覧。
  18. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 122 
  19. ^ a b メガネパーツの名前とその由来”. 2017年1月15日閲覧。
  20. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 140 
  21. ^ Treatments: undercorrect”. 2016年5月8日閲覧。
  22. ^ Myopia Control”. 2016年5月8日閲覧。
  23. ^ Under-correction of human myopia – Is it myopigenic?: A retrospective analysis of clinical refraction data”. 2016年5月8日閲覧。
  24. ^ 学校近視の現況に関する 2010 年度アンケート調査報告”. 2016年5月8日閲覧。
  25. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 12 
  26. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 41-43 
  27. ^ みるも. “必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント”. 2016年11月30日閲覧。
  28. ^ みるも. “必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント”. 2018年7月6日閲覧。
  29. ^ みるも. “正視・遠視系のお客様への累進レンズのお薦めポイントを紹介しますト”. 2018年7月8日閲覧。
  30. ^ 小瀬輝次 (昭和58). 光学技術シリーズ10 めがね工学. 共立出版株式会社. p. 17 
  31. ^ 中村康 (昭和7). 眼鏡処方解説. 金原商店. p. 92. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/000000740154 
  32. ^ 小瀬輝次、他 (昭和58). めがね光学. 共立出版株式会社. p. 66-67 
  33. ^ [1]
  34. ^ 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光-”. 2018年5月4日閲覧。
  35. ^ VIOLET PLUS(バイオレット+) - JINS
  36. ^ Association Between Myopia, Ultraviolet B Radiation Exposure, Serum Vitamin D Concentrations, and Genetic Polymorphisms in Vitamin D Metabolic Pathways in a Multicountry European Study”. 2018年5月12日閲覧。
  37. ^ 小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見”. 2021年4月28日閲覧。
  38. ^ Are computer glasses worth it?”. 2021年4月28日閲覧。
  39. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 26. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  40. ^ a b c Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 9. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  41. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 161 
  42. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 32-35. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n31 
  43. ^ a b Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 15. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  44. ^ https://web.archive.org/web/20081028204353/http://www.seikoeyewear.com/CE/CECourse.cfm?ceID=6
  45. ^ Goldbacher, Ernes (1879). 1851-1878 illustrated catalogue and price list of optical, meteorological and mathematical instruments manufactured and imported. New York : E. Goldbacher. p. 44. https://archive.org/details/04331200R.nlm.nih.gov/page/n47 
  46. ^ a b 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 89. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  47. ^ a b Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 26. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  48. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 96. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  49. ^ 石津寛 (1928). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 136-147. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  50. ^ Hudson, J. T. (John Thomas) (1833). Spectaclaenia; or the sight restored, assisted, and preserved by the use of spectacles, with suggestions to spectacle wearers and others. The author; Simpkin & Marsha. p. 5. https://archive.org/details/b30376907 
  51. ^ 石津寛 (1928). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 136-147. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  52. ^ a b Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 43. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  53. ^ Lockwood, Robert Minturn (1904). The trial case and how to use it; a practical treatise for optometrists. New York, F. Boger pub. co. p. 62. https://archive.org/details/trialcasehowtous00lockrich/page/62/mode/2up 
  54. ^ 日本眼鏡学術振興会 (昭和16). 初等眼鏡学上巻. 日本眼鏡学術振興会. p. 90. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/000000699791 
  55. ^ 川本眼科だより”. 2017年6月21日閲覧。
  56. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 22-23 
  57. ^ 白山晰也 (1990). 眼鏡の社会史. ダイヤモンド社. p. 114 
  58. ^ 白山晰也 (1990). 眼鏡の社会史. ダイヤモンド社. p. 第六章 
  59. ^ Corson, Richard (1967). Fashions in eyeglasses. Dufour. p. 221-222 
  60. ^ 花丸博士”. 2018年2月14日閲覧。
  61. ^ 【くらし物語】人形・ロボット・携帯までお焚き上げ*消費社会に罪悪感 もの供養で償い『日本経済新聞』朝刊2018年7月7日・日経プラス1(別刷り11面)。
  62. ^ 2019年12月2日中日新聞朝刊1面



眼鏡(第16話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:36 UTC 版)

鋼鉄天使くるみ」の記事における「眼鏡(第16話)」の解説

綾小路博士から仲人のもとに届いた黒縁眼鏡。丸いレンズフレームに昆虫複眼のようなパターン刻まれレンズ嵌められているが、説明書付けられておらず用途効果は全く判らない。くるみたち姉妹架けた際には「すっぽーん」の掛け声とともに各自性格強調するような変化が見られたが、これが正常な効果なのか動作不良の類なのかは不明仲人架けるのを拒んだため人間に対する効果不明

※この「眼鏡(第16話)」の解説は、「鋼鉄天使くるみ」の解説の一部です。
「眼鏡(第16話)」を含む「鋼鉄天使くるみ」の記事については、「鋼鉄天使くるみ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「眼鏡」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

眼鏡

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:32 UTC 版)

名詞: 日本語

めがねがんきょう

  1. めがね

連語

複合語: 日本語


「眼鏡」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



眼鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



眼鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
@-rchery.com@-rchery.com
copyright (c) 2022 @‐rchery.com All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの眼鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鋼鉄天使くるみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの眼鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS