ゴーグルとは? わかりやすく解説

ゴーグル【goggles】

読み方:ごーぐる

オートバイ乗るときやスキー登山などに使用する風防紫外線防止用めがね。


ゴーグル


ゴーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:23 UTC 版)

ゴーグル: goggles)は、を保護するための、側面が顔面に密着する道具。眼球を粉塵砂塵花粉液体・汚物・・寒気・光線 等々から守る。保護メガネとも呼ばれる。


  1. ^ Inuit Snow Goggles”. バンクーバー海洋博物館. 2021年2月11日閲覧。
  2. ^ Alfred C. Harmsworth (1904). Motors and Motor-driving. Longmans, Green, and Company. p. 73. https://archive.org/details/motorsandmotord01harmgoog 


「ゴーグル」の続きの解説一覧

ゴーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 21:42 UTC 版)

一人称視点 (遠隔操縦)」の記事における「ゴーグル」の解説

ヘッドマウントディスプレイ受信機からの映像表示するFPV用に受信機一体化したゴーグルが多い。 ダイバーシティについては、複数チャンネル選択できることを意味している

※この「ゴーグル」の解説は、「一人称視点 (遠隔操縦)」の解説の一部です。
「ゴーグル」を含む「一人称視点 (遠隔操縦)」の記事については、「一人称視点 (遠隔操縦)」の概要を参照ください。


ゴーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 05:16 UTC 版)

愛野美奈子」の記事における「ゴーグル」の解説

セーラーV時代につけていた赤い仮面で、セーラーVトレードマーク

※この「ゴーグル」の解説は、「愛野美奈子」の解説の一部です。
「ゴーグル」を含む「愛野美奈子」の記事については、「愛野美奈子」の概要を参照ください。


ゴーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 11:20 UTC 版)

ゴーストバスターズ」の記事における「ゴーグル」の解説

ゴーストバスターズ結成前からレイ使用し結成後もひきつづき用い装備消えたゴーストの場所を装着者に知らせる。

※この「ゴーグル」の解説は、「ゴーストバスターズ」の解説の一部です。
「ゴーグル」を含む「ゴーストバスターズ」の記事については、「ゴーストバスターズ」の概要を参照ください。


ゴーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:59 UTC 版)

メタルギアシリーズの装備一覧」の記事における「ゴーグル」の解説

サーマルゴーグルMG、MG2、MGSMGS2MGS3物体放出する赤外線の熱分布を図として見る事ができるゴーグル。ステルス迷彩赤外線トラップ見破り、暗い所にいる敵も発見できる『MGS3』では使用中バッテリー消費する。なお、あくまで温度を見る物である為、暗闇明るく見え訳ではない。『MGS2S』からはサーモグラフィー仕様変更された。メタルギアシリーズ常連装備品だったが、MGS4以降は暗視ゴーグル敵兵など生物の姿を浮かび上がらせる形で統一されたため登場していない。 なお、『MGS2』タンカー編では旧ソ連時代開発されロシアサーマルゴーグルをゴルルコビッチ兵が装備した『MGS3』ではネイキッド・スネーク同型のものを調達使用したが、史実ではこの時代にはまだ実用化されていない装備品であり、装備した態でシギントに通信する驚かれる暗視ゴーグル(MG2、MGS、MGS2PL、MGS3MGSPWMGSV: GZMGSV: TPP微弱な光を増幅し暗所でも視界確保できるゴーグル。明るいところでは光が強くなり過ぎて逆に見えにくくなる『MGS3』では使用中バッテリー消費する『MGS3』登場するのはソ連製暗視ゴーグルだが、部品一部ソ連製サーマルゴーグル共通している。『MGSPW』では、サーマルゴーグルのように、暗い所にいる敵を視界上に浮かび上がらせる機能をもつ。使用中バッテリー消費するが、開発によってバッテリー持ちよくなり最終的にはバッテリー残量気にすることなく使用できる。 『MGSV: GZ』では使用時機動音が鳴り映像まともに映るまで若干タイムラグがある。 『MGSV: TPP』では開発進め毎に映像鮮明になり、最終的には昼間でも鮮明に見えるようになるまた、バトルドレス及びスニーキングスーツ開発進めるとFOB警備兵専用暗視ゴーグル開発できるうになるソリッドアイMGS4オタコン開発した感覚レーダー双眼鏡強化暗視装置3つの機能持った眼帯のようにかけ複合万能ゴーグル。ただし暗視ゴーグルバッテリーがあり『MGS』『MGS2』のように延々と使えるわけではない。非装備時にスネークが歩くことによってバッテリー回復する。 [先頭へ戻る]

※この「ゴーグル」の解説は、「メタルギアシリーズの装備一覧」の解説の一部です。
「ゴーグル」を含む「メタルギアシリーズの装備一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの装備一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ゴーグル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ゴーグル

出典:『Wiktionary』 (2021/09/26 06:07 UTC 版)

語源

英語のgoggles音写

名詞

ゴーグル

  1. 有害粉塵薬品などから目を保護するために装着するもの。

「ゴーグル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ゴーグルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴーグル」の関連用語

ゴーグルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゴーグルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2022 Japan Racing Association.
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴーグル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの一人称視点 (遠隔操縦) (改訂履歴)、愛野美奈子 (改訂履歴)、ゴーストバスターズ (改訂履歴)、メタルギアシリーズの装備一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのゴーグル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS